岡山プロフェッショナル・ビューティ 専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

岡山プロフェッショナル・ビューティ 専門学校は岡山県にあるメイク・ネイル・エステ系の専門学校です。
岡山プロフェッショナル・ビューティ 専門学校は学校法人に認可されています。

基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
メイク・ネイル・エステ系 岡山県岡山市北区下伊福2丁目6-4 認可

姉妹校の情報

姉妹校はありません。

パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR岡山駅/JR吉備線備前三門駅

入試情報

入試についての情報は記載がないようです。

オープンキャンパス情報

岡山プロフェッショナル・ビューティー専門学校では、月2回ほどオープンキャンパスを開催しており、エステや学校のことなど相談できます。オープンキャンパスに参加することで、入試検定料10,000円が免除されます。
フェイシャルエステやボディエステ、メイクやネイルのいずれかの体験をすることが可能です。
オープンキャンパスでは、実際の授業を模擬体験することができ、入学後の不安を解消することができます。
また、自分のエステやメイル、ネイルに対する興味度をチェックすることで、学習意欲を確認できます。
チャレンジ体験として、1日で2科目(エステ授業とネイルまたはメイク授業)に参加して合格することで、入学試験(筆記試験と面接)が免除されます。
オープンキャンパス参加特典として、ケーキとお茶、可愛いポーチがもらえます。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

トータルエスティック学科|学費:101~200万

概要

トータルエスティック学科は、定員20名の2年制のエステティシャンを目指すための学科です。
学生間・教育間でよりよくコミュニケーションがとれすように担任の先生がついています。
また、全教員が参加して話をするホームルームの時間もあります。
2000時間の授業が設定されており、教科書にないエステ技術を学びならが「美」の追求をします。
CPコスメティック正規代理店やエステティックサロン・ネイルサロンの協力により、実習という貴重なインターン制度が用意されています。
お客様と直接対話することで、実践授業だけでなくエスティック業界がどんな役割を果たしているかということや卒業後の自分をイメージしながら実習します。
お客様との信頼関係を築くために、セラピーの技術も学びます。
セラピー&ブライダルメイクでは、ブライダルメイクは通常のメイクとは違い、衣装や会場、さらに顔立ちに合わせて華やかなメイクとセンスを習得します。
色彩学では、色彩知識や配色知識理論・技術を身につけ、たくさんの色の中からその人に合う色を選ぶことで人の魅力をアピールする方法を提案できるスペシャリストを目指します。

学費詳細・費用

トータルエステティック学科初年度納入金の情報はありますが、2年目については情報がありません。初年度納入金 総額:136万円
入学金:10万円

取得可能な資格一覧

国際ライセンスCIDESCOを目標とした学科です。
受験をして合格することで取得できる資格ですが、CIDESCO 国際エステティシャン、JMA 日本メイクアップ技術検定、JNEC 日本ネイリスト技能検定、JNA ジェルネイル技能検定、パーソナルカラリスト検定、AJESTHE 認定上級エステティシャン、JMA 日本メイクアップアドバイザー、AEAJ アロマテラピー検定、AEAJ アロマテラピーアドバイザーを目指すことができます。

就職・内定先の実績

トータルエスティック学科とエステビューティー学科の両科の内定先になりますが、(株)ソシエワールド、(株)TBC、たかの友梨ビューティクリニック、(株)エルセーヌ、(株)ルネティルタ、(株)グランモア、(株)スリムビューティハウス、(株)ココサロ、(株)エイチ・ツー・オー、(株)ボディワーク、(株)メディカル・エステティック サロンド・フローラ、(株)スカイゲート、(一財)日本ボディセラピスト協会、(株)トータルボディ、(株)エスパースなど、すべての卒業生が美容業界で活躍しています。

エステビュティ―学科|学費:101~200万

概要

エステビューティー学科は定員20名の1年制で、岡山県唯一のエステティック協会1,000時間以上コースの認定校です。
卒業時には、日本エスティック協会「認定上級エステティシャン」の資格取得を目指す学科です。
学生間・教員間のコミュニケーションを深めるために担任制に加えて、HR(ホームルーム)に全教員が参加して対話する時間が持たれています。
認定上級エステティシャン痔核の受験条件を上回る1,100時間の修業時間を確保することで、短期間でエステティシャンとしての実力を身につけます。
エステサロンでの需要に全体的な対応ができるように、エステティックだけでなく、ネイルやメイクの技術も学びます。
CPコスメ岡山県正規代理店の代表取締約社長が岡山プロフェッショナル・ビューティ専門学校の理事長・学校長でもあることから、県内約82店舗を展開するサロンでサロン研修をします。

学費詳細・費用

初年度納入金の情報はありますが、詳細の記載はないようです。
初年度入学金:136万円
入学金:10万円

取得可能な資格一覧

認定上級エステティシャンが目標の学科です。
受験して合格することで、AJESTHE認定上級エステティシャン、JMA日本メイクアップ技術検定、JMAメイクアップアドバイザー、JNEC日本ネイリスト技能検定、JNAジェルネイル技能検定、AEAJアロマテラピー検定、AEAJアロマセラピーアドバイザー、パーソナルカラリスト検定の資格取得を目指すことができます。

就職・内定先の実績

トータルエスティック学科とエステビューティー学科の両科の内定先になりますが、(株)ソシエワールド、(株)TBC、たかの友梨ビューティクリニック、(株)エルセーヌ、(株)ルネティルタ、(株)グランモア、(株)スリムビューティハウス、(株)ココサロ、(株)エイチ・ツー・オー、(株)ボディワーク、(株)メディカル・エステティック サロンド・フローラ、(株)スカイゲート、(一財)日本ボディセラピスト協会、(株)トータルボディ、(株)エスパースなど、すべての卒業生が美容業界で活躍しています。

パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

岡山プロフェッショナル・ビューティー専門学校への良い口コミ投稿は特に情報がないようです。
卒業生の声として、岡山プロフェッショナル・ビューティー専門学校の魅力は「エステティック以外にもたくさんのことを学ぶことができるため、知識の幅が広がる」、「仕事をする上で必要な接客力やマナーを身につけることができる」などが挙げられています。

口コミ元

ネガティブな口コミ

岡山プロフェッショナル・ビューティー専門学校への悪い口コミ投稿は特に情報がないようです。

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*