キャリエールホテル旅行専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-24

公開日:2019-06-12

         

キャリエールホテル旅行専門学校は京都府にある観光・ホテル・ブライダル系の専門学校です。
キャリエールホテル旅行専門学校は学校法人に認可されています。

基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
観光・ホテル・ブライダル系 604-8006 京都府京都市中京区河原町三条上ル 認可

姉妹校の情報

姉妹校はありません。

パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

京都市営地下鉄京都市役所前駅、京阪本線三条駅、阪急京都線河原町駅

入試情報

AO入学:書類審査、面接(自己アピール票)
AO入学(専門学科、総合学科方式):書類審査
AO入学(面接アピール方式):面接
指定校推薦入学:書類審査
特別推薦入学:書類審査
推薦入学:書類審査、面接
一般入学:面接、作文
高校既卒整入学:書類審査、面接
大学、短大、専門学校生入学:書類審査、面接
社会人入学:書類審査、面接
ファミリー入学:書類審査、面接

オープンキャンパス情報

キャリエールホテル旅行専門学校のオープンキャンパスは半日で体験することができるようにAMバージョンとPMバージョンと設けられています。
スケジュールとしてはオープニングに学生スタッフが元気いっぱい盛り上げてくれ、分野別カリキュラム就職サポート説明として授業やカリキュラム、就職について学科別に分かりやすく説明してくれます。
キャンパスツアーといて最新設備の校舎、施設を隅々までチェックすることができ、体験授業としてホテル、旅行、ブライダルの好きな授業を選んでプロ体験をすることができます。
最後に個別相談として聞きたいこと、わからないことを何でも相談することができます。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

ホテル学科|学費:201~300万

概要

ホテル学科は2年制の学科です。
ホテル学科には宿泊サービスコース、上級ホテルコース(語学専攻)、料飲サービスコースの3つのコースがあります。
宿泊サービスコースではホテルの宿泊部門で活躍するフロントやベル、ドアなどのスタッフを目指すコースで、ホテル全体の基本的な知識や接客時のマナーはもちろん、職種ごとの専門技能も実習して身につけることができます。
料飲サービスコースでは宴会場やレストラン、バーなどホテルの中でも料飲部門のスタッフを目指すコースで、料理のサービス技術、ワインの知識やカクテルづくり、テーブルマナーや調理法などの技術を習得することができます。
上級ホテルコース(語学専攻)は世界のホテルで通用するコンシェルジュ、接客のスペシャリストを目指すコースで、留学を行うことで日本では学ぶことが難しい国際儀礼や世界基準の秘書技能などの世界で活躍できる知識や教養を身につけることができます。

学費詳細・費用

ホテル学科 総額:278万円
入学金:10万円
授業料:158万円
施設・設備費:62万円
実習費:40万円

取得可能な資格一覧

ホテル学科で取得することのできる資格はレストランサービス技能検定(国家資格)、サービス接遇検定、ホテル・マネジメント技能検定(国家資格)、実用英語技能検定、ビジネス能力検定、日商PC検定、日本漢字能力検定、秘書検定、京都・観光文化検定、TOEIC、サービス介助士(2級)、情報検定、ビジネス文書技能検定、手話技能検定、ホテルビジネス実務検定、マナー・プロトコール検定、ワイン検定、HBAビバレッジアドバイザー、ワインエキスパート、ソムリエ(要実務経験)、ワインアドバイザー(要実務経験)、C.P.Aチーズ検定、ユニバーサルマナー検定などの資格を取得することができるそうです。

就職・内定先の実績

ホテル学科ではミリアルリゾートホテルズ、セントレジスホテル大阪、ザ・リッツ・カールトン大阪、ザ・ペニンシュラ東京などのホテルへ就職を果たしています。
また目指すことのできる職業として、宿泊サービスコースではフロントクラーク、ドアパーソン、ベルパーソン、リザベーションクラーク、ハウスキーパー、クロークなどの職業を目指すことができ、料飲サービスコースではバーテンダー、ソムