大原自動車工科大学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-08-21

         

大原自動車工科大学校は福岡県にある自動車・鉄道・航空 機械・電子・化学系の専門学校です。
大原自動車工科大学校は学校法人に認可されています。

大原自動車工科大学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
大原 自動車・鉄道・航空・機械・電子・化学系 福岡県北九州市八幡東区宮の町1-1-1  認可

姉妹校の情報

姉妹校は多数あります。

大原自動車工科大学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR小倉駅

大原自動車工科大学校の入試情報

一般入学:書類選考(必要に応じて面接)
指定校推薦入学:書類選考(必要に応じて面接)
特別推薦入学:書類選考(必要に応じて面接)
推薦入学:書類選考(必要に応じて面接)
ボランティア・クラブ・生徒会活動推薦入学:書類選考(必要に応じて面接)
大学・短大生特別入学:書類選考(必要に応じて面接)
AO入学:書類選考、面談

大原自動車工科大学校のオープンキャンパス情報

大原自動車工科大学校のオープンキャンパスでは、豪華景品が当たる大抽選会、交通費補助金額が2倍、参加者全員にプレゼントといったキャンペーンを実施しています。
オープンキャンパスの流れは、全体説明、体験授業・コース説明、座談会、大抽選会となっています。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

一級自動車整備コース|学費:401~500万

概要

一級自動車整備コースでは、スポーツカーをはじめ、4WD車といったあらゆる車種を使うことで、ハイレベルな整備技術と故障診断技術を学習することが可能です。
個人としてのスキルは当然として、チームワークで力を発揮するための行動や考え方などを実習授業を通じて学ぶことが可能となります。
実社会に出た時に、見積もりなどを行うときに必要となる塗装方法や板金工程の基礎的な知識を身に付けることが可能です。
最新の技術と知識やハイレベルな判断能力が備わった自動車のプロを目指します。

学費詳細・費用

一級自動車整備コース 総額410万円
入学金:10万円
授業料:240万円
教材費:32万円
設備費:40万円
維持費:20万円
実習・演習費:68万円

取得可能な資格一覧

資格取得目標として、一級小型自動車整備士、二級ガソリン自動車整備士、二級ジーゼル自動車整備士、二級二輪自動車整備士、低圧電気取扱業務特別教育、自動車メカニック検定、ガス溶接技能講習、アーク溶接特別教育、中古自動車査定士、危険物取扱者(乙種第4類)、フォークリフト運転技能講習、普通救命講習、職業訓練指導員(自動車整備科)、有機溶剤作業主任者、が設定されています。

就職・内定先の実績

福岡トヨタ自動車、ホンダカーズ北九州、福岡スバル、福岡トヨペット、ホンダカーズ博多、山口トヨペット、いすゞ自動車九州、ネッツトヨタ北九州、スズキ自販福岡、ネッツトヨタ山口、スズキ自販大分、トヨタカローラ福岡、トヨタカローラ博多、九州マツダ、ヤナセ、九州スズキ販売、福岡日産自動車、トヨタカローラ山口、などの就職実績があります。

一級自動車整備コース&板金・塗装コース|学費:501~600万

概要

一級自動車整備コース&板金・塗装コースでは、車体の修復技術の基本をはじめとして、フレーム修正といったハイレベルな技術を学習し、身に付けることが可能となっています。
カーラッピングなどといったカスタマイズ系のカリキュラムであったり、レストア作業なども実施し、整備士の資格も含めて、就職の選択する幅が広がります。
近年においては、自動車ディーラーについても内製化の傾向を示しており、即戦力となる人材は、業界内で必要とされています。

学費詳細・費用

一級自動車整備コース&板金塗装コース 総額510万円
入学金:10万円
授業料:300万円
教材費:40万円
設備費:50万円
維持費:25万円
実習・演習費:85万円

取得可能な資格一覧

資格取得目標として、一級小型自動車整備士、二級ガソリン自動車整備士、二級ジーゼル自動車整備士、二級二輪自動車整備士、低圧電気取扱業務特別教育、自動車メカニック検定、ガス溶接技能講習、アーク溶接特別教育、中古自動車査定士、危険物取扱者(乙種第4類)、フォークリフト運転技能講習、普通救命講習、職業訓練指導員(自動車整備科)、有機溶剤作業主任者、といしの取替え業務等特別教育、車体整備士、タイヤ空気充てん特別教育、有機溶剤取扱作業者が設定されています。

