西日本調理製菓専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

西日本調理製菓専門学校は岡山県にある製菓・調理・栄養系の専門学校です。
西日本調理製菓専門学校は

西日本調理製菓専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
製菓・調理・栄養系 岡山県岡山市北区大供3-2-18

姉妹校の情報

岡山医療技術専門学校、インタナショナル岡山歯科衛生専門学校が同じ学校法人本山学園です。

西日本調理製菓専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR岡山駅

西日本調理製菓専門学校の入試情報

AO入試:書類審査、面接
特別推薦入試:書類審査
一般入試:書類審査、面接

西日本調理製菓専門学校のオープンキャンパス情報

西日本調理製菓専門学校のオープンキャンパスでは、学校説明や入試の説明のほかに、シェフやパティシエの体験をすることができます。
調理学科の体験内容として、ピッツァやハンバーグなどを作ります。
製菓学科では、アメ細工やロールケーキ、デザートプレート作りが体験できます。
オープンキャンパスの参加には、前日までに予約が必要です。
オープンキャンパス参加者には参加特典として、パスポートやオリジナルグッズがもらえるほか、3回以上の参加者にはマックカードがもらえます。
ヒヤリングを受けた参加者は、AO入試の面接が免除されます。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

総合調理専攻科|学費:201~300万

概要

総合調理攻科では、調理技術やおもてなしの心を培い、料理人やシェフを目指します。
実習では、レシピを考えるところから原価を計算した食材を注文したりしながら調理までを行います。
たくさんの実習が組まれており、西洋料理や日本料理、中華料理のほか、カーピングやでデザート、製パンなどを学びます。
2年次にはインターンシップを通じての職場体験や実践実習としてレストランで学びます。
ホテルや旅館、料亭やレストラン、結婚式場、病院、食品メーカーなど幅広い場所で活躍することができます。

学費詳細・費用

総合調理専攻科 総額226万円
入学金:16万円
授業料(年間):62万2千円
実習費(年間):16万8千円
教育充実費(年間):9万円
維持管理費(年間):16万円

取得可能な資格一覧

卒業と同時に無試験で国家資格である調理師免許を取得することができます。
専門調理師の学科試験が免除で受験できます。
その他、食品技術管理専門士、食育インストラクター、食品衛生責任者などの資格取得を目指すことが可能です。

就職・内定先の実績

具体的な就職先の情報はデータがありませんが、学校全体として98.1%が就職しており、ホテルや料亭、レストラン、結婚式場などが活躍の場として挙げられます。

調理師科|学費:101~200万

概要

調理師科では、料理のセンスとスキル、サービス力などを学び1年間で調理師を目指します。
日本料理や西洋料理、中国料理のほか、むき物やカービングなども学びます。
1年間で国家資格である調理師免許を取得することができます。
基礎実習や応用実習を通じて、現場でのインターンシップを行います。
ホテルや料亭、旅館、レストラン、結婚式場、食品メーカー、料理教室など幅広い場所で活躍することができます。

学費詳細・費用

調理師科 総額121万円
入学金:16万円
授業料:63万2千円
実習費:16万8千円
教育充実費:9万円
維持管理費:16万円

取得可能な資格一覧

卒業と同時に無試験で国家資格の調理師免許を取得することができます。
学科試験免除で専門調理師の資格を受験することができます。

就職・内定先の実績

具体的な就職先の情報はデータがありませんが、学校全体として98.1%が就職しており、ホテルや料亭、レストラン、結婚式場などが活躍の場として挙げられます。

パティシエ・ブランジェ科|学費:201~300万

概要

パティシエ・ブランジェ科では、パティスリーやパン工房で必要となる知識やスキルを学ぶ2年制の学科です。
洋菓子や製パン、和菓子、カフェフード、チョコレート細工、アメ細工、マジパン細工、ドリンクなど、たくさんの実習が組まれています。
2年次のカフェ経営実習では、学校内にあるカフェでケーキや焼き菓子などを作り、実践を通して学ぶことができます。
ホテルや和菓子店、洋菓子店、パン工房、レストランなどで活躍することができます。

学費詳細・費用

パティシエ・ブランジェ科 総額226万円
入学金:16万円
授業料(年間)63万2千円
実習費(年間):16万8千円
教育充実費(年間):9万円
維持管理費(年間):16万円

取得可能な資格一覧

製菓衛生師、菓子製造技能士2級、パン製造技能士2級の受験資格が取得できます。

就職・内定先の実績

具体的な就職先の情報はデータがありませんが、学校全体として98.1%が就職しており、ホテルやレストラン、洋菓子店、和菓子店、パン工房などが就職先として挙げられます。

スイーツ科|学費:101~200万

概要

スイーツ科は、パティシエになるために必要な知識やスキルを1年間で身に付けることができる学科です。
洋菓子や和菓子、製パン、アメ細工、シュガークラフト、チョコレート、焼き菓子などたくさんの実習が組まれています。
基礎実習や応用実習を経て、インターンシップを体験します。
ホテルや洋菓子店、和菓子店、パン工房、カフェ、菓子・パン教室などが活躍の場として挙げられます。
国家資格である製菓衛生師の資格取得を目指せる学科です。

学費詳細・費用

スイーツ科 総額121万円
入学金:16万円
授業料:63万2千円
実習費:16万8千円
教育充実費:9万円
維持管理費:16万円

取得可能な資格一覧

製菓衛生師の受験資格が取得できます。
介護食士3級、食品衛生責任者の資格取得を目指すことも可能です。

就職・内定先の実績

具体的な就職先の情報はデータがありませんが、学校全体として98.1%が就職しており、ホテルやレストラン、洋菓子店、和菓子店、パン工房などが就職先として挙げられます。

Wライセンスコース|学費:201~300万

概要

Wライセンスコースは、調理と製菓の両方を1年ずつ学ぶことでどちらでも活躍できるように知識やスキルを学ぶ2年制のコースです。
実習では、西洋料理や日本料理、洋菓子、和菓子、総合調理実習、カービング、製パンなどを学びます。
1年次には製菓の基礎実習と応用実習を経てインターンシップ研修を行います。
2年次には、調理の基礎実習と応用実習を経てインターンシップ、学校内のカフェでカフェ経営実習を行います。

学費詳細・費用

Wライセンスコース 総額226万円
入学金:16万円
授業料(年間):63万2千円
実習費(年間):16万8千円
教育充実費(年間):9万円
維持管理費(年間):16万円

取得可能な資格一覧

国家試験免除で、調理師免許を取得することができます。
学科試験免除で専門調理師の試験を受験することができます。
製菓衛生師の受験資格が取得できます。

就職・内定先の実績

具体的な就職先の情報はデータがありませんが、学校全体として98.1%が就職しており、ホテル、料亭、レストラン、結婚式場、洋菓子店、和菓子店、パン工房、カフェなどが活躍の場として挙げられます。

西日本調理製菓専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

先生はとても優しくて、わからないことがあれば気軽に聞けたり試験前には一緒に練習に付き合ってくれたりします。
納得いく就職先が見つかるようにサポートをしてくれます。
前はホテルだった場所にある学校なので、耐震等もしっかりしていて綺麗です。
実習の施設や設備は十分充実しており、プロが使うような設備で学べます。
就職率が良いです。
就職のサポートは特にないけれど選択肢がたくさんあるので助かります。
日本食や洋食、イタリアン、スペイン料理などたくさん実習がありとても勉強になります。
学費は高いですが、奨学金制度もあり充実しています。

口コミ元

ネガティブな口コミ

製菓の免許を取るには自分で試験の資料や情報を集めて応募しなければいけません。
授業がとてもわかにくいです。
学費や安いと思ったけれど、試験に落ちたら結構お金がかかり高いです。
調理の新卒となると希望に合わなかったり不採用になったりで、正社員の仕事は卒業してから決りました。
最寄り駅から15分くらい歩くので、雨の日は大変です。
社会人の学生の人もいるので友達作りが少し難しいです。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*