専門学校 札幌ビジュアルアーツの評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-07-09

         

専門学校 札幌ビジュアルアーツは北海道にある音楽・イベント系の専門学校です。
専門学校 札幌ビジュアルアーツは学校法人に認可されています。

基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
音楽・イベント系
アニメ・ゲーム・マンガ系
北海道札幌市中央区大通西9丁目3-12 認可

姉妹校の情報

姉妹校として、学校法人 北海道安達学園、札幌観光ブライダル・製菓専門学校、北海道どうぶつ・医療専門学校、札幌マンガ・アニメ&声優専門学校、専門学校 札幌デザイナー学院、専門学校 福岡ビジョナリーアーツ、専門学校 ビジョナリーアーツがあります。

パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

地下鉄東西線西11丁目駅

入試情報

AO特待生入試:面接、書類審査
推薦入試:書類審査
一般入試:書類審査

オープンキャンパス情報

専門学校 札幌ビジュアルアーツでは、土日や長期休暇を中心にオープンキャンパスを開催しています。
オープンキャンパスでは、学校に関する説明会や保護者説明会のほか、ヴォーカル専攻ではヴォーカルレッスン、PA&レコーディングエンジニア専攻ではライブ音楽(コンサートPA)体験講座、ゲームプランナー専攻ではゲームの企画・シナリオ入門講座、ゲームデザイナー専攻では「ゲームのキャラクターにペイントしてみよう」、写真学科では「写真プリントを体験しよう」などの体験授業を受講することができます。
また、SVAクラブの会員になると、通常3回までの交通費補助が4回目以降も月に1回補助されるようになったり、AO特待生入学で有利になるなどの参加特典があります。
オープンキャンパスの日程と合わない人や学校の雰囲気を見たい人、そして個別に相談したい人向けの学校説明会や個別相談会は平日であれば毎日開催されており、遠方の人には全道各地で出張説明会も行われています。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

音響学科|学費:201~300万

概要

音響学科は、2年間で音楽業界を中心に活躍できる人材を育成します。
音響学科には8種類の専攻があります。
ヴォーカルレッスンやイヤートレーニングを中心に、作詞作曲のスキルも身につける「ヴォーカル専攻」、ギターレッスンやリズムトレーニングを中心にアンサンブルの力も身につける「ギター専攻」、ベースレッスンやバンドアンサンブルを中心に、音楽の土台になるリズムやメロディー及びグループへの理解を深めるカリキュラムで学ぶ「ベース専攻」、ドラムレッスンやジャムセッションを中心にリズムワークをマスターし、作曲や編曲のスキルも身につける「ドラム専攻」、DTMや音楽制作を中心に、PCを使用した打ち込み系トラックメーキングを専門的に学びつつ、映画音楽やゲーム音楽をはじめとした「音」づくりのスキルを習得する「ミュージッククリエーター専攻」、音楽マーケティングや楽器概論など音楽業界を総合的に学ぶことができる「総合音楽専攻」、REC実習やライブ実習などを中心に高度な「音」づくりのスキルを習得した音響エンジニアを育成する「PA&レコーディングエンジニア専攻」、照明実習やアーティストプロモーションなどを中心にライブイベント運営に関わる知識やノウハウを身につける「PA&照明専攻(舞台制作)」の中から1つを選び学ぶことができます。
どの専攻でも、練習スタジオやレコーディングスタジオをはじめとする設備が充実しているほか、他専攻との合同実習なども用意されており、自分の音楽に打ち込むことができる環境が整えられています。

学費詳細・費用

音響学科 総額217万円
入学金:15万円
授業料:70万円
施設設備費:31万円※その他諸費用が年間で約10万円~17万円かかります。

取得可能な資格一覧

卒業と同時に専門士が得られるほか、音響学科では生徒をプロデビューさせることを目的としています。

就職・内定先の実績

株式会社ミキサーズ・ラボ、株式会社マウントアライブ、劇団四季(四季株式会社)、シグマコミュニケーションズ株式会社、島村楽器株式会社、ソニーミュージックマーケティング株式会社、株式会社東京舞台照明、グローリー株式会社など、様々な分野の企業から多くの生徒が内定をもらっています。
職種もイベント制作スタッフや照明スタッフ、舞台制作スタッフ、ホール管理スタッフ、PAエンジニア、舞台監督助手など多彩なものが多いです。
また、デビューして、アニソンシンガーや俳優、舞台女優、タレント、そして「BSTJ」や「月とプラネタリウム」などバンドを組んで活躍している生徒も多いです。

