大阪ペピイ動物看護専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2019-09-20

公開日:2019-08-21

         

大阪ペピイ動物看護専門学校は大阪府にある動物・植物・農業系の専門学校です。
大阪ペピイ動物看護専門学校は学校法人に認可されています。

大阪ペピイ動物看護専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
動物・植物・農業系 大阪府大阪市東成区中道3-8-15 認可

姉妹校の情報

姉妹校はありません。

大阪ペピイ動物看護専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オーキャンコース詳細

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR大阪環状線玉造駅/大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線玉造駅

大阪ペピイ動物看護専門学校の入試情報

AO入試:書類審査、面接(オープンキャンパスや学校見学への参加必須)
指定校推薦入試:書類審査、面接
自己推薦入試:書類審査、面接
一般入試:書類審査、面接
社会人/大学生入試:書類審査、面接

大阪ペピイ動物看護専門学校のオープンキャンパス情報

大阪ペピイ動物看護専門学校では、1ヶ月に数日、オープンキャンパスやAO入試対策講座、スペシャルイベントが開催されています。
オープンキャンパスは、高校1・2年生向けの日と、高校3年生向けの日、社会人・大学生向けの日に分かれていますが基本的には全てのイベントに参加することができます。
当日は、動物看護師の仕事紹介や飼育動物の紹介、在校生によるキャンパスライフの紹介が行われ、キャンパス見学や隣接する高度動物医療機関「ネオベッツVRセンター」の見学を30分ほど行います。
その後、学科やカリキュラムなど学校の特色や就職及び資格についての説明、体験授業、入試や学費関連の説明、在学生との個別相談と、盛沢山の内容になっています。
2回目以降の参加の場合には、体験授業のみ参加することが可能です。
そして、平日に通常の授業風景を見学できる学校見学や、社会人向け給付金について重点的に説明してくれる社会人・大学生相談会、保護者説明会なども設けられています。
AO入試は、オープンキャンパスなどの学校イベントへの参加必須が条件になっているので、検討している人は留意しておく必要があります。
また、当日は実際に動物と触れ合う体験授業もあるため、動きやすい服装とヒールの無い靴で参加するようにしましょう。

コース詳細・著名な卒業生

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。
クリックすると詳細がご覧になれます。

動物看護学科|学費:201~300万

概要

動物看護学科では、2年間で即戦力及び高いコミュニケーション能力を習得した動物看護師を育成します。
動物病院で行われる身体検査や診察などの基本的な看護を学ぶ動物看護実習や、実際の手術を体験する手術実習、看護の視点からグルーミングの基本スキルを身につけるグルーミング実習、顕微鏡を使用して様々な検査方法を学ぶ動物検査実習、受付や診療補助を実際に体験する動物病院実習、そして、電話対応や薬の説明などで必要なコミュニケーションスキルを実践的に行う院内コミュニケーションなど、実習重視のカリキュラムが組まれています。
また、動物看護師統一認定試験合格のための試験対策や就職関連対策も充実しています。

学費詳細・費用

動物看護学科 総額246万円
入学金:20万円
授業料:78万円
設備費:20万円
実習費:15万円※その他、教科書等の諸経費がかかります。

取得可能な資格一覧

卒業と同時に専門士の資格を得ることができます。
それ以外に、認定動物看護師、ペット栄養管理士、動物愛護社会化検定基礎級、家庭動物管理士の動物関連資格や、マイクロソフトオフィススペシャリストなどの資格取得を目指すことができます。

就職・内定先の実績

同心動物医療センター、天神橋バンビの森どうぶつ病院、大阪動物病院、淀川中央動物病院、今里動物病院、天王寺どうぶつ病院、南大阪動物医療センター、みどり動物病院、吹田どんぐり動物病院、メディカルセンター西田獣医、カレン動物病院、ライオン動物病院などの動物病院や、株式会社大阪ビル管理(実験動物)、株式会社ひごペットフレンドリー(ペットショップ)、ワンデイサービスラブ(老犬ホーム)、秋吉台自然動物公園サファリランド(動物園)、清野牧場(酪農)などの多彩な動物関連企業から、多くの生徒が内定をもらっています。
毎年内定を出している病院や企業もあり、過去5年間の就職率は98%を維持しています。

動物看護総合学科|学費:301~400万

概要

動物看護総合学科では、3年間で高度医療やペットの高齢化にも対応できる見識の広い動物看護師を育成します。
動物看護総合学科は、最初の2年間で動物看護の基本的な検査方法や手術、飼い主とのコミュニケーションについて知識やスキルを取得した後、「福祉コース」と「資格コース」に分かれます。
「福祉コース」では、動物理学療法や老齢動物の看護と介護、健康維持と老化防止のためのペットマッサージ、訪問介護、保護動物の譲渡及びボランティア実習を含む動物管理センター実習、先進医療及び動物保護の現場に行き農業体験も行う倉吉研修、そして隣接するネオベッツVRセンターの獣医師から直接、高度な動物医療を学ぶことができる高度動物医療実習などのカリキュラムが組まれています。
「資格コース」では更に、ペットエステ実習やサロンコミュニケーションなどを学ぶサロントリマー専攻と、犬の保育園演習や服作り実習、ドッグトレーニングを学ぶドッグ専攻、手作りフード実習やキャットグルーマー、トータルキャットケアなどを学ぶキャット専攻に分かれ、動物看護だけでなくペットに関する幅広い分野の知識とスキルを身につけることができます。

学費詳細・費用

動物看護総合学科 総額355万円
入学金:20万円
授業料:78万円(3年次は74万円)
設備費:20万円
実習費:15万円※その他、教科書等の諸経費がかかります。

取得可能な資格一覧

認定動物看護師、サロントリマー、ペットエステティシャンブロンズ・シルバー、愛玩動物飼養管理士、ペット栄養管理士、動物犬トレーナー1級、ペットカフェマイスター、ペットシッター士、愛護社会化検定基礎級・専門級、家庭動物管理士などの動物関連資格や、マイクロソフトオフィススペシャリストなどの資格取得を目指すことができます。

就職・内定先の実績

動物看護総合学科は、2019年に新設されたため、まだ内定先のデータはありません。
しかしながら学校として、面接の練習や履歴書の添削などを行うほか、50軒以上の動物病院を集めた合同就職セミナーの開催、ペット情報誌「PEPPY」を配布している全国8,000の動物病院とのネットワーク、毎年確保できている400件以上の求人やUターン就職の全面サポートなど、充実した就職サポート体制が整っており、既設されている他学科では5年間の就職率98%を維持しています。

大阪ペピイ動物看護専門学校を卒業した有名人

大阪ペピィ動物看護専門学校を卒業した有名人のデータは特にないです。

大阪ペピイ動物看護専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

実習メインで実践的なことが学べます。
動物病院からの求人も多く、事務の方のサポートも丁寧です。
外部の講師の方も現職の獣医が多く、情報が具体的です。
大阪市内から近く、アクセスが良いです。
校舎が改装され、清掃も生徒がしており、清潔感があります。
病院見学や実習のときもペピイ生は他の動物看護師の専門学校よりも期待されてる感がすごいです。
設備と勉強しやすい環境が整ってていい学校だと思います。
オペ室や検査室などがあるのと、夜間救急の動物病院が隣接してるので設備はとても充実していました。
動物看護の専門学校にしてはかなり良心的な値段だと思いました。
海外研修もありそこへ行くための英語の追加授業などもあり充実してました。
なんでも相談できる先生がいっぱいいてとても親身になって話してくれます。
駅周辺にも食べ物屋さんやスーパーもあり帰りに寄り道などとても便利でした。
インターンなどの実習で力を発揮する事ができるのでそのまま就職が決まる人が多いようです。
検査の授業では1人一台顕微鏡が使えたりと充実しています。
駅から5分ほどで通いやすいと思います。
実際の現場で使う機器と同じかほぼ変わらない設備がそろっています。

口コミ元

ネガティブな口コミ

授業がたくさん詰まっていて、しっかり学べる分少し自分の時間をとるのが難しく感じました。
授業は満足なものと、納得出来ないものがありました。
ペピイということもあり就職実績は良いですが、サポートは良いとはいえないです。
授業内容、勉強内容は看護師の資格を取るのが目的のような教え方で、実際の現場ではほとんど使い物にならないです。
各授業、先生によって偏りがあります。
設備は充分揃っていますが、使うのは2~3回ほどです。
学校飼育動物がいる為休日でも月に数回学校に行って丸1日飼育をしなければいけません。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*