富山調理製菓専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2020-08-25

         

富山調理製菓専門学校は富山県にある製菓・調理・栄養系の専門学校です。
富山調理製菓専門学校は学校法人に認可されています。

富山調理製菓専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
製菓・調理・栄養系 富山県富山市総曲輪4-4-5 認可

姉妹校の情報

富山調理製菓専門学校の姉妹校として富山リハビリテーション医療福祉大学校が隣接しており、グループ校として若狭医療福祉専門学校、青池調理師専門学校がそれぞれ福井県に設置されています。

富山調理製菓専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR富山駅

富山調理製菓専門学校の入試情報

AO入試:面談
指定校推薦:書類選考、面接
推薦入試:作文、面接
一般入試:作文、面接
社会人入試:作文、面接

富山調理製菓専門学校のオープンキャンパス情報

毎月オープンキャンパスが開催され、広く情報公開しているのが富山調理製菓専門学校の特徴の一つです。
調理技術科、製菓技術科それぞれで毎月のように実習体験メニューが変わりますので、一度の参加ではなく、何度も参加する事が前提とされているような印象を持ちます。
それを裏付けるようにオープンキャンパスにも関わらずポイントカードが用意されており、3回以上参加する事で素敵なプレゼントが用意されています。
実習体験を通じた学内案内、学科紹介はもちろん、事務的な入試説明や将来の事も含めた個別相談も実施されております。
その内容から、富山調理製菓専門学校への入学を検討されている方はもちろん、調理師免許取得や製菓衛生師に興味をお持ちの方は参加してみる事をおすすめします。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

調理技術科|学費:101~200万

概要

調理技術科では2年間の授業を通じ、調理師免許の取得とプロの料理人としての資質を身に付けられます。
富山調理製菓専門学校ではプロの料理人としての資質として、技術だけでは不足であると考えられています。
その為、おもてなしの心や、食の衛生管理、それから経営者としてマネジメントの知識といったものを学んでいきます。
とはいえ、得られた知識を思う存分使えるようになるのにも、技術が必要なのは間違いありません。
技術を確実に習得する為、毎日3時間以上、2年間のトータルで750時間以上という全国トップクラスの実習量をこなします。
ジャンルも和食、中華、フレンチと多岐に渡り、2年次からは学校併設のカフェレストランで実際にお客様相手の調理実習も行えます。
実習設備その者がホテル、レストランの厨房を想定された作りをしており、卒業後即戦力として存在感を発揮する事が可能でしょう。

学費詳細・費用

調理技術科 総額121.5万円
入学金:20万円
在学期間学費:80万円
実習費:31万円
教育・設備充実費10.5万円

取得可能な資格一覧

調理師免許を取得する事が可能です。
調理師として働くに当たって当然調理師免許は必要になります。
ただ実際に活躍するのには何よりも実際の調理経験が重要になる事は間違いありません。
調理技術科では免許取得と同時に、実際の店舗ですぐに活躍出来るような授業を受ける事が出来ますので、資格以上に得られるものは多いと考えて良いでしょう。

就職・内定先の実績

富山調理製菓専門学校は2017年に新設された事もあり、今の段階で具体的な内定先情報はありません。
ただ、取得資格及び現在の求人説明会の参加企業から、レストラン、ホテル、料亭、病院等の調理師、フードスタイリスト、料理研究家といった道もあり得るでしょう。
富山県内の飲食物調理業の有効求人倍率は2.69倍(2019年12月富山県調べ)と売り手市場となっており、調理師免許取得後の就職に困る事は無いと考えられます。

製菓技術科|学費:101~200万

概要

製菓技術科は富山調理製菓専門学校が富山の中心部にある事を最大限に活かしているのが特徴です。
製菓衛生師の受験資格を取得出来るのが目的で入学される方が多いのは事実でしょうが、実際製菓衛生師を取得したとしてもパティシエ等で活躍するに当たって必要なのは免許だけではありません。
だからこそ製菓技術科は受験資格、資格の取得は通過点と考え、真に自分の夢、目標を実現する為に必要な経験を積む事を重要視しています。
ベースとして必要な技術を習得する為に毎日3時間以上の、在学期間トータルで750時間以上の実習時間を確保し、基礎技術は完璧なものにする事が可能です。
さらに2年次からは実際に学校併設のカフェで一般の方向けに調理、販売する事で調理師のみならず、販売者としてのノウハウも身に付けられます。
何よりも地元企業との連携のもと、大量生産の技術や接客マナー、そして地元食材を利用した新メニューの開発等、プロとして活躍する際に実際に行う業務を経験出来るのは大きなメリットと言えるでしょう。