ゲームクリエイティブ学科|学費:201~300万

概要

ゲームクリエイティブ学科では、2年間でゲーム・デジタルメディアを使いこなし、表現力とアイディア力を備えたクリエイターを育成します。
ゲームクリエイティブ学科には3つの専攻があります。
アルゴリズムやシナリオを中心に文章表現を養うと共に、デザインやプログラムの基礎などゲームに関することを総合的に学ぶことでゲーム全体をプロデュースできる力を身につける「ゲームプランナー専攻(企画・シナリオ)」、3DCGやキャラクター、デジタルワークを中心にデザインの基礎画力を身につけ、キャラクターから背景デザインまでゲーム全体をデザインできる力を養う「ゲームデザイナー専攻」、C言語やプログラム基礎を中心にプログラミング言語をマスターすると共に、ゲーム制作に関する知識を深めることで即戦力を養う「ゲームプログラマー専攻」で、この3つの専攻はそれぞれの専門的な力を高めつつ、業界と同じように連携したチーム体制でゲームを作成することができます。
また、希望すれば他の専攻の授業にも参加することができる制度や環境が整えられています。

学費詳細・費用

ゲームクリエイティブ学科 総額217万円
入学金:15万円
授業料:70万円
施設設備費:31万円※その他諸費用が年間で約10万円~17万円かかります。

取得可能な資格一覧

卒業時に専門士が得られるほか、ゲームクリエイティブ学科では生徒をプロデビューさせることを目的としています。

就職・内定先の実績

株式会社トライシス、株式会社エイティング、株式会社サイクロンゼロ、株式会社バインドキューブ、株式会社ハートビット、株式会社ロケットスタジオなどから内定をもらっています。
職種もゲームプランナーやゲームデザイナー、ゲームプログラマーなど多彩です。
また、ゲーム制作会社フロンティアファクトリーのように、ゲームクリエイティブ学科の卒業生が立ち上げた企業もあります。

写真学科|学費:201~300万

概要

写真学科では、2年間でフォトグラファーの技術を習得し活躍できる人材育成をします。
スタジオ撮影や屋外撮影の基礎及び実習、Photoshopの基礎及び実習、プリント実習など、カリキュラムの大半は実践的な授業で占められているほか、同校の音響学科などが行うLIVEや公演などの撮影や隣接する姉妹校が開催するイベントを撮影する学内コラボレーション、そして企業や大学、地域イベントなどを撮影する企業コラボレーションも多く行われており、自分のスキルや作品の完成度を高めることができる環境が整えられています。
また、卒業制作では、作品の企画及び被写体の選択、プリント、額装まで全てを行う集大成の作品を制作します。

学費詳細・費用

写真学科 総額217万円
入学金:15万円
授業料:70万円
施設設備費:31万円※その他諸費用が年間で約10万円~17万円かかります。

取得可能な資格一覧

卒業時に専門士が得られるほか、「写真史」の授業で受験対策が行われるため、フォトマスター検定(2級~準1級)の資格取得を目指すことができます。

就職・内定先の実績

株式会社札幌コマーシャルフォト、キノスタジオ、六本木スタジオ、株式会社マークスタジオ、ishikuri photo studioなどのフォトスタジオから内定をもらっている生徒が多いです。
また、フリーランスのフォトグラファーとして活躍している生徒も多数います。

パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

現場授業はすごく充実していました。
先生からのアドバイスも、的確で自信が持てます。
座学も実技も、講師の方々や施設についてはとても充実しています。
学内に演劇上演の出来るホール施設があるのがもっとも大きな利点です。
大通公園が目の前に広がる札幌の中心部にあるのでとても通学が楽でした。
複数の校舎がありどの校舎もキレイでとても使いやすいです。
奨学金制度や特待生制度がとても充実していて、入学金減額、免除や学費減額などもありとても助かりました。
日本に系列の学校がたくさんあるので全国から様々な情報が入ってきて仕事の情報に充実してると思います。
外での活動も内容によっては公欠にしてもらえるので、自分からどんどん外で活動できます。
舞台を専門にしている講師、ナレーターとして仕事をしている講師など、様々な分野の講師がいるので、いろいろな視点で授業が受けられます。

口コミ元

ネガティブな口コミ

卒業後すぐにデビュー出来るわけではなく、東京の養成所のオーディションを受けて上京し、レッスンを受けてからデビューになるので、少し遠回りになります。
学費は安くないと思います。
就職という面においては資格取得などにおいても弱いという印象です。
学費以外にいろいろお金がかかります。
東京志望の学生の中で、期待されている生徒とされていない生徒、態度があからさまに違うことを自分自身が経験しました。
実績や経験のある講師が多数いた印象を持っていますが、それゆえの驕り等、黒い部分も見え隠れする印象を持っています。
資格は、自分で見つけて取りに行く以外には明確な取得方法がありません。
一応、入学前に特待生向けの面接や実技がありますが、通るのは全体で数%程の人間で、並~並以下の人間は、満額の入学金を納める他ありません。
音楽業界で就職してる人はわたしが知る限りはいないし、アーティストとしてデビューするのも狭き門です。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*