東京製菓学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2020-01-30

         

東京製菓学校はにある製菓・調理・栄養系の専門学校です。
東京製菓学校は学校法人に認可されています。

東京製菓学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
製菓・調理・栄養系 東京都新宿区高田馬場1-14-1 認可

姉妹校の情報

姉妹校に、韓国の東京製菓学校ソウルオフィスがあります。

東京製菓学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR山手線高田馬場駅/西武新宿線高田馬場駅/東京メトロ副都心線西早稲田駅 /東京メトロ東西線高田馬場駅

東京製菓学校の入試情報

AO入試:体験入学終了後面接
推薦入試:書類審査、面接
指定校推薦入試:書類審査、面接
一般入試:書類審査、面接、筆記(一般常識/作文)
入学試験の注意事項として、面接時、染髪、男子の長髪やヒゲ、または女子の厚化粧やマニキュアはその場で指導又は不合格の対象となっているので注意してください。

東京製菓学校のオープンキャンパス情報

東京製菓学校では、オープンキャンパスが随時開催されています。
オープンキャンパスでは、菓子・和菓子・パンの3コースから選択でき、仕込みから仕上げまですべての工程を体験します。
さらに、作った製品はお土産に持ち帰ることが出来ます。
専任の先生と学生スタッフのサポートがあるので、初心者でも、安心して体験実習の参加することが出来ます。
道具もエプロンも用意されているので、調理しやすい服装で参加するだけになっています。
6月から9月までのオープンキャンパス参加にて、AOエントリー資格を得て、面接はオープンキャンパス時に実施されるので、AO入学を考えている方は、開催期間に注意が必要です。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

洋菓子本科|学費:非公開

概要

洋菓子本科は、2年間でプロのパティシエを目指すための学科となっています。
洋菓子本科の特徴は、2880時間という豊富な授業時間のうち、85%にあたる2436時間が実習時間として設けられています。
製菓子実習では、スポンジ類の基本技術、デコレーションケーキの応用技術、トレトゥール、飴細工等の専門技術まで繰り返して実習が行われ、作業中に絶妙なタイミングを図る、素材の状態や変化を感じ取る、さまざまな材料の特性を見分ける目や繊細な技法を養うなど座学では学べないことを身体で覚えることで、より確かな技術を身につけることが出来ます。

学費詳細・費用

非公開

取得可能な資格一覧

取得できる資格に、技能検定2級受験資格、食品衛生責任者、職業訓練指導員受験資格の短縮、専門士があります。
卒業後、製菓衛生師資格取得セミナーを無料で受けることが出来ます。

就職・内定先の実績

就職実績に、お菓子の工房 エミール、マ・メール アンジュ、レゼルブランシュ、スイーツ ミズノヤ、ミリアルリゾートホテルズ、ユーハイム、オリエンタルホテル東京ベイ、コンラッド東京などがあります。

和菓子本科|学費:非公開

概要

和菓子本科は、2年間で、和菓子職人を目指す学科となっています。
和菓子本科の特徴は、2880時間という豊富な授業時間のうち、82%にあたる2368時間が実習時間として設けられています。
製菓子実習では、饅頭などの蒸し菓子、焼き菓子、餅菓子といった基本の和菓子、材料や製法を変えてつくってみる応用の和菓子、冠婚葬祭などに用いられる引菓子や春夏秋冬の半生菓子などの伝統工芸菓子まで繰り返して実習で作成し、座学では得られない、味・硬さ・色・香りなど、身体の五感をすべて使って塩梅の感覚を向上させることで、より確かな技術を身につけることが出来ます。

学費詳細・費用

非公開

取得可能な資格一覧

取得できる資格に、技能検定2級受験資格、食品衛生責任者、職業訓練指導員受験資格・専門士などがあります。
卒業後、製菓衛生師資格取得セミナーを無料で受けることが出来ます。

就職・内定先の実績

就職実績に、太郎庵、まるやま千栄堂、浦和花見、菓匠 京山、寶来屋本店、鶴屋吉信、仙太郎、文銭堂本舗、新正堂、虎屋、塩野などがあります。

パン本科|学費:非公開

概要

パン本科では、2年間でプロのブーランジェを目指す学科となっています。
パン本科の特徴は、2年間で2600時間という豊富な授業時間のうち、81%にあたる2144時間が実習時間として設けられています。
製パン実習では、食パンや菓子パンをはじめ、様々なパンを、絶妙なタイミングで調理する、発酵や焼成の状態や変化を感じ取る、さまざまな材料の特性を見分ける目を養うなど座学では学べないことを身体で覚えることで、より確かな技術を身につけることが出来ます。

学費詳細・費用

非公開

取得可能な資格一覧

パン本科の取得できる資格に、技能検定2級受験資格の取得・食品衛生責任者取得、専門士などがあります。
卒業後、製菓衛生師資格取得セミナーを無料で受けることが出来ます。

就職・内定先の実績

就職実績に、グンイチパン、デイジイ、プリンスホテル、ZOPF、ピーターパン、ホテルオークラ東京ベイ、ミリアルリゾートホテルズ、ブーランジェリーメゾン ユキ、アクアなどがあります。

東京製菓学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

洋菓子、和菓子、パンのスペシャリストの勢揃いだけでなく外部講師としてくる先生方もその業界の有名人ばっかりです。
先生方の技術指導はとても丁寧で優しく教えてくれます。
パンを作ったことない方でも全然焦ることなくみんなについていけます。
お菓子作り、パン作りに必要なものは全部揃っています。
同じ学科の生徒であればすぐに仲良くなれますし、同じ学科だけじゃ物足りないという方にはバスケサークルに入って友達を増やすことも可能です。
本校は他の製菓専門学校と比べ圧倒的に実習量が多いです。
高校のときの部活動のように実習を重ね、日々努力していくことでやりがいを感じることができます。
朝・夕に自習できる時間があり、私はこの時間に自分の苦手な工程を先生と一対一で教えてもらっています。
本当にどの製菓専門学校よりも実習量が多いです。
本気でパティシエになりたい、このお店に弟子入りしたい、っと言う方にオススメな製菓専門学校です。
アイスクリームマシーン、真空調理機、石窯もあるなどもあり、いろいろ設備が揃っています。

口コミ元

ネガティブな口コミ

学校施設は、運動できるとこやロッカーが狭いのが残念です。
製菓衛生師の受講資格には座学の時間が少ないとのことで、学校とは別に洋菓子店で2年働く必要があります。技術は身に付きますが資格がほしいのであれば他の学校をおすすめします。
実習はかなり充実していますが、座学はあたりはずれがあります。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*