日本指圧専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2020-08-25

         

日本指圧専門学校は東京都にある介護・福祉系の専門学校です。
日本指圧専門学校は学校法人に認可されています。

日本指圧専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
介護・福祉系
スポーツ・健康系
東京都文京区小石川2-12-4 認可

姉妹校の情報

姉妹校はありません。

日本指圧専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

東京メトロ丸ノ内線後楽園駅/東京メトロ南北線後楽園駅/都営地下鉄三田線春日駅/都営地下鉄大江戸線春日駅/東京メトロ東西線飯田橋駅/東京メトロ有楽町線飯田橋駅/JR総武線飯田橋駅

日本指圧専門学校の入試情報

AO入試:書類審査、面談
推薦入試:400字以内の小論文、面接
社会人入試:400字以内の小論文、面接
一般入試:400字以内の小論文、面接

日本指圧専門学校のオープンキャンパス情報

日本指圧専門学校では模擬授業のあるオープンキャンパスがあります。
指圧体験などの体験プログラムがもりこまれた内容盛りだくさんのオープンキャンパスになります。
また、別途随時に学校見学と学園祭では学校説明会を開催しています。
実際の授業を見学し、体験する機会となりますので、入学希望者はぜひ参加したいところです。
授業見学だけでなく、実際の雰囲気や特色をみるとても良い機会です。
指圧の授業がある日に見学する事を推奨している為、事前の申し込みは電話にて必須となります。
学校説明会は学園祭の時に同時開催しており、授業概要やカリキュラムといった学校生活に関する説明があります。
説明会は申し込み不要なため、一緒に来校した保護者やお友達でも参加可能です。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

指圧学科|学費:301~400万

概要

指圧学科では1年次では解剖学や生理学など指圧に関係のある基礎知識を学び、2年次と3年次で現場での即戦力として臨床で通用するため、医学の知識と指圧技術を身につけることができます。
昼間部と夜間部に分かれており、社会人でもライフスタイルに合わせて学習をすることができる環境にあります。
昼間部には高校卒業後すぐの学生も多くいて明るく賑やかな雰囲気がある一方、夜間部では一日の仕事を終えてから授業に臨む社会人などの働く学生が多く落ち着いている為、取り組む姿勢も真剣そのものです。
どちらもそれぞれ良い雰囲気があり、授業内容に差はない為、1週間に90分を12コマの授業を行っています。
指圧の技術士になるためには基礎知識だけでなく、練習の積み重ねによる経験と医療知識の習得が必須となります。
この専門学校では指圧の実技時間が他よりも圧倒的に多く、実技に集中して高い技術を身につけることができるカリキュラムが組まれております。
学科面での授業も臨床や国家試験受験に役立つように配慮されており、学習をサポートする体制が整っています。
この学校ではあん摩マッサージ指圧師や東洋療法系の資格を持った数多くの専任教員と、各授業や実技の専門的な講師陣が在籍しており、授業に余念がありません。
その中でも西洋医学系科目には医学部を本属とする先生、東洋医学系科目には東洋療法系の大学や専門学校等を本属とする先生が在籍していますので、広範囲に知識を習得することができます。
また、実技には専任教員のだけでなく、実際の臨床で長年のキャリアを培ってきたプロの治療家がノウハウを伝授してくれますので、現場との差が少なく学習できます。
これにより生徒を指圧・手技療法の臨床家として養成するための体制が整っています。
多くの時間を割り当てられている臨床実習では、臨床の字が示す通り、患者さんに対して治療や施術を行う技術を学ぶ為の実技科目です。
実際に疾患をお持ちの方に施術を行っていますが、ただ施術するだけではなく、患者さんの疾患状態を確認し、施術をしても良い疾患なのかだめなのかを判断し、施術後には診療録をつけるといった医療従事者として必要な側面も実践的に習得していくことができます。
実習の初めには、問診、検査と診療録の書き方を学び、その後、授業内の実技科目で学んだ指圧と合わせて、実際に患者さんに施術を行っていきますので、その時に患者さんとの接し方やマナーを学ぶことができます。
開業する権利を有するあん摩マッサージ指圧師を目指す生徒にとってはもっとも基本的知識かつ必須科目と言えるので、開業を目指す方はぜひ学びたいところです。
人を癒すには確かな知識と高い技術力が必要なので、初めは癒すことだけでなく医学知識を学ぶこともハードルが高いかもしれませんが、この専門学校ではひとつのハードルをクリアするために正確できめ細かいカリキュラムが用意されています。
たっぷり時間を割り振られている実技の授業とひとりひとりの教員による丁寧な座学の授業の二つの教育によって高い国家試験合格率と生徒の卒業後の現場で発揮するスキルを導いています。
専門学校で伝統となる浪越基本指圧を、繰り返し何度も丁寧に学び、浪越学園由来の独自メソッドを反復学習することによって全身の指圧技術がまあますことなく身についていきます。
また、プロの施術者にとして何より基本が大切となってくる分野なので圧し方だけでなく圧す位置、姿勢、手順といった基本の所差も繰り返し練習します。
これらの動作を自然に行えるところまで慣れることが周りとの圧倒的な差になって姿を現します。
他の学校では様々な手技を広く浅く学ぶことも多い中で基本指圧の授業にかなりの時間を割り当てていくことで入学時は初心者でも全身指圧が確実に適格に行えるようになりますので、確かな技術的土台が形成されます。
卒業していった生徒はみなさん卒業後すぐに即戦力として役立つと企業や学校、施設の方々から高評価を得ています。

学費詳細・費用

指圧学科 総額387万円
入学金:75万円
授業:270万円
施設設備拡充費:30万円
実習費:3万円
教科書・実技服等費用:9万円

取得可能な資格一覧

あん摩マッサージ指圧師の国家試験の取得を目指します。
その他、指圧師の資格と相乗効果を発揮するNSCAパーソナルトレーナーやケアマネージャー、機能訓練指導員の資格も同時に取得に取り組みます。

就職・内定先の実績

浪越指圧治療センター、(株)東京在宅マッサージ、株式会社メディカルケア、本駒込総合治療院、本町治療院、さくら治療院、(株)ケアプラス、(株)フレアス、いしい鍼灸接骨院、ハート鍼灸接骨院、高円寺整形外科、居住介護支援事業所みらい等指圧師として幅広く活躍できる職場への就職実績があります。

日本指圧専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

夜間部は社会人が多いため、試験日程や文化祭の準備等で考慮されたスケージュールになっています。
学校全体の就職実績はかなりいいので、安心して勉学に取り組むことができます。
指圧技術に関してはかなり高いので、学校名だけでも就職可能な会社もあります。
卒業生で海外で開業している先生も複数いるため、海外での就職も有利です。
立地がよいので、放課後や授業前にでかけるところが多くあります。

口コミ元

ネガティブな口コミ

合格できそうもない人も国家試験に受験する為、合格率の変動があります。
学費は他の学校と比べると高いです。
指圧に関係があまりない科目は過去問を先輩にもらっている人が多く、あまり真剣に受講していない雰囲気があります。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*