ディーズファッション専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-24

公開日:2019-06-12

         

ディーズファッション専門学校は京都府にあるファッション・アパレル系の専門学校です。
ディーズファッション専門学校は学校法人に認可されています。

ディーズファッション専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
ファッション・アパレル系 京都府京都市下京区堺町通松原下ル 認可

姉妹校の情報

姉妹校はありません。

ディーズファッション専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

阪急電鉄烏丸駅/京阪電鉄清水五条駅

ディーズファッション専門学校の入試情報

ディーズファッション専門学校は2018年以降の生徒募集を停止しており、入試情報は現在公開されていません。

ディーズファッション専門学校のオープンキャンパス情報

ディーズファッション専門学校は2018年以降の生徒募集を停止しており、オープンキャンパスの開催予定はありません。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

ファッションクリエイティブ学科|学費:非公開

概要

ファッションクリエイティブ学科は、「デザイナーコース」(3年制)、「テキスタイルコース」(3年制)、「パタンナーコース」(3年制)、「オートクチュール・コスチュームコース」(3年制)、「服飾基礎コース」(2年制)の計5コースに分かれています。
3年制の各コースでは、1年半かけて基礎をしっかりと学んだあと、それぞれのコースごとにアイディアやデザインを形にするための高度な技術を学びます。
卒業の進路としては、デザイナー、パタンナー、ソーイングスタッフ、企画・管理部スタッフなど、ファッション業界のさまざまな分野が見込まれています。
「服飾基礎コース」のみ2年制となっており、服飾系の知識や技術を幅広く習得します。

学費詳細・費用

ディーズファッション専門学校は生徒募集を停止しているため、学費情報は現在非公開です。

取得可能な資格一覧

ファッション販売能力検定、パターンメーキング技術検定、ファッションビジネス能力検定、洋裁技術検定試験、ファッション色彩能力検定、色彩検定などの資格取得を目指します。
ファッションクリエイターとして必要な各種資格が揃えられており、アパレル業界の幅広いフィールドで活躍が見込めます。

就職・内定先の実績

株式会社ワコール、ヒロココシノインターナショナル株式会社、株式会社グレース、サンラリーグループ、株式会社サンライズファッション、株式会社ビヤンカエロッサ、イワサキ、フジキュウ服装株式会社、株式会社堀井洋服店などが主な就職先となっています。
ファッションデザイナーとしての技術面だけではなく、ビジネスマナーやプレゼンテーション能力にも重きを置いたディーズのカリキュラムが、高い就職率を実現しているという印象です。

ファッションビジネス学科|学費:非公開

概要

ファッションビジネス学科は、「ショップマスター・バイヤーコース」(3年制)と「ファッションアドバイザー・スタイリストコース」(2年制)の2コースに分かれています。
両コースとも1年次は共通して販売、ディスプレイ、マーケティングなどの技術をファッションの基礎とともに学びます。
その後、「ファッションアドバイザー・スタイリストコース」ではコーディネートやスタイリングスキルを磨き、3年制の「ショップマスター・バイヤーコース」では、2年次、3年次を通して高度なセールステクニックや店舗経営のノウハウを実践的なカリキュラムで学びます。
創立から70年の長い歴史を持つ当学校では、技術面だけではなく、感性や人間性を重視した授業を行っている点もポイントです。

学費詳細・費用

ディーズファッション専門学校は生徒募集を停止しているため、学費情報は現在非公開です。

取得可能な資格一覧

リテールマーケティング(販売士)、ビジネス能力検定、ファッションビジネス能力検定、ファッション販売能力検定、ファッション色彩能力検定、色彩検定など、ファッション系の資格とビジネス系の資格を両輪で取得することを目指します。

就職・内定先の実績

メイソングレイ大丸京都店、ナノユニバース大丸京都店、株式会社リンク・セオリー・ジャパン、株式会社あゆみブライダル、株式会社アルファブランカ、株式会社ザラ・ジャパン、サンエー・インターナショナル、クレージュ、ジュンコシマダなどが主な就職先となっています。
ファッションデザイナー、アドバイザーなどの他、企画会社やブライダル関係企業への就職例も少なくないようです。
販売士の資格が取得できますので、ショップスタッフとして幅広い活躍が見込める点もポイントです。

ファッションザッカプロデュース学科|学費:非公開

概要

ファッションザッカプロデュース学科は、2年間の学習で、ファッション系雑貨について、デザイン、製作、販売まで総合的に学ぶコースです。
ファッションに欠かせない帽子、バッグ、アクセサリーなどを素材選びを含めて実際に製作することによって、自分のアイディアを形にするための高度な知識と技術を養います。
さらに、自作商品を魅力的にアピールするためのプロデュース技術まで学べることもポイントで、ファッション業界で長く活躍できる才能と技術を持った人材の育成を目指します。

学費詳細・費用

ディーズファッション専門学校は生徒募集を停止しているため、学費情報は現在非公開です。

取得可能な資格一覧

ファッション販売能力検定、ファッションビジネス能力検定、ファッション色彩能力検定、色彩検定などの資格取得を目指します。

就職・内定先の実績

TOKIAKI KUMONDAI、エヴィスジャパン、株式会社ブルーメイト、ラルフローレン株式会社、ディーゼルジャパン株式会社、株式会社ドリーム、株式会社ジュングループ、株式会社ストライプインターナショナルなどが主な就職先となっています。
卒業生の中には自分のオリジナルブランドを立ち上げ、デザイン・製作だけではなく、営業を含め事務全般をすべてひとり取り仕切って活躍している方もおり、当学科で教えられる総合力・プロデュース力が実社会で役立っているという印象です。

ディーズファッション専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

自分はしっかりとやれるのかという不安も沢山ありましたが、実際授業を受けてこなしていくなかで、クリエイティブの仲間とうまく切磋琢磨してみんなが刺激しあっているように感じはじめました。
学年が進むにつれてどんどん具体的に現実的に将来の景色が自分のなかで見えてきました。
ファッションの全てが学べてよかったです。
先生と生徒仲良く、分からないことがあれば丁寧に教えてもらえる。質問に行く人も多かった。
縫製や製図の専門的な基礎がきっちりみにつくと思います。

口コミ元

ネガティブな口コミ

先生がたは親しみやすいという良い点もあれば、就職面の補助はやや頼りない感じのある悪い点もありました。
あまり就職のサポートはない。どんな会社があるか社名は教わるが、自分でしっかり調査した方が良い。
学校の知名度が低いので、それが就活で不利にはたらいてる感は否めない。
住宅街の中にあるので最初は迷う確率が高いです。
機械設備はそれなりに整っていますが、校舎は少々年季があって古いです。あと狭いです。
教わる内容に深みが進級するほどなくなっていくような、これ以上通っても得る物があまりないと途中で感じた。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*