新大阪歯科技工士専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2019-06-12

公開日:2019-06-12

         

新大阪歯科技工士専門学校は大阪府にある看護・医療系の専門学校です。
新大阪歯科技工士専門学校は学校法人に認可されています。

新大阪歯科技工士専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
看護・医療系 大阪府大阪市淀川区東三国6-1-13 認可

姉妹校の情報

姉妹校はありません。

新大阪歯科技工士専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

大阪メトロ御堂筋線東三国駅

新大阪歯科技工士専門学校の入試情報

AO入試:面談
特別推薦入試:適性試験(オープンキャンパス内で行われるチャレンジステージをクリアすると免除)、工作(オープンキャンパスに参加し、実技認定書を取得すると、試験免除)、面接
指定校推薦入試:面接
推薦入試:適性検査(国語、数学、社会、理科)、工作、作文、面接
一般入試:適性検査(国語、数学、社会、理科、但しオープンキャンパス内で行われるチャレンジステージをクリアすると免除)、現代文B、工作、作文、面接
大学・短大生特別入試:エントリーシート、面接
社会人特別入試:作文、面接

新大阪歯科技工士専門学校のオープンキャンパス情報

平日はほぼ毎日、平日個別相談会(10:00〜19:00の内の2時間)を実施しています。
休日は、体験授業(10:30〜15:30)、社会人/大学・短大生対象「進路相談会」(10:30〜12:30)、プレカレッジ(11:15〜15:30)を実施しています。
また、毎月2回程度、平日夜にナイトオープンキャンパス(18:00〜20:00)も実施しています。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

�T部(昼間部・2年制)|学費:301〜400万

概要

�T部(昼間部・2年制)は、2年間という最短期間でプロとして活躍するのに必要となる知識と技術が身につけ、歯科技工士の国家試験合格を目指すことが出来るコースです。
限りなく本物に近い人工臓器である「Wetlab(ウェットラブ)」を使用して、世界初の歯科技工技術についてのノウハウや製作スキルを身に付ける事が出来ます。もちろん「歯」だけではなく、臓器について幅広く学ぶ事が出来ます。
歯科技工士の専科校であるため、専任講師(担任)の授業以外にも、多数の講師から講義が受けらることが出来ます。大阪大学歯学部の講義授業で理論を学び、歯科業界の先頭で活躍する歯科技工士が実際にスキルを直接指導しますので、国家試験合格から、希望の就職まで導いてくれます。

学費詳細・費用

�T部(昼間部・2年制) 総額351万8千300円
入学金:10万円
授業料:275万円
器材費:48万8千300円
学友会費:5万円
健康管理費:3万5千円
その他:9万5千円

取得可能な資格一覧

在校中に、歯科技工士国家試験合格を目指すことが出来ます。

就職・内定先の実績

主な就職先として、歯科技工所(ラボ)、歯科医院、歯科関連企業に多数の就職先があります。

�U部(夜間部3年制)|学費:301〜400万

概要

�U部(夜間部・3年制)は、3年間で働きながら学び、プロとして必要な知識と技術を身につけ、歯科技工士の国家試験合格を目指すことが出来る西日本で唯一の夜間コースです。
授業は夕方から1日3時間ですので、社会人の方にも働きながら無理なく学べ、即戦力の歯科技工士を目指すことが出来ます。
歯科技工マネジメント学という、歯科業界のマネジメントを学ぶことが出来る�U部独自のカリキュラムがあります。
これは、保険点数についてや社内外のコミュニケーションのとり方、営業力の強化など、独立開業に必要なスキルを技工書の経営者から直接学ぶことが出来ます。
技工所の特徴や技工物の違いなどを知識を深める為の業界見学と、実際の病院や歯科医院に訪れ患者さんの口へ技工物をセットする現場に立ち会える臨床見学を実施しています。
製作の現場や自身の作る技工物が医療にどう貢献しているかを肌で感じ、働いた時の将来の自分のイメージがつかむことが出来ます。

学費詳細・費用

�U部(夜間部3年制) 総額360万5千800円
入学金:10万円
授業料:280万円
器材費:48万8千300円
学友会費:7万円
健康管理費:5万2千500円
その他:9万5千円

取得可能な資格一覧

在校中に、歯科技工士国家試験合格を目指すことが出来ます。

就職・内定先の実績

主な就職先として、歯科技工所(ラボ)、歯科医院、歯科関連企業に多数の就職先があります。

新大阪歯科技工士専門学校の
パンフレット・資料を見る

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*