日本調理技術専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2020-08-25

         

日本調理技術専門学校は福島県にある製菓・調理・栄養系の専門学校です。
日本調理技術専門学校は学校法人に認可されています。

日本調理技術専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
製菓・調理・栄養系 福島県郡山市安積4-229 認可

姉妹校の情報

姉妹校はありません。

日本調理技術専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR安積永盛駅

日本調理技術専門学校の入試情報

推薦入試:書類審査、面接
一般入試:書類審査、面接(筆記試験を行う場合あり)
AO入試:オープンキャンパス参加、面接

日本調理技術専門学校のオープンキャンパス情報

日本調理技術専門学校では、オープンキャンパスを毎年10回以上も開催しています。
校舎の案内や学校に関する説明はもちろんのこと、卒業生の多くが就職する料理業界についての話や、料理人という仕事の面白さなど幅広い話を聞くことができます。
食と料理の魅力を知ることができる内容なので、入学後だけでなく自分が料理業界で働くことのイメージまでしやすいです。
また、体験実習では製菓や日本料理など毎回異なるテーマで、校内の調理実習室を使用して体験することができます。
一度社会に出た後に、夢を叶えるために調理を学びたいけれども不安が大きいという方を対象とした社会人・既卒者向けの特別オープンキャンパスも開催しています。
同じように既卒で入学した学生やOBの学生生活や卒業後の活躍の様子を実例として知ることができ、社会人対象の個別就職ガイダンスの取り組みなども詳しく説明してもらえますので、入学に向けて背中を押してくれる内容となっています。
土日は仕事がありオープンキャンパスに参加できないという場合も、事前に連絡をすれば開校中はいつでも校舎見学を受け付けており、案内してもらえます。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

調理師本科|学費:201~300万

概要

調理師本科は1年制、2年制の2コースから成り立ちます。
1年制コースでは、栄養学や食品衛生といった調理の現場で求められる基礎知識を学びます。
また、実務経験豊富な講師陣が調理技術指導にあたるだけでなく、客員教授として全国から有名な料理人・シェフを招いた講義も行われます。
各界の第一線で活躍する憧れのプロが、極めた技を目の前でデモンストレーションしてくれる機会はあまりないので、モチベーションを上げてくれる特別な経験となるでしょう。
2年制コースでは、1年次に学ぶ基礎知識と技術に加えて、2年次には専攻に分かれてより専門性を高めることができます。
日本料理、中国料理、西洋料理と自分の興味に合わせた調理の高い技術を学ぶ一方で、フードビジネス経営学として店舗経営管理や独立開業に関する知識も得ることで卒業後も長く調理のプロフェッショナルとして活躍する力が養われます。
学内スタジオの「Nitcho Restaurant EIWA」ではレストラン運営実習として、完全予約制で一般のお客様をもてなします。
学んだ知識や技術をフルに活かし、仕込み・開店準備から運営・サービス、閉店までを実践することができます。
就職指導では、業界に精通した職員がキャリアサポートをしてくれて、自分に合った職場を一緒に考えてくれるので就職後の定着率も高いのが強みです。

学費詳細・費用

調理師本科2年制 総額268.0万円
調理師本科1年制 総額132.0万円

取得可能な資格一覧

卒業と同時に国家試験免除で調理師免許が取得できます。
2年制コースでは、卒業後に実務経験を経て専門調理師を学科試験免除で受験できます。
他にも、食品衛生責任者や調理師養成施設助手資格を目指すことができます。

就職・内定先の実績

卒業生はホテルオークラ、ウェスティンホテル東京、横浜ロイヤルパークホテル、オテルドミクニ、キハチ、赤坂四川飯店、筑紫楼といった県内外の人気ホテルやレストランに内定しています。
また、福島県庁、福島医科大学、太田綜合病院などにも内定し調理の仕事で活躍しています。

製菓衛生師科|学費:201~300万

概要

日本調理技術専門学校の製菓衛生師科では、パティシエとしての確かな技術と知識を身につけることができます。
1年次には調理器具の使い方や材料に関する知識、技術を和菓子、洋菓子、パンそれぞれの実習で基礎から丁寧に学びます。
2年次には、学内Cafeレストラン実習として、デザートやエスプレッソマシンを使用したカフェサービスを実際に行い、カフェビジネスをシミュレーティングしながら学んでいきます。
また、お客様に喜んでいただける食全般のエキスパートになることを目指して製菓以外の学習にも力を入れており、コーヒーやワイン、チーズやハーブといった製菓と相性の良い食材に関する知識や、フルーツカービングやフラワーアレンジ、ラッピングなど食に華やかさを添える技術も身につけることができるカリキュラムです。
就職指導では、学校主体で就職先を決めるのではなく学生本人と保護者が納得のいく就職を目指すことを方針としています。
実績が良いだけでなく、就職後に出てくる悩みなどもサポートし時には転職の相談にも乗ってくれるので、卒業後も安心です。

学費詳細・費用

製菓衛生師科 総額268.0万円

取得可能な資格一覧

製菓衛生師の国家試験受験資格を取得できます。
また、フードコーディネーター3級、食品衛生責任者を取得できます。

就職・内定先の実績

卒業生は柏屋、三万石、フルラージュなどの製菓業界有名企業に内定しています。
郡山ビューホテル、富久栄珈琲、ペニーレイン、リリエンベルグ、ブールミッシュ、マシェリーアンジュといった県内外の飲食店やカフェでも活躍しています。

日本調理技術専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

「1年生のときはきちんと基礎から学ぶことができ、2年生になれば、製菓だけでなくカフェや料理も学ぶことができました。また、細工物もできたので非常によかったと思います。」
「充実した設備の中で勉強できます。和洋中だけでなく製菓や介護食、茶道や華道も学ぶことができるので教養になります。」
「過去問もたくさん用意してくれて対策授業などもあり国試の時は自信を持って臨むことができました。」

口コミ元

ネガティブな口コミ

「最寄り駅や市街地から離れているためちょっと不便さを感じました。」
「学費は決して安いわけではありませんでした。研修旅行もとても高かったです。」
「講義は一コマ100分でとても長く感じて寝てしまったりすると思いますが寝すぎると欠席扱いになります。」

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*