新潟日建工科専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2019-06-12

公開日:2019-06-12

         

新潟日建工科専門学校は新潟県にある建築・土木・インテリア系の専門学校です。
新潟日建工科専門学校は学校法人に認可されています。

新潟日建工科専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
建築・土木・インテリア系 新潟県新潟市中央区笹口1−21−1 認可

姉妹校の情報

姉妹校として、東京日建工科専門学校、水戸日建工科専門学校、軍歌日建工科専門学校、横浜日建工科専門学校、浜松日建工科専門学校があります。

新潟日建工科専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR新潟駅

新潟日建工科専門学校の入試情報

指定校推薦入学:書類審査、面接
特待生推薦入学:書類審査、面接、学力試験(数学・国語)
社会人特待生入学:書類審査、面接、一般常識
奨学生推薦入学:書類審査、小論文、面接
一般入学:書類審査、面接

新潟日建工科専門学校のオープンキャンパス情報

新潟日建工科専門学校のオープンキャンパスでは、学校説明や校内見学、体験学習ができます。
学校説明では、学校全体の説明が聞け、校内見学では学ぶ環境や先輩の作品などを見学、さらに体験学習では建築業界で実際に使用背れているCADソフトを使って設計図面を描く3D-CAD体験ができます。
新潟日建工科専門学校では、オープンキャンパスとは別に特別イベントスケジュールを開催、AO・特待生・指定校・奨学生入試の説明会や試験科目の範囲、提出書類などの説明を聞けるなど、通常のオープンキャンパス内容とは一味変わった体験ができます。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

建設設計科|学費:201〜300万

概要

建築設計科は、2年間で2級建築士の受験資格が取得することで、建築業界で働くことを目指すコースです。
1年次では、設計製図の線の引き方や住宅・店舗などの設計など建築の基礎知識を身につけ、2年次では様々な設計課題を行いながら資格合格に向けて学んでいきます。
新潟日建工科専門学校では、基礎からスタートできるのでじっくり学べ、またクラス担任制なので資格取得や学習、就職支援などしっかりサポートしてくれる環境です。

学費詳細・費用

建築設計科 総額205万円
入学金:15万円
授業料:80万円
実験実習費:15万円

取得可能な資格一覧

1・2級建築士の受験資格、1・2級建築施工管理技士、福祉住環境、コーディネーター、宅地建物取引士、建築CAD検定の資格が取得できます。

就職・内定先の実績

公式HPで公表されている就職先実績は、コースによって分けられているわけではありませんので、他学科と同等レベルの内定・就職先実績であると推測されますが、主な就職先として片建設株式会社、株式会社阿部建設、株式会社加賀田組、株式会社カネタ建設、株式会社神田エンジニアリング、株式会社近藤組、株式会社伸晃建設、株式会社大栄、株式会社田中組、株式会社谷村建設、株式会社新潟藤田組などが挙げられます。
新潟日建工科専門学校では、履歴書の書き方や面接試験などしっかりとした就職サポートで、細かな指導をしてくれます。

建設インテリアデザイン科|学費:201〜300万

概要

建設インテリアデザイン科は、インテリアデザインや建築業界で働くのに必要な知識と技術を学ぶコースです。
1年次では、デッサンやスケッチのほか、イラストレーションやフォトショップのようなデザインソフトを使いながらデザインに必要な知識を学び、2年次ではオリジナルプランを作成することで商空間や住空間のデザイン力を身につけるほか、材料や構造、計画など内装空間に関わる知識を習得します。
この他、色彩学を学ぶことでカラーコーディネーター試験の対策授業を行い、プレゼンテーションスキルを身につけるレンタリング技法をデザインソフトなどを使用して学習していきます。

学費詳細・費用

建築インテリアデザイン科 総額205万円
入学金:15万円
授業料:80万円
実験実習費:15万円

取得可能な資格一覧

カラーコーディネーター、リビングスタイリスト、福祉住環境コーディネーター、インテリアコーディネーター、1・2級建築士の資格が取得できます。

就職・内定先の実績

公式HPで公表されている就職先実績は、コースによって分けられているわけではありませんので、他学科と同等レベルの内定・就職先実績であると推測されますが、主な就職先としてアサヒアレックス株式会社、家’Sハセガワ株式会社、株式会社アンドクリエイト、株式会社イシカワ、株式会社グレバリーホーム、株式会社グローバルホーム、株式会社高田建築事務所などが挙げられます。
新潟日建工科専門学校では、クラス担任制により学生一人一人に丁寧なサポートのもとアドバイスを受けながら就職活動が行えます。