学費詳細・費用

製菓技術科 総額121.5万円
入学金:20万円
在学期間学費:80万円
実習費:31万円
教育・設備充実費:10.5万円

取得可能な資格一覧

卒業時に国家試験である製菓衛生師の受験資格を取得する事が可能です。
通常の菓子製造業等に就職するだけであればこの資格の必要性は薄いのですが、将来的にパティシエやシェフとして活躍する、或いは独立するに当たっては大前提となる資格となっています。
合格率は概ね7割程度で推移していますが、製菓技術科では実際の店舗での実習などを通じ、習熟度の高い状態で受験出来ますので、より合格に近いと言えるでしょう。

就職・内定先の実績

新設校の為、具体的な企業名を伴った内定先の公表情報はありません。
しかしながら富山県内での飲食物調理業の有効求人倍率は極めて高く、卒業後の就職に悩む事は無いと考えられます。
実際にはパティシエ、和菓子職人といったスイーツ関係の職がメインとなるでしょうが、パン職人、フードスタイリストといった道も開けます。

調理師科|学費:100万以下

概要

調理師科は2年の夜間通学を通じ、調理師免許を取得出来る学科です。
夜間通学という事で様々な事情の学生がいますが、ともに切磋琢磨し、各々の夢を叶える為の環境が整っています。
調理技術科と同様のカリキュラムが組まれており、同様の夜間通学が可能な専門学校と比較すると圧倒的な実習時間が確保されているのが最大の特徴です。
夜間通学という事もあり、既に調理師見習等で活躍されている方も多く、そうした方にとっては経験を実際の知識に変換できるような、そうした合理的な学習が可能です。
さらに最先端のキッチン環境が用意されている事もあり、実際に調理師として業務する際の経験になるのと同時に、創意的な刺激を得る事も可能でしょう。
多彩な経験で調理師としての能力を高めつつ、調理師免許を取得出来るのが調理師科の魅力と言えるでしょう。

学費詳細・費用

調理師科 総額74万円
入学金:20万円
在学期間学費:37万円
実習費:27.5万円
教育・設備充実費:9.5万円

取得可能な資格一覧

2年間の夜間通学で調理師免許を取得出来ます。
夜間通学という事で働きながらでも通える、育児や家事をしながらでも免許取得が出来ます。
様々な事情を抱えながらも調理師として生計を立てたい方や、夢を描いている方にとっては大きな助けとなってくれる事は間違いありません。
富山調理製菓専門学校では最新の設備、ノウハウが整っている事もあり、同じような専門学校の中でも実習面での優位性があるのもメリットになるでしょう。

就職・内定先の実績

新設校である事から、具体的な内定先の公表は現時点ではありません。
また、調理師科は夜間部でもありますので、既に働いている職場でのキャリアアップを目指している方も多いでしょう。
そういった状況下でも卒業時の進路としては調理技術科同様にレストラン、ホテル、料亭、病院等の調理師が中心となるでしょう。

富山調理製菓専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

「豊富な実習が魅力です。授業が始まった週からスタートし、本当のお店さながらの器具を使いながら、スキルアップに励めます。高校生の頃からネットを参考に、お菓子作りはよくしていましたが、やはりプロの技は別物。先生に教えてもらいながら、混ぜたり切ったりすると、味の深みが全然変わるのに感動しました。」
「実習量の多さが決め手で入学しました。この学校ならば、実践の中でどんどん成長できると思って入りましたが、実際にお客様に料理を提供する「レストラン実習」等、想像以上でした。」
「先生方は、とても親身になって耳を傾けてくれる方ばかりです。ゆっくりでも構いませんし、うまく話せなくても大丈夫。将来の目標や思いなど、皆さんの本音をぶつけた方がいいと感じました。」

口コミ元

ネガティブな口コミ

「2017年に出来たばかりの学校ですので、まだ内定先の情報が少なく、進路に関しては不安もありました。ただ募集は多い業界なので最悪自分でも見つけられると思います。」
「2年生になると、校内のレストランで一般の方にデザートを提供する実習があるなど、専門性もぐっと高まります。スキルを磨いていく必要がありますので、自信がない種類の場合は不安もありました。」
「プロを目指す学校ですから包丁など使う道具もすべてプロ仕様で、最初はとまどうこともあるかもしれません。でも、先生は優しく、質問すれば丁寧に教えてくれました。」

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*