大原簿記公務員専門学校新潟校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2019-09-20

公開日:2019-08-21

         

大原簿記公務員専門学校新潟校は新潟県にあるビジネス・金融・不動産系の専門学校です。
大原簿記公務員専門学校新潟校は学校法人に認可されています。

大原簿記公務員専門学校新潟校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
大原 ビジネス・金融・不動産系
公務員・政治・法律系
新潟県新潟市中央区花園1‐3‐3 認可

姉妹校の情報

全国各地にビジネス、簿記、医療事務、プログラマ、ゲーム、スポーツなどあらゆる姉妹校があります。

大原簿記公務員専門学校新潟校の
パンフレット・資料を見る

入試・オーキャンコース詳細

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR新潟駅

大原簿記公務員専門学校新潟校の入試情報

AO入試:面接
推薦入試:書類
一般入試:書類

大原簿記公務員専門学校新潟校のオープンキャンパス情報

大原簿記公務員専門学校では、土日にオープンキャンパスを実施しており、学校見学や進路相談においては希望があれば毎日対応しています。
無料の送迎バスがありますので、保護者や友人と一緒に利用することができます。
予約制になっているので利用する3日前には連絡を入れましょう。
オープンキャンパス当日は、みんなで昼食をとり、体験入学が始まります。
体験入学では、入学後にどんな勉強をするのか、どういった授業の進めかたなのか、先生がどんな感じなのかなどを体験することができます。
大原には多くのコースがあるので、どのコースにするか悩んでいる方は興味のあるコースをいくつも受けてみることも可能です。
学校説明の時間も設けているので、学校の雰囲気や学生について、入試や卒業後の将来について話を聞くことができます。
最後に個別相談の時間もありますので、先生とじっくり話をしたい方はこちらで相談するものおすすめです。
親身になってくれる先生ばかりなので、安心して相談することができます。

コース詳細・著名な卒業生

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。
クリックすると詳細がご覧になれます。

国家公務員・地方初級|学費:101~200万

概要

公務員試験に大変強く、公務員一次試験に合格率は94%以上となっています。
この高い合格率の秘訣はいくつかあり、まずは大原オリジナルの教材を利用していることです。
歴史のある大原は、長年の公務員試験対策のノウハウを持っています。
最新の公務員試験をみつつ、これまでの公務員試験の出題傾向を分析し、どういった部分の学習が必要なのか、重点的に学習が必要な箇所、そうでない箇所を熟知しています。
教材は毎年改定されるので、その歳に必要となるであろうホットな教材となっています。
不要な情報は一切ないので、無駄なく学習することが可能です。
そして、大原では公務員試験前ではなく、入学時から面接のトレーニングが始まります。
実質約1年半ほどのトレーニング期間があるので、本番の面接までには感覚を掴むことができ、自分の言葉で思いを面接官に伝えることができるレベルまで達することができます。
早期入学した生徒には公務員試験に出題される内容を勉強することができるWeb通信講座を受講することができます。
学費免除など奨学金制度もあるので対象になるか否かを事前に確認しておきましょう。

学費詳細・費用

国家公務員・地方初級 総額114万円
入学金:18万円
授業料:58万円
教材費:8万円
維持費:20万円
実習・演習費:10万円

取得可能な資格一覧

取得できる資格はありません。

就職・内定先の実績

国家公務員、参議院事務局職員、衆議院事務局職員、市区町村職員、税務職員、裁判所、都道府県庁職員、学校事務員などへ就職しています。

ビジネス・経理・事務・販売|学費:101~200万

概要

あらゆるビジネスシーンで役立つ日商簿記や、サービス接遇検定、色彩検定、マクロソフトオフィススペシャリストなどの資格を取得し、就職率は99%超える高い実績を誇っています。
経理・事務のコースでは、経理財務、事務職といったあらゆる職種に対応できるパソコンの技術や会計を学習します。
会計の授業では、実際に企業が利用している会計ソフトを利用して実習をすることができます。
販売・営業コースでは、実際にお店に出向いて販売の仕事を体験することができ、技術を習得することができます。
お客様目線で、どのように商品を見せたらよいのか、どのようにしたらお客様がお買い物がしやすいかなどを考えるショップレイアウト実習や、売れる抄本を作るためのマーケティングの知識を学ぶマーケティング実習や、お客様やクライアントなどへ新商品発表や企画提案などのテクニックを身につけるプレゼンテーション実習などもカリキュラムに組み込まれています。
ビジネス総合、オフィスビジネス、経理ビジネス、流通・マーケティングビジネスなど細かくコースが別れていますが、幅広い授業展開をしてくれるので勉強を進めながら将来やりたいことを探すことができるます。