大工測量科|学費:201〜300万

概要

大工測量科は、大工や測量、設計など住宅生産システムを担う人材を2年間で目指すコースです。
大工測量科では、第一線で活躍している大工職人から直接大工技術を学び、施工墨出や測量、設計など必要なスキルを身につける他、IT機器への対応力をつけるためIT関連の授業も充実、さらにマナーやコミュニケーション能力、社会的責任などの職業能力も身につけていきます。
大工実習では木材の選定や電動工具などの使い方など住宅生産システム技術を習得し、測量実習では最先端の測量技術や建築測量を幅広く学習します。

学費詳細・費用

大工測量科 総額205万円
入学金:15万円
授業料:80万円
実験実習費:15万円

取得可能な資格一覧

1・2・3級建築大工技能士の受験資格、1級・2級建築士・木造建築士、1・2級建築施工管理技士、測量士補の資格が取得できます。

就職・内定先の実績

公式HPで公表されている就職先実績は、コースによって分けられているわけではありませんので、他学科と同等レベルの内定・就職先実績であると推測されますが、主な就職先として株式会社田中組、株式会社谷村建設、株式会社新潟藤田組、株式会社水倉組、株式会社山口建設、ケーオーディー株式会社、新日本工業株式会社などが挙げられます。
新潟日建工科専門学校では、企業への電話のかけ方や履歴書、面接対策などの指導、全国からの情報をリアルタイムに受発信することができる情報センターなど、しっかりとした就職サポートがしかれています。

建築設計研究科|学費:101〜200万

概要

建築設計研究科は、在学中に2級建築士の受験資格を取得した学生を対象に、2級建築士の資格取得を1年間で目指すコースとなっており、カリキュラムでは一発合格を目指して基礎知識を習得する学科対策と試験課題から想定される建築物の規模や全体の構成を学ぶ設計製図対策を行います。
新潟日建工科専門学校では、資格取得を目指した学習方法と細かな指導により毎年高い合格実績を出しており、さらに合格できなくても2年間は無料で試験対策講座を受けられるなどのサポートがあります。

学費詳細・費用

建築設計研究科 総額110万円
入学金:15万円
授業料:80万円
実験実習費:15万円

取得可能な資格一覧

1・2級建築士、1・2級建築、施工管理技士、宅地建物取引士、インテリアコーディネーター、建築CAD検定の資格が取得できます。

就職・内定先の実績

公式HPで公表されている就職先実績は、コースによって分けられているわけではありませんので、他学科と同等レベルの内定・就職先実績であると推測されますが、主な就職先として一級建築事務所TuboYa、株式会社池下設計、株式会社石山建築事務所、株式会社大橋晴夫建築事務所、株式会社和建設設計事務所、株式会社小林設計事務所、株式会社新創美などが挙げられます。
新潟日建公務専門学校では、情報センターによる情報力、担任制によるサポート力、就職試験対策による指導力などしっかりとした就職サポートにより、就職内定率100%の実績があります。

建築士養成科(通信制)|学費:100万以下

概要

建築士養成科(通信制)は、2年間で働きながら2級建築士受験資格の取得を目指すコースで、1年次では建築の基礎知識のほか建築製図の線の引き方や住宅の設計を学び、2年次では2級建築士試験に合格できるよう建築知識を身につけていきます。
履修は通信履修科目とスクーリング履修科目があり、通信履修科目は自宅で行い、スクーリング履修科目では教室で授業を受ける履修方法で、8割以上の出席と制作した課題の提出をしながら進めていきます。
指導にあたる教員は建築士から学ぶことができ、さらに実習では最新のCADを使用することで最新の技術を身につけることができます。

学費詳細・費用

建築士養成科(通信制) 総額83万円
入学金:2万円
授業料:30?35万円
実験実習費:8万円

取得可能な資格一覧

1・2級建築士の受験資格、2級施工管理技士、1級施工管理技士の資格が取得できます。

就職・内定先の実績

公式HPで公表されている就職先実績は、コースによって分けられているわけではありませんので、他学科と同等レベルの内定・就職先実績であると推測されますが、主な就職先として株式会社頸城建工、株式会社三共堂、株式会社藤真工業、株式会社東新工務、アサヒアレックス株式会社、家’Sハセガワ株式会社、株式会社アンドクリエイト、株式会社イシカワ、株式会社グレバリーホームなどが挙げられます。
新潟日建工科専門学校では、学生一人ひとりに目が届く担任制により丁寧なサポートをしてくれ、さらに厳しい模擬試験やマナー講習をクリアすることで落ち着いて本番に臨むことができるなど、しっかりとした就職サポートをしてくれます。

新潟日建工科専門学校の
パンフレット・資料を見る

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*