沖縄調理師専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

沖縄調理師専門学校は沖縄県にある製菓・調理・栄養系の専門学校です。
沖縄調理師専門学校は学校法人に認可されています。

沖縄調理師専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
製菓・調理・栄養系 沖縄県那覇市久米1-18-7 認可

姉妹校の情報

姉妹校はありません。

沖縄調理師専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

ゆいレール旭橋

沖縄調理師専門学校の入試情報

指定校推薦入試:書類審査、面接
一般入試:書類審査、面接

沖縄調理師専門学校のオープンキャンパス情報

沖縄調理師専門学校では、随時オープンキャンパスが実施されています。
オープンキャンパスでは、沖縄調理師専門学校の専任講師および在校している生徒と交流を図りながら実際に調理実習を体験することができます。
実際に、沖縄調理師専門学校での体験を通して教員・実習内容・校内設備を確かめることが出来ます。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

調理師科昼間1年制|学費:101~200万

概要

調理師科昼間1年制は、1年間という短い期間で調理師免許を取得できるコースとなっています。
短い期間で調理師免許を取得するために、現場で必要となってくる基礎知識や本格的な技術を効率よく勉強することが出来ます。
基礎技術・基本調理法を繰り返し実習することで、確実に身に付けていきます。
西洋料理、日本料理、琉球料理、中国料理、和・洋菓子、だけでなく、集団調理、介護食などこれからの時代に必要とされる広い知識を持った調理師を育てます。
授業や実習だけでなく、レクレーションや様々なイベントを通して、クラスメイトとの人間関係の構築を図り、充実した学校生活を送ることが出来ます。

学費詳細・費用

調理科昼間1年制 総額108万円
入学金:10万円
授業料:68万円
実験・実習材料費:20万円
教材費:10万円
教材・その他の費用(教材費、実習費、実習靴、包丁セット、健康診断費用、災害障害保険寮)として10万円が必要となります。

取得可能な資格一覧

卒業と同時に調理師免許が取得できます。
専門調理師・調理技能士の学科が免除され、6年間の実務経験後、技術考査のみで受験できます。
介護食士3級の資格が取得できます。
食品衛生管理者が取得できます。
希望する場合は、食育インストラクター、料理技術検定上級、介護食士2級を取得することが出来ます。

就職・内定先の実績

主な就職実績は、ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート、YYYクラブイエリゾート、浅井東迎(大阪)、庵to天 北谷店、アーシュ・ツジグチ、医療法人信和会沖縄第一病院、自由ヶ丘ロール屋(東京)、沖縄ろう学校給食などがあります。

調理師科昼間2年制|学費:101~200万

概要

調理師科昼間2年制は、基礎から応用までのカリキュラムをじっくりと学ぶことが出来るコースとなっています。
基本だけでは満足できない・高度な調理技術や幅広い知識をゆっくり学びたい方は、2年コースをお勧めします。
無料の特別授業が豊富となっているので、1年コースではできない経験を積み、基礎力が付くと同時に応用力が広がります。
授業や実習だけでなく、レクレーションや様々なイベントを通して、クラスメイトとの人間関係の構築を図り、充実した学校生活を送ることが出来ます。

学費詳細・費用

調理科昼間2年制 総額196万円
入学金:10万円
授業料:68万円
実験・実習材料費:20万円
教材費(1年次のみ):10万円
教材・その他の費用(教材費、実習費、実習靴、包丁セット、健康診断費用、災害障害保険寮)として10万円が必要となります。

取得可能な資格一覧

卒業と同時に調理師免許、専門士の称号、食品技術管理専門士登録資格、調理師養成施設調理実習助手資格が取得できます。
専門調理師・調理技能士の学科が免除され、6年間の実務経験後、技術考査のみで受験できます。
介護食士3級の資格が取得できます。
食品衛生管理者が取得できます。
希望する場合は、食育インストラクター、料理技術検定上級、介護食士2級を取得することが出来ます。

就職・内定先の実績

主な就職実績は、ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート、YYYクラブイエリゾート、浅井東迎(大阪)、庵to天 北谷店、アーシュ・ツジグチ、医療法人信和会沖縄第一病院、自由ヶ丘ロール屋(東京)、沖縄ろう学校給食などがあります。

調理科夜間1,5年制|学費:101~200万

概要

調理科夜間1,5年制は、昼間は仕事を続けながら資格取得が可能なコースとなっています。
夜間のみの授業・実習で、社会人、現役の高校生、大学生、短大生、主婦の方も通学通学しやすいスケジュールとなっています。
無理のないカリキュラムで基礎技術・基本調理法を繰り返し学び、調理師免許の取得を目指します。
昼間1年コースと同レベルの授業・実習指導を受けることが出来ます。

学費詳細・費用

調理科夜間1,5年制 総額108万円
入学金:10万円
授業料:68万円
実験・実習材料費:20万円
教材費:10万円
教材・その他の費用(教材費、実習費、実習靴、包丁セット、健康診断費用、災害障害保険寮)として10万円が必要となります。

取得可能な資格一覧

卒業と同時に調理師免許が取得できます。
専門調理師・調理技能士の学科が免除され、6年間の実務経験後、技術考査のみで受験できます。
介護食士3級の資格が取得できます。
食品衛生管理者が取得できます。
希望する場合は、食育インストラクター、料理技術検定上級、介護食士2級を取得することが出来ます。

就職・内定先の実績

主な就職実績は、沖縄都ホテル、カヌチャベイリゾート、磯蔵、ぎおん祭り、DFSフードコロシアム、デザートブース、株式会社 オーディフ、川平病院(日清医療食品)などがあります。

沖縄調理師専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

他の専門学校に比べて就職率は高めです。
ひとりひとりの希望を先生方は親身になって聞いてくれるのでとても助かります。
国家資格の合格率は毎年高めです。
試験対策も過去の問題からしっかりと分析してくれるので助かります。
授業で補いきれない所は放課後に丁寧に補修してくれるので分かり易いです。
実際の仕事の話しなどを聞けたり、実習の授業では学生の数と先生の数がちょうど良く一人一人しっかりと対応してくれます。
学校の雰囲気はわりと和気あいあいとしている感じです。
他のクラスとも良い雰囲気ですが、授業は別なので関わりはあまりないです。
最初は包丁研ぎから調理まで分かりやすく教えてもらえます。
卒業前から、職場の紹介や職場への連絡などしてくれて手厚く背中を押してくれたので就職しやすかったです。

口コミ元

ネガティブな口コミ

都心の中心部に近くなどで、交通面では良かったが学校専用の、駐車場がないのでそこが不便にが感じました。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*