宮島学園 北海道ファッション専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

宮島学園 北海道ファッション専門学校は北海道にあるファッション・アパレル系の専門学校です。
宮島学園 北海道ファッション専門学校は学校法人に認可されています。

基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
宮島学園 ファッション・アパレル系
美容・理容・ヘアメイク系
北海道札幌市北区北区北15条西4丁目2-1 認可

姉妹校の情報

姉妹校として同グループ宮島学園の北海道製菓専門学校と北海道調理師専門学校があります。

パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

南北北12駅

入試情報

AO入試:合格して入学をすれば、授業料が初めの年5万円が免除、書類選考
社会人入試:合格すれば、学費10万円ほど免除、書類選考
一般入試:書類選考
指定校入試:入学後に5万円が初年度の学費から免除、書類選考
同窓子弟入試:両親と兄弟が卒業生であれば初めの年の学費が10万円が免除、書類選考
選考料は一律1万5000円
特待生入試:面接、書類選考、成績優秀者は最大30万円の学費が免除される特典があります。

オープンキャンパス情報

本校のオープンキャンパスは毎月開催されています。
出願する方法や学校説明やただ展示物を見学するだけではなく、ミシンで服を縫ったり、デザイン画を描いたり、アート制作やネイル制作など体験実習もできます。
体験する実習の内容は日によって変わるので毎回違う体験内容を行っています。
本校のオープンキャンパスは現役の高校生が対象です。
オープンキャンパス開催どきにJR札幌駅から本校まで、無料送迎バスが運行されています。
本校の学校説明会では、平日であれば生徒が受けている授業の様子を見学やオープンキャンパスと同じように体験実習ができます。
学校説明会では交通費の補助はありますが、無料送迎バスはないです。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

販売速成科|学費:100万以下

概要

販売店員の職種につくために1年間のあいだに徹底的に自分で行動して考える実践力をつけるための授業で実力を磨いていきます。
カリキュラムは、お客様への接客を学ぶ販売、何が流行っているか調べるトレンド、就職するときのために面接の練習や履歴書の書き方をレクチヤーするリクルーティングなどがあります。
選べるコースは販売ビジネスコース、洋裁技術コース、コーディネートコースがありコースによっては資格もとれるので、就職に強いです。

学費詳細・費用

販売速成科 総額89万5000円
入学金:8万円
施設費:5万円
授業料:50万円
維持費:7万円
実習費:8万円
教材:7万円
厚生費:4万5000円

取得可能な資格一覧

ファッション色彩能力検定、販売士検定、ラッピングコーディネーター、ファッション販売能力検定、パターンメイキング技術検定、洋裁技術検定、ファッションビジネス能力検定、色彩検定が本学科で取得できる資格です。

就職・内定先の実績

株式会社ワールド、ウーディーズ、有限会社ノーブルサべージなどが内定先として挙げられています。

服飾研究科|学費:201~300万

概要

デザイナーやパタンナーなどファッション業界の第一線の現場で活躍する光る専門職の人材を輩出する学科です。
この学科は初めは、他の学科にも共通するスタイリングやメイクの授業だっけだったのが3年制で徐々に上の学年に上がるほど、型紙を作るパタンナーコースやイメージワークや服のデザインをするデザイナーコース等、専門的な授業を生徒に指導していくようになります。
けれど、卒業まで3年間あるのでしっかりと学習できます。

学費詳細・費用

服飾研究科 総額226万5000円
施設費:5万円
授業料:50万円
維持費:7万円
教材:7万円
厚生費:4万5000円
入学金:8万円
実習費:8万円

取得可能な資格一覧

北海道専修教育士と称号として専門士の称号が、服飾研究科と服装総合科の卒業生だけが得られます。
ファッション色彩能力検定、パターンメイキング技術検定、洋裁技術検定など他の学科と同じ資格が本学科取得できます。

就職・内定先の実績

株式会社きりあき、株式会社ミオタ、株式会社などがクロスプロスとしてありました。
全体の就職の傾向としては大企業より民間の中小企業が多いです。

服装総合科|学費:101~200万

概要

スタイリストとして自分の持つ特色を生かして跳躍したい縫製の道を究める為にその歩く生徒には実習系中心の授業を、ファッション業界で将来ビジネスを興そうとしている生徒は経営者としての目線を養っていく授業を選べる学科です。
1年次はヘアメイク、CAD、パターン等の基礎コースが中心ですが、2年次からビジネスコース、アパレル縫製コースやスタイリストコース、ショップバイヤーコースなどそれぞれの職業に必要な専門的知識を深める授業を学べます。

学費詳細・費用

服総合科 総額154万円
教材:7万円
施設費:5万円
維持費:7万円
厚生費:4万5000円
実習費:8万円
入学金:8万円
授業料:50万円

取得可能な資格一覧

他の学科と同じくファッションビジネス能力検定、ラッピングコーディネーター資格認定試験、ファッション色彩能力検定などが取得できます。
北海道専修教育士と専門士の称号が取得できるのは服飾研究学科と変わりません。

就職・内定先の実績

内定先はデキシー、スワロウテイル、JUMBLESTORE、株式会社ミリーなどがあります。

パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

そんなにたくさんの生徒がいるわけではなかったので、かなりアットホームな環境でした。その分友達や先生とも仲良くなれたし、濃い学校生活を送れたと思います。授業も分からないところはすぐ聞けるし、置いていかれる心配がなかったです。北海道の広大な土地を利用した広くて設備の整ったキャンパスという最高の場でファッションについて学ぶことができていると感じます。ファッションについて幅広く学べるのはもちろん、北海道ならではの防寒とおしゃれとの駆け引き、アイヌ文化とファッションの融合など本当にこの地ならでは学びがありました。冬は寒いので学内におもちをもちよりパーティーがとりおこなわれることもあり教室内のこたつでぬくぬくわいわい楽しい北海道ライフが過ごせます。春は雪解け水で流しそうめんを行います。キンキンに冷えていて最高ですがそうめんがたまに凍っているのが要改良です。

口コミ元

ネガティブな口コミ

説明会などはいくつかありますが、ほとんどの人がリクルートなどから探したり、アルバイトからの就職などが多いです。
なので動き始めるのが遅いとギリギリまで決まらない人や就職せずに卒業の人もいます。
資格クラスの雰囲気は悪いですね。落ち着かないというか勉強には向いていないのかもしれません。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*