大原簿記情報専門学校札幌校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2019-09-20

公開日:2019-08-21

         

大原簿記情報専門学校札幌校は北海道にあるビジネス・金融・不動産系の専門学校です。
大原簿記情報専門学校札幌校は学校法人に認可されています。

大原簿記情報専門学校札幌校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
大原 ビジネス・金融・不動産系
IT・コンピュータ・Web系
北海道札幌市北区北6条西8丁目 認可

姉妹校の情報

大原学園北海道・東北エリアグループ校に、大原医療福祉専門学校、大原法律公務員専門学校、大原簿記公務員情報医療専門学校函館校、大原簿記情報ビジネス医療福祉専門学校盛岡校、大原スポーツ公務員専門学校盛岡校、仙台大原簿記情報公務員専門学校山形があります。

大原簿記情報専門学校札幌校の
パンフレット・資料を見る

入試・オーキャンコース詳細

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR札幌駅/地下鉄札幌駅

大原簿記情報専門学校札幌校の入試情報

AO入学:書類選考、面接
一般入学・各種推薦入学:書類選考
大学・短大生特別入学:書類選考

大原簿記情報専門学校札幌校のオープンキャンパス情報

大原簿記情報専門学校札幌校では、随時オープンキャンパスが開催されています。
オープンキャンパスでは、学校紹介にて入学方法から、入学後の生活・授業・取得できる資格など細かく説明を受けることが出来ます。
校舎見学は在校生が案内してくれるので、リアルな学園生活について知ることが出来ます。
オープンキャンパスの最後は在校生とケーキを食べながら座談タイムがあるので和気あいあいと過ごすことが出来ます。
オープンキャンパス以外にも、月曜日から土曜日は、学校見学&進路相談が開催されています。

コース詳細・著名な卒業生

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。
クリックすると詳細がご覧になれます。

ビジネス・経理・事務・販売分野|学費:101~200万

概要

ビジネス・経理・事務・販売分野には、事務専攻と総合ビジネスが設置されています。
事務職専攻では、日商簿記1級取得し、事務部門のスペシャリストを目指すコースとなっています。
さらに、国家資格であるFP技能士を取得して、入出金の管理・給与計算・利益や財産の計算・資金管理だけでなく、税金・資産運用などお金に関する知識をより深く学ぶことが出来ます。
総合ビジネスでは、入学時に将来希望する職種が決まっていなくても幅広く色々な資格の勉強を行い、就職活動の選択肢を広げることが出来ます。

学費詳細・費用

ビジネス・経理・事務・販売分野 総額194万円
入学金:10万円
授業料:64万円
教材費:8万円
維持費:14万円
実習演習費:1万円
その他、資格試験の受験料(試験ごとに千円~2万円程度)、電卓検定対策用教材(5千円程度)、学外研修費(2.5万円程度)、就職関連諸費〈外部適性検査〉(5千円程度)、卒業諸費(3万円程度)など必要となります。

取得可能な資格一覧

取得できる資格に、日商簿記検定、全経簿記検定、FP技能士〈国家資格〉、マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)、Word検定、Excel検定、漢字検定、電卓検定が取得できます。

就職・内定先の実績

就職実績に、北海道ジェイ・アール都市開発、北海道旅客鉄道、チュチュアンナ、セブン-イレブン・ジャパン、ホクレン商事、エービーシー・マート、札幌市交通事業振興公社、日本アイビーエム・ソリューション・サービス、NTT東日本-北海道、ツルハ、北海道コカ・コーラプロダクツなどがあります。

情報処理・SE・プログラマ分野|学費:101~200万

概要

情報処理・SE・プログラマ分野は、システムエンジニアコースと、Web・プログラマーコースと、情報ビジネスコースがあります。
情報処理・情報技術・コンピュータの最新技術を専門的に学びIT分野で活躍できる知識と技術を身につけることが出来ます。
基本情報技術者試験の午前試験が免除される免除対象科目履修講座となっておりますので、試験対策は、午後試験に集中して取り組めるので、基本情報技術者資格取得に有利となっています。

学費詳細・費用

情報処理・SE・プログラマ 総額194万円
入学金:10万円
授業料:64万円
教材費:8万円
維持費:14万円
実習演習費:1万円
その他、資格試験の受験料(試験ごとに千円~2万円程度)、電卓検定対策用教材(5千円程度)、学外研修費(2.5万円程度)、就職関連諸費〈外部適性検査〉(5千円程度)、卒業諸費(3万円程度)など必要となります。

取得可能な資格一覧

取得できる資格に、基本情報技術者(国家資格)、応用情報技術者(国家資格)、Java(Web・アプリ開発・業務システム)、PHP(Web 開発言語)、CSS(Web スタイル言語)、JavaScript、フレームワーク、Python、データベース(SQL)、ネットワーク(TCP/IP)、セキュリティ技術(ファイアウォール)、クラウドサーバ技術・仮想化技術、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)、Word 検定、Excel 検定などがあります。

就職・内定先の実績

就職実績に、北海道ジェイ・アール都市開発、北海道旅客鉄道、チュチュアンナ、セブン-イレブン・ジャパン、ホクレン商事、エービーシー・マート、札幌市交通事業振興公社、日本アイビーエム・ソリューション・サービス、NTT東日本-北海道、ツルハ、北海道コカ・コーラプロダクツなどがあります。

公認会計士・税理士分野|学費:201~300万

概要

公認会計士・税理士分野は、4・2年制公認会計士/公認会士チャレンジと4・2年制税理士/税理士チャレンジの2種類あります。
4・2年制公認会計士/公認会士チャレンジでは、常に最新の試験傾向の分析と試験委員の対策に基づいて作成された教材を用いて、効率的に学習し公認会計士取得を目指します。
4・2年制税理士/税理士チャレンジでは、簿記初心者でも段階的に学べるカリュキュラムを用いて税理士取得を目指します。

学費詳細・費用

公認会計士・税理士2年制 総額194万円
入学金:10万円
授業料:64万円
教材費:8万円
維持費:14万円
実習演習費:1万円
公認会計士・税理士4年制 総額318万円 1年次2年次は、2年制の費用と同額費用が掛かり、3年次4年次は以下の費用が掛かります。
授業料:44万円
教材費:8万円
維持費:14万円
実習演習費:1万円
その他、検定費や研修費など実費が必要となります。

取得可能な資格一覧

目標とする資格に公認会計士、税理士があります。
その他、日商簿記検定試験、全経簿記検定試験、BATIC、社会保険労務士 を取得することが出来ます。
4年制コースは、卒業と同時に高度専門士を取得することができます。

就職・内定先の実績

就職実績に、税理士法人エンカレッジ、ホクレン商事、北海道信用金庫、北門信用金庫、税理士法人さくら総合会計、札幌中央信用組合などがあります。

大原簿記情報専門学校札幌校を卒業した有名人

大原簿記情報専門学校札幌校を卒業した有名人のデータは特にないようです。

大原簿記情報専門学校札幌校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

授業が分かりやすく、親身に相談にも乗ってくれたり、就活も手厚くフォローしてくれたのと友人にも恵まれた学生生活をおくれました。
高校までの先生と比べると格段に分かりやすかったです。
難しい話をしてるにもかかわらず理解することができました。
授業がリアルタイムでみれないときにはVODというものがあり、その映像を自由に見ることができたので世勝手です。
わからないことがあるときは東京の先生直通の電話等もあり、充実していました。
就職活動のサポートは、ひとりひとり面接練習も行ってくれ、しっかりしています。
志望動機やESのアドバイスなどもしてくれるので一人で就職活動をしているという感じがなく心強かったです。

口コミ元

ネガティブな口コミ

私の場合は、就職を斡旋してくれず、結局自分でハローワークなどで探したので意味がなかったと感じます。
就職率はいいかもしれませんが、先生は3年勤務しているしている卒業生がほとんどだといっていましたが、卒業して2年程ですがすでに辞めている人もけっこういたので、とりあえず就職させればいいという印象を受けました。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*