学費詳細・費用

ビジネス・経理・事務・販売 総額114万円
入学金:18万円
授業料:58万円
教材費:8万円
維持費:20万円
実習・演習費:10万円

取得可能な資格一覧

日商簿記、全経簿記、サービス接遇、色彩、マイクロソフトオフィススペシャリストなどの資格を取得することができます。

就職・内定先の実績

大手企業から中小企業まで、あらゆる業種・職種で活躍しています。

警察官・消防官|学費:101~200万

概要

警察官、消防官、公務員総合、公務員&民間就職などのコースがあり、警察官や消防官になるかならないかまだ迷っている方でも対応できるコース展開となっています。
また、1年で公務員試験を受講した方の為のコースも用意されているので、最短での合格を目指す方にもおすすめのコースです。
歴史と実績のある大原のノウハウから作られたカリキュラムでしっかりと学習し警察官や消防官の合格を目指していきます。
過去の合格率は94%を超えており、合格率は他校と比べても高いです。
警察官や消防士試験に出題される問題を毎年十分に分析を重ねた大原独自のオリジナル教材で学習することができるので、効率的に学習をすることができます。
面接トレーニングは入社時からカリキュラムに組み込まれており、警察官・消防官それぞれの試験に応じた面接対策をしてくれます。
マンツーマンのトレーニングとなるので、先生がしっかりと丁寧に対策をしてくれます。

学費詳細・費用

警察官・消防官 総額114万円
入学金:18万円
授業料:58万円
教材費:8万円
維持費:20万円
実習・演習費:10万円

取得可能な資格一覧

取得できる資格は特にありません。

就職・内定先の実績

警察官、消防官、自衛隊などへの就職実績があります。

情報・SE・プログラマ|学費:101~200万

概要

ITパスポートや日商簿記検定などの就職で有利になるような資格を取得し、パソコン実習、ビジネスマナー実習などから卒業後に即戦力として働くことができる知識や技術を習得することができます。
データベース、Java言語自習、ソフトウェア、アルゴリズム、セキュリティ、開発技術、商業簿記、工業簿記などを学習し、ITを学んでいきます。
実践実習では、C言語やJava言語実習、インターネット技術を利用したWebの仕組みを理解するためのWebシステム開発実習、アプリ開発実習などがあり、座学の学習だけでなく実務から学ぶことができる時間が多くあります。
システム設計から運用までの一連のシステム開発をし、現役のエンジニアに提案をするプログラミングコンテストが実施され、自身のプログラミングのレベルや技術を見てもらうことができます。
実際に全ての工程に関わることができ、現役エンジニアから直々に評価をもらえることから、生徒には非常によい経験となり、更に上のレベルを目指すことができます。

学費詳細・費用

情報・SE・プログラマ 総額114万円
入学金:18万円
授業料:58万円
教材費:8万円
維持費:20万円
実習・演習費:10万円

取得可能な資格一覧

基本情報技術者、ITパスポート、情報技能力、応用情報技術者、マイクロソフトオフィススペシャリストなどの資格を取得することができます。

就職・内定先の実績

大手企業から中小企業まで、あらゆる業種・職種で活躍しています。

大原簿記公務員専門学校新潟校を卒業した有名人

大原簿記公務員専門学校新潟校を卒業した有名人のデータは特にないようです。

大原簿記公務員専門学校新潟校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

公務員になりたい!という方にはとてもよい学校です。
一次試験はほぼ合格しています。
就職活動にも先生が協力的で企業を紹介してくれたり、書類の添削などしてくれました。
生徒それぞれの学力順のクラスになっているので、授業についていけないということはなかったです。
もし分からないことがあっても、先生がしっかりと教えてくれるので、安心して勉強に取り組むことができました。
駅前に校舎がありアクセスが非常によく、飲食店も多いので学校が終わった後に食事にいったりすることができました。
棟にもよりますが校舎も綺麗で、パソコンもあったり施設は充実していました。

口コミ元

ネガティブな口コミ

短期間であることもあり、授業を詰め込んだ感じがしました。
日商簿記3級は必ず受験し、1級となると合格者はだいぶ少なくなります。
税理士や会計士の勉強もできるが、教えられる講師がいない為、VODシステムの講座を受けることとなります。
パンフレットに記載されている学費の他に、試験や行事など自己負担が必要なものが後から出てきました。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*