就職・内定先の実績

福岡トヨタ自動車、ホンダカーズ北九州、福岡スバル、福岡トヨペット、ホンダカーズ博多、山口トヨペット、いすゞ自動車九州、ネッツトヨタ北九州、スズキ自販福岡、ネッツトヨタ山口、スズキ自販大分、トヨタカローラ福岡、トヨタカローラ博多、九州マツダ、ヤナセ、九州スズキ販売、福岡日産自動車、トヨタカローラ山口、などの就職実績があります。

二級自動車整備コース|学費:201~300万

概要

二級自動車整備士コースでは、自動車メカニック検定をカリキュラムに取り入れ、高い実技レベルと整備の知識を持った整備士を目指すことが可能です。
普通科の出身であっても、授業をわかりやすくすすめますし、専門的な用語から理解するなどといったことから始めます。
入学開始直後から社会の常識を学習し、入社試験のときまでに社会人としての作法を身に付け、自信を持った状態で入社試験に臨むことができます。
自動車が持っているポテンシャルを可能な限り引き出すことができる一流のエンジニアを目標としています。

学費詳細・費用

二級自動車整備コース 総額210万円
入学金:10万円
授業料:120万円
教材費:16万円
設備費:20万円
維持費:10万円
実習・演習費:34万円

取得可能な資格一覧

資格取得目標として、二級ガソリン自動車整備士、二級ジーゼル自動車整備士、二級二輪自動車整備士、低圧電気取扱業務特別教育、ガス溶接技能講習、アーク溶接特別教育、中古自動車査定士、危険物取扱者(乙種第4類)、フォークリフト運転技能講習、などが設定されています。

就職・内定先の実績

福岡トヨタ自動車、ホンダカーズ北九州、福岡スバル、福岡トヨペット、ホンダカーズ博多、山口トヨペット、いすゞ自動車九州、ネッツトヨタ北九州、スズキ自販福岡、ネッツトヨタ山口、スズキ自販大分、トヨタカローラ福岡、トヨタカローラ博多、九州マツダ、ヤナセ、九州スズキ販売、福岡日産自動車、トヨタカローラ山口、などの就職実績があります。

二級自動車整備コース&板金・塗装コース|学費:301~400万

概要

二級自動車整備コース&板金・塗装コースでは、車体の修復技術の基本をはじめとして、フレーム修正といったハイレベルな技術を学習し、身に付けることが可能となっています。
カーラッピングなどといったカスタマイズ系のカリキュラムであったり、レストア作業なども実施し、整備士の資格も含めて、就職の選択する幅が広がります。
近年においては、自動車ディーラーについても内製化の傾向を示しており、即戦力となる人材は、業界内で必要とされています。

学費詳細・費用

二級自動車整備コース&板金・塗装コース 総額310万円
入学金:10万円
授業料:180万円
教材費:24万円
設備費:30万円
維持費:15万円
実習・演習費:51万円

取得可能な資格一覧

資格取得目標として、二級ガソリン自動車整備士、二級ジーゼル自動車整備士、二級二輪自動車整備士、低圧電気取扱業務特別教育、ガス溶接技能講習、アーク溶接特別教育、中古自動車査定士、危険物取扱者(乙種第4類)、フォークリフト運転技能講習、などが設定されています。

就職・内定先の実績

福岡トヨタ自動車、ホンダカーズ北九州、福岡スバル、福岡トヨペット、ホンダカーズ博多、山口トヨペット、いすゞ自動車九州、ネッツトヨタ北九州、スズキ自販福岡、ネッツトヨタ山口、スズキ自販大分、トヨタカローラ福岡、トヨタカローラ博多、九州マツダ、ヤナセ、九州スズキ販売、福岡日産自動車、トヨタカローラ山口、などの就職実績があります。

大原自動車工科大学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

「専門的なことだけでなく、ビジネスマナーや社会人の心構えを教えていただけました。」
「就職率においては100%でした。」
「資格取得のための勉強は、各部門で教員がいて、上手に教えていただけました。」
「勉強が苦手な人でも教員の方々は、親身になって指導していただけました。」
「実習する設備が充実していて、実社会で働いたときに役立つことがたくさんありました。」

口コミ元

ネガティブな口コミ

「学費は高いほうだと思うので、自動車整備士を目指すことを迷っている人は、よく考えた方がいいかもしれません。」

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*