京都保育福祉専門学院の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

京都保育福祉専門学院は京都府にある保育・教育系の専門学校です。
京都保育福祉専門学院は学校法人に認可されています。

京都保育福祉専門学院の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
保育・教育系 京都府京都市斎京区樫原百々ケ池3 認可

姉妹校の情報

姉妹校はありません。

京都保育福祉専門学院の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

阪急京都本線・嵐山線桂駅 / JR亀岡駅 / JR桂川駅 / JR京都駅

京都保育福祉専門学院の入試情報

AO入試:AO入試対象者は、オープンキャンパス、学校説明会、個別見学訪問のいずれかに参加必須、試験内容は、保育体験(姉妹施設の認定こども園にて)、面談
指定校推薦入試:在籍高等学校に確認
推薦入試:書類選考、面接(グループ面接or個別面接、面接シート記入)
一般入試:書類選考、面接(グループ面接or個別面接、面接シート記入)

京都保育福祉専門学院のオープンキャンパス情報

京都保育福祉専門学院では、オープンキャンパスと、学校説明会、夜間学校説明会を各々年複数回開催しています。
オープンキャンパスでは入試説明会や学院内の見学、在校生との交流、授業紹介、個別相談などに加え、模擬授業も行っているので学ぶことを体験できます。
模擬授業は日程によって複数用意されており、工作や音楽遊びの体験や、受験対策などがあるので、体験してみたい内容がある場合は日程をチェックしておきましょう。
学校説明会では、模擬授業はないものの、入試の説明会や学院内見学をすることができます。
お仕事や学校帰りに学校見学や入試説明などを受けたいという場合は、夜間学校説明会も用意されています。
オープンキャンパスや説明会に参加できない場合は個別見学も受け付けています。
これらのイベントに参加すると、選考料無料、入学金割引の特典を受けられるので、ぜひ参加しておきたいところです。
また、AO入試を受ける際にはオープンキャンパス、学校見学会に参加するか、個別見学を行わないと受験資格が与えられませんので、注意が必要です。
オープンキャンパス、説明会、個別見学にはホームページの申込みフォームまたは電話から予約ができます。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

保育科|学費:101~200万

概要

保育科は、2年間で保育と福祉のスペシャリストを育てるコースです。
幼保連携時代に即して用意された豊富なカリキュラムと、多彩な実習で学ぶことで、卒業と同時に保育士資格を取得することができます。
また、近畿大学九州短期大学通信教育部を併修すると、幼稚園教諭2種免許とのW取得を目指すことも可能です。
現場主義をかかげる京都保育福祉専門学院には、校舎の中に保育園があり、こどもの園での様子を間近に観察することができます。
また、グループ施設である認定こども園で学生主導の授業を行うコラボ授業も行います。
そのほか、同法人の児童発達支援センターや、デイセンターなどでの見学、実習を行うなど、数多くの現場での経験、出会いを通じて、幅広い活躍を期待できる人材育成に力を入れています。
少人数制をしいており、アットホームな雰囲気の中で、教職員とのコミュニケーションも密にとれるようです。

学費詳細・費用

保育科 総額200万円
入学金:22万円
授業料:57万円3千円
施設費20万円
実習費12万円
近畿大学九州短期大学通信教育部併修費用:46万4千550円

取得可能な資格一覧

卒業と同時に、保育士資格が取得できます。
また、近畿大学九州短期大学通信教育部を併修すれば、幼稚園教諭2種免許や社会福祉主事任用資格、短期大学士の学位も取得することができます。
そのほかにも、保育者ととしてゆうりとな様々な資格取得を目指すコースが用意されているようです。
幼稚園・保育園の為のリトミック指導認定資格1級・2級の取得を目指すコースでは、歌や楽器などを用いた遊びをとおして、こどもたちの潜在的な能力を引き出そうとする教育方法を学んでいきます。
京都保育福祉専門学院は特定非営利法人リトミック研究センターの認定校のため、2年間で1級資格まで目指すことができ、これは京都府と滋賀県では唯一となっています。
また、赤ちゃんから高齢者まで、幅広い対象者に対して、心身の癒しを目的に行うミュージック・ケアも学び、初級しぃかくも取得することができます。
ミュージック・ケアは対人援助に携わるうえでとても重要なスキルとなっており、京都保育福祉専門学院では指導者の育成に力をいれているのも、特色となっています。

就職・内定先の実績

個別の進路サポートを手厚く行うことで、抜群の就職率100パーセントを誇る学院です。
主な就職先は保保育所が半数以上を占めます。
その他、幼稚園、認定こども園、児童養護施設、乳児院、児童発達支援センターなどにも多数卒業生を輩出しています。
就職先として興味のある福祉現場、教育現場においての経験を積むため、アルバイトやボランティアなどを紹介してくれるので、就職に有利になっています。
1年次の9月から就職ガイダンスが催され、2年次には就職活動が本格的に始まります。
卒業生を招き、現場について話を聞く機会も用意されてます。
学院内に、保育園や認定こども園があるので、現場での働き方をイメージしやすいのも、強みといえます。

京都保育福祉専門学院の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

学生に親身に寄り添う教員が多く、気軽に相談できる。
卒業と同時に保育士資格と幼稚園教諭2種免許のW取得も可能。
ピアノ練習室など、実技練習に必要な設備が整っている。
就職を希望する生徒は全員就職でき、就職先を探すサポートを手着くしてくれる。
学校のまえにはバス停がありアクセスも便利である。
グループワークが多く用意されているので、友達ができやすい。
比較的施設がきれい。
生徒が楽しみながら学べるよう授業が工夫されている。
学生はみんな同じ目標に向かっているので、団結力が生まれやすい。
就職率がとてもいい。
国家試験を受験せずに、まじめに授業を受けるだけで国家資格が取得できるのはすごくいい。
実習が多く、現場で働く方の話を聞くことができる。

口コミ元

ネガティブな口コミ

最寄り駅からはバスに乗らなければならず面倒に感じる。
課題で制作物を作ることが多いので、学費とは別に費用がかかる。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*