YIC京都ペット総合専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-24

公開日:2019-06-12

         

YIC京都ペット総合専門学校は京都府にある動物・植物・農業系の専門学校です。
YIC京都ペット総合専門学校は学校法人に認可されています。

YIC京都ペット総合専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
YIC 動物・植物・農業系 京都府京都市下京区油小路通塩小路下る西油小路町27番地 認可

姉妹校の情報

YICでは、グループ校として京都工科自動車大学校、京都ビューティ専門学校、京都日本語学校、ビジネスアート専門学校、公務員専門学校、ビューティモード専門学校、リアビリテーション大学校、看護福祉専門学校、キャリアデザイン専門学校、保育&ビジネス専門学校、多々良幼稚園があります。

YIC京都ペット総合専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR京都駅

YIC京都ペット総合専門学校の入試情報

AO入試:書類審査、面接、体験授業
一般入試:書類選考、面接、適性試験

YIC京都ペット総合専門学校のオープンキャンパス情報

YIC京都ペット総合専門学校では学校見学会やオープンキャンパスの機会を定期的に設けており、体験授業を通じて学校生活を疑似体験することができます。
オープンキャンパスに参加すると、参加者全員に「参加証明書」が発行され、これにより推薦入試・一般入試での面接試験、適性試験が免除となるため、入学を希望している学生さんはぜひ参加しておきましょう。
また、遠方からオープンキャンパスに参加する場合には交通費補助制度が設けられているため、オープンキャンパスへの学生さんの積極的な参加を促しています。
参加にあたっては、メールやホームページからの申し込みが必要となる場合もあるため、こまめに情報をチェックしておきましょう。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

ペット総合科|学費:201~300万

概要

ペット総合科は2日年間の学習でトリマーやドッグトレーナー、ペットアドバイザーを目指すコースで文部科学大臣から「職業実践専門課程」に認定されています。
このコースでは、1年次後期から実習の機会を多く設けており、実践的な知識を徹底的に指導し、卒業後即戦力として活躍できるようカリキュラムが組まれています。
また、多くのブリーダーと契約しているため、実習で扱う犬種の種類も豊富で、あらゆるケースに対応できる応用力も養うことができます。
また、京都で唯一JKC公認トリマーC級ライセンスの取得が可能なコースであり、世界的にも認知度の高い公認資格を取得することにより、自らの高い技術力を証明することができるため、卒業後の進路を有利に進めることができます。

学費詳細・費用

ペット総合科(2年制) 総額269万円
入学金:15万円
授業料:204万円
教材費:50万円

取得可能な資格一覧

ペット総合科は文部科学大臣より「職業実践専門課程」に認定されたコースであり、卒業するとJKC公認トリマーC級ライセンスを取得することができます。

就職・内定先の実績

イオンペット株式会社、ひごペットフレンドリー京都店、株式会社AHB、株式会社ディーズロジュワン犬の幼稚園、アニコム損害保険株式会社など、全国各地の多くのペットショップや動物病院、ペット保険を扱う損害保険代理店への内定者を輩出しています。
YIC京都ペット総合専門学校では、学生が実際の現場を体験して適性を確認する機会としてインターンシップを積極的に支援しており、実践的な経験も蓄積できることから、就職活動を有利に進めることができるようです。
また、ペット総合科においてはJKC公認トリマーC級ライセンスの取得ができることから、高い水準の技能を持っていることが証明でき、受け入れ先においても安心して採用することができるようです。

動物看護科|学費:201~300万

概要

動物看護科は2年間の学習で動物看護師、ペットショップフロアスタッフ、ブリーダーを目指すコースで国際規格ISO29990の認証を取得しているため、国際的にも高度な水準での動物看護の教育を行なっています。
このコースでは現役の獣医師が常勤しており、生徒の看護力や知識の定着をバックアップしています。
また、公益社団法人京都市獣医師会に所属している会員病院と連携して、様々な事例を踏まえた実践的な指導を行なっているため、現場で起こっているあらゆる事象に対する応用力を養うことができます。
また、2年間で動物看護に関する授業科目を2,280時間実施し、動物看護師統一認定試験を受験するための資格を獲得することができます。

学費詳細・費用

動物看護科(2年制) 総額269万円
入学金:15万円
授業料:204万円
教材費:50万円

取得可能な資格一覧

卒業によって認定動物看護師の受験資格が与えられます。
また、動物衛生看護師、愛玩動物飼養管理士、ペット販売士の資格も取得可能です。

就職・内定先の実績

ダクタリ動物病院京都医療センター、はせ犬と猫の病院、有限会社ケー・エー・シー草津犬猫病院、あおぞら動物医療センター、ペットプラザ・カインズホームなど、数多くの動物病院への内定者を多数輩出しています。
これらの実績を生み出すことができる理由としては、実際の現場で起こりうることを想定した実践的な教育が行われていることにあります。
国際規格ISO29990の認証を取得した国際的にも高水準の指導を行なっており、京都市獣医師会の会員病院での実践的な現場実習を徹底的に行うことで、現場ですぐに活躍できる即戦力を毎年輩出できる体制を整えています。
さらに、学校には獣医師が常勤しており、学生さんが動物看護の知識について知りたいときにすぐにフォローアップができるようになっています。
これらの丁寧な指導により、動物病院で求められるレベルまで確実に学生さんを引き上げています。

YIC京都ペット総合専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

就職に関してのサポートが充実しており、卒業後に転職したい場合でも相談できるなど、親身になって対応してくれる。
入学する前に一泊二日の研修合宿があるため、入学前から他の入学生と仲良くなることができる。
京都駅からのアクセスが良いため通いやすく、掃除のスタッフもいるため校舎は清潔に保たれている。
先生と生徒の距離が近く、気軽に質問できるため、学んだことをしっかり身につけることができることに加え、授業では実習が多いため、座学だけでなく実践的な技術を身につけていくことができる。

口コミ元

ネガティブな口コミ

2年間で国試に挑むカリキュラムとなっているため、授業が忙しく、授業の終了時間が延びることもしばしばあるため、アルバイトなどのスケジュールに影響が出ることがある。
また、頭髪指導などの私生活に関する指導もあり、自由度はやや低く、黒髪以外だと卒業式に出席できなかったりもする。
ご飯を食べるところが少なく、キャンパスから最寄りのコンビニまでは少し歩くため、不便を感じることがある。
設備に関しては徐々に増えていっている段階のため、現状不足していると感じるところがある。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*