日本自然環境専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2020-08-25

         

日本自然環境専門学校は新潟県にある動物・植物・農業系の専門学校です。
日本自然環境専門学校は学校法人に認可されています。

日本自然環境専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
動物・植物・農業系 新潟県新潟市中央区花園1-3-22 認可

姉妹校の情報

姉妹校はありませんでした。

日本自然環境専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR新潟駅

日本自然環境専門学校の入試情報

AO入試:書類選考
推薦:書類選考
一般入試:面接、書類選考

日本自然環境専門学校のオープンキャンパス情報

月2回程度、オープンキャンパスが実施されています。
各学科でどういった勉強しているのかを詳しく説明をしたり、実習場や学校内の施設見学をして学校の雰囲気を体感することができます。
パンフレットなどだけで得る学校の特徴だけでなく、実際に学校の先生や先輩方のお話を聞いたり、その場の雰囲気を感じることでより学校への理解を高めることができます。
卒業後の進路についても当日お話してくださるので、学校へ入学して終わりではなく、入学した後のサポートや就活時のサポート、実際に卒業した生徒たちが今どんな活躍をしているのかなどをじっくりと時間をかけて伝えてくれます。
オープンキャンパスに参加される方は交通費が一部補助されるので、こちらも事前に確認をしておいた方がよいです。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

自然環境保全科|学費:101~200万

概要

森林や河川といった自然生態系を調査し、現状を理解して環境保全に貢献していく、自然環境調査や環境保全のエキスパートを目指していきます。
壊れてしまった生態系をビオトープや多自然型自然工法などの技術で復元をしていきます。
そして保全をし、絶滅危惧とされている生物の増殖や保護に取り組むために何をどうしたらいいのかを考えていき、かつその現場での技術を学ぶことができます。
動物学、植物学、基礎生物学、基礎化学、分析化学といった自然や環境の基礎、野生動物調査法、動物整体野外実習、樹木診断学、植物学演習、亜熱帯生態系実習などの生物・環境調査技術、環境復元実習、環境復元論、植物栽培論、ビオトープ論、園芸学実習、造形設計デザインといった自然環境保全や修復、林業概論、森林生態学、林業土木機械実習、チェーンソー技術、樹木額、木工工作実習などの森林や林業、コンピューター演習、Webデザイン、マーケティング、ビジネス能力といった就活対策や社会人教養を学んでいきます。
自然環境の調査の仕方を基礎から学ぶことができ、破壊された自然を守るための技術をしっかりと教えてもらうことができます。
野外での生物環境の調査やビオトープの設計や工事などの実技の時間も用意されているので、知識と技術の両方をバランスよく習得することができます。

学費詳細・費用

自然環境保全科 総額112万円
入学金:10万円
授業料:45万円
設備費:20万円
実習費:18万円
維持費:19万円

取得可能な資格一覧

生物分類技能検定2・3級、造園技能検定2・3級、2級ビオトープ施工管理士、CAD利用技術者2級、チェーンソー安全衛生教育、刈払機取扱作業者安全衛生教育、小型車両系建設機械(整地等)特別教育、環境社会検定(ECO検定)、ビジネス能力検定、日商PC検定(文書作成)、日商PC検定(データ活用)などの資格を取得できます。

就職・内定先の実績

かが森林組合、ラポーザ、環境省 佐渡自然保護官事務所、八廣園、池田林業株式会社などへの就職実績があります。

環境教育科|学費:101~200万

概要

自然環境の大切さや楽しさを伝えるネイチャーセンター職員、自然ガイド、エコツアーガイド、博物館、水族館などのお仕事に就くことを目指していく学科です。
環境教育のプログラムを市民の型や小学生を対象にして実践できるので、より本格的な体験をすることができます。
環境教育をするための基礎である、動物学、植物学、昆虫学、地球環境概論、環境法規などだけでなく、野外実習や佐渡実習、亜熱帯生態系実習、冬山実習など実践的な授業も多く組み込まれています。
環境教育でも実習授業が組まれており、環境教育実習や環境教育プログラム特別演習、木工工作実習などがあります。
自然展示・博物学では、自然展示論、色彩学といった講義だけでなく、自然展示実習、デザイン演習、DTP演習と実務の時間があるので、将来自然環境を伝えて行くお仕事をする際に即戦力として活動することができるレベルの能力を身につけることができます。

学費詳細・費用

環境教育科 総額112万円
入学金:10万円
授業料:45万円
設備費:20万円
実習費:18万円
維持費:19万円

取得可能な資格一覧

キャンプインストラクター、生物分類技能検定2・3級、DTP検定ディレクション(Ⅱ種)、色彩検定3級、プロジェクトWET、プロジェクトワイルド、普通救命講習、チェーンソー安全衛生教育、刈払機取扱作業者安全衛生教育、日商PC検定(データ活用)、日商PC検定(文書作成)、ビジネス能力検定、環境社会検定(ECO検定)、日商販売士検定3級などの資格取得ができます。

就職・内定先の実績

株式会社サニックス、裏磐梯ビジターセンター自然体験活動運営協議会などへの就職実績があります。

環境ビジネス科|学費:101~200万

概要

環境エンジニア、環境調査技術者、水処理技術者、環境分析技術者といった職業を目指し、エコな環境について考えて、環境保全について考えていく学科です。
理系の方でなくてもしっかり基礎から勉強していくので、エコ環境に興味があり勉強したいと熱意のある方にはピッタリです。
化学や電気だけではなく、エコエネルギー、環境分析、環境浄化の視点から環境問題について考えていきます。
幅広い知識を身につけて、いろんな観点から問題解決の糸口を見つけられる人材へと育ててくれます。
環境技術の基礎である地球環境概論、基礎化学、有機化学、環境法規、電気工学を徹底的に学び基礎固めをしっかりとしていきます。
エコエネルギーについては、自然エネルギー論、エネルギー工学実習、省エネルギー概論、環境設備基礎実習などを学び、公害防止技術論、環境測定分析論、環境リスク管理学、環境保全実習といった公害防止や環境浄化についても学習していきます。
リサイクル技術やエコマテリアル論といったリサイクルや環境素材も学ぶことができ、環境について幅広い技術と知識を身につけることができます。

学費詳細・費用

環境教育科 総額112万円
入学金:10万円
授業料:45万円
設備費:20万円
実習費:18万円
維持費:19万円

取得可能な資格一覧

公害防止管理者(水質)1種、環境測定分析士3級、環境計量士(濃度)、太陽光発電アドバイザー、第二種電気工事士、危険物取扱者、CAD利用技術者2級、日商PC検定(データ活用)、日商PC検定(文書作成)、ビジネス能力検定、環境社会検定(ECO検定)、日商販売士検定3級などの資格を取得できます。

就職・内定先の実績

株式会社トラッドシステム、緑水工業株式会社などへの就職実績があります。

日本自然環境専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

3年間で自身が学びたいことをじっくり学ぶことができる学校です。
他教科の授業を受けることもできるので、知識をどんどん広げることができました。
必須科目を受けていれば取得できる資格もあり、試験対策も丁寧に対応してくれるので迷うことなく勉強に集中することができました。
学生のうちにたくさん資格を取得できるのがとても魅力的な学校です。
駅からも近くて通学もしやすいです、
機械や実験機器が充実しているので、あらゆる研究に挑むことができました。
生徒数が少ないので同学年はもちろんですが、先輩後輩とも関わりがありとても雰囲気のよい学校です。

口コミ元

ネガティブな口コミ

実習室へ移動するのに歩きではなく車や自転車を利用しなければならないのが大変でした。
ちょっと遠いかなと思います。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*