小井手ファッションビューティ専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

小井手ファッションビューティ専門学校は広島県にあるファッション・アパレル系の専門学校です。
小井手ファッションビューティ専門学校は学校法人に認可されています。

基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
ファッション・アパレル系
メイク・ネイル・エステ系
広島県広島市南区金屋町1-20 認可

姉妹校の情報

グループ校として、小井出ファッションビューティー専門学校高等課程があります。

パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR広島駅より徒歩8分

入試情報

特待生入学(面談型)出願:面談試験
特待生入学(実技型)出願:実技試験
推薦入学出願:書類審査、面接
一般入学出願:書類審査、面接

オープンキャンパス情報

小井出ファッションビューティー専門学校のオープンキャンパスは、1日タイプと半日タイプを選べることになっています。
両者共通の内容は、オリエンテーション、体験授業、校舎見学、ティータイムとなります。
1日タイプのほうは、90分1コマの体験授業を2回分と昼食の時間がもうけられています。
体験授業では、ドレスづくり、アクセサリーづくり、メイク体験、結婚式ウェルカムボードづくり、などが体験できます。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

ファッションテクニカルコース|学費:

概要

ファッションテクニカルコースは、衣装制作の技術習得に特化したコースとなります。
2年制の服飾テクニカルコース、3年制の衣装制作コース、4年制のトータルファッションテクニカル系から選択する形となります。
ブラウス、コート、ジャケットの洋裁はもちろんのこと、制帽やマフラー、バッグ小物などの制作技術を身につけてゆきます。
生徒たちが自主制作した衣装で、毎年NTTクレドホールにてファッションショーが開催されて大いに盛り上がります。

学費詳細・費用

全学科共通
入学金:12万円
授業料(年間):60万円
教育施設費(年間):15万円

取得可能な資格一覧

洋裁技術認定試験(初・中・上級)、洋裁准教員、ファッションビジネス能力検定、ファッション色彩能力検定、パーソナルカラー検定、パターンメーキング技術検定 、といった資格を取得することができます。

就職・内定先の実績

具体的な内定先はwebサイトに記載されていませんが、デザイナー、テキスタイルデザイナー、パタンナー、グレーダー、としてファッション業界で活躍する卒業生を輩出しています。

ファッションアパレルコース|学費:

概要

ファッションアパレルコースは、アパレル業界での商品企画、デザイン画の作成、パターン作成、裁断、などの技術を身につけるためのコースとなります。
3年制のアパレルコースと4年制のトータルファッションコースアパレル系を選択する形となります。
カリキュラムの中で特徴的なのは、洋裁の工場見学や劇団見学、そしてファッションショーのウォーキングなどがとりいれられているところです。
さらにPC上でデザインを設計するための、イラストレーターやCADの技術も習得してゆきます。

学費詳細・費用

全学科共通
入学金:12万円
授業料(年間):60万円
教育施設費(年間):15万円

取得可能な資格一覧

パターンメーキング技術検定,、ファッション色彩能力検定、洋裁准教員、ファッションビジネス能力検定、洋裁技術認定試験(初・中・上級)、といった資格を取得することができます。

就職・内定先の実績

デザイナー、テキスタイルデザイナー、マーチャンダイザー、マーケティングディレクター、パタンナー、グレーダー、バイヤー、ファッションコーディネーター、としてアパレル業界から採用されています。

ファッションショップコース|学費:

概要

ファッションショップコースはトレンド・企業りリサーチ、店舗図・出店計画書作成、ブランドマップ作成、などの技術を身につけるためのコースとなります。
2年制のショップビジネスコース、3年制のショップ経営コース、4年制のトータルファッションコースショップ系、から選択する形となります。
実践的な内容としては、デパートやショッピングモールなどにおけるディスプレイ制作や、ショップのカタログのデザイン制作などを身につけることができます。

学費詳細・費用

全学科共通
入学金:12万円
授業料(年間):60万円
教育施設費(年間):15万円

取得可能な資格一覧

ファッションビジネス能力検定、ファッション販売能力検定、ファッション色彩能力検定、ビジネス著作権検定、ビジネス電話検定、ジネス実務マナー検定 、といった資格を取得することができます。

就職・内定先の実績

マーチャンダイザー、マーケティングディレクター、バイヤー、ファッションコーディネーター、ショップマネージャー、として採用されています。

ファッション雑貨コース|学費:

概要

ファッション雑貨コースはアクセサリーをはじめとするファッション小物を制作する技術を身に着けるためのコースです。
2年制の雑貨・アクセサリーコース、3年制の雑貨・デザイン・企画コース、4年制のトータルファッションコース雑貨系、から選択する形となります。
単に雑貨制作のみの授業を受けるのではなく、他のコースでみられる、ショップ経営や劇団観劇、ファッションショーのウォーキングの講座も受講することになります。

学費詳細・費用

全学科共通
入学金:12万円
授業料(年間):60万円
教育施設費(年間):15万円

取得可能な資格一覧

銀粘土技能認定士、パーソナルカラー検定、Excel検定、Word検定、ファッションビジネス能力検定、ファッション色彩能力検定、ファッション販売能力検定、といった資格を取得することができます。

就職・内定先の実績

デザイナー、テキスタイルデザイナー、マーケティングディレクター、ショップスタッフ、バイヤー、として採用されています。

ビューティーコース|学費:

概要

ビュティ―コースは、メイク系のコースかエステ系のコースの選択となり、各コース2~4年制のカリキュラムを選択する形となります。
メイク系コースは、メイク、ヘア、ヘアのアーティストを養成するためのコースとなります。
デパートの化粧品店、ブライダル関係、芸能関係、など幅広いフィールドで活躍できる技術を育成しています。
エステ系コースはCIDESCOの認定校ということもあり、世界基準のエステティシャンを養成するためのコースとなります。

学費詳細・費用

全学科共通
入学金:12万円
授業料(年間):60万円
教育施設費(年間):15万円

取得可能な資格一覧

CIDESCO国際ライセンス、日本メイクアップ技術検定、JNECネイリスト技能検定、JNAジェルネイル技能検定、ファッションビジネス能力検定、といった資格を取得することができます。

就職・内定先の実績

ビューティアドバイザー、ヘア&メイクアップアーティスト、ブライダルヘアメイク、ネイリスト、エステティシャン、リフレクソロジスト、ブライダルエステティシャン、として採用されています。

ブライダルコース|学費:

概要

ブライダルコースは、ブライダルプランナーやブライダルプロデューサーを育成するためのコースです。
2年制~4年制のカリキュラムを選択することになります。
2年生になると、東京大阪にて開催される、全日本ブライダル協会主催のブライダルトップセミナーに参加し、プロのプランナー、プロデューサーから実践的な技術を身につけることができます。
学内では、生徒自らがブライダルショーを企画するイベントもあり盛り上がります。

学費詳細・費用

全学科共通
入学金:12万円
授業料(年間):60万円
教育施設費(年間):15万円

取得可能な資格一覧

ブライダルファッションプランナー、ブライダルコンサルタント、アシスタントウェディングプランナー検定、フラワー技能検定、といった資格を取得することができます。

就職・内定先の実績

ブライダルプランナー、ブライダルスタイリスト、ブライダルプロデューサー、ブライダルコンサルタント、ブライダルフラワープランナー、として採用されています。

パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

1年生のうちにファッションビジネスや販売の資格を取得することができます。
実技の時間が多く、ドレスやアクセサリーをたくさん作らせてくれるので楽しいです。
アパレル関係の資格やビジネス電話、PCの検定といった役立つ資格をたくさん取得することができます。
少人数のクラスで実技の授業をうけるので、分からないときはすぐに解決してくれます。
少人数のためにクラスはアットホームな雰囲気です。
卒業生は自らショップを経営している人や、芸能人のスタイリストになった人もいて、就職実績はとても良いです。テレビに出演している外部の講師の授業を受けることもありためになります。
バスや路面電車を使って通学できてアクセスがいいです。教室のとなりにロッカールームがあるのでとても便利です。
他のファッション系専門学校と比較すると学費は安いほうです。

口コミ元

ネガティブな口コミ

先生たちの教え方が雑なほうです。
分からないことは自分から聞かないと置いてきぼりにされます。
就職活動は、求人票の紹介のみで基本学校側はなにもしてくれなく、自分で動くほかありません。
実習におけるミシンやアイロンの数が少なくて、時間内に終わらないことがあります。
校舎の階が多い割にはエレベーターがたったの1台なので教室移動が不便です。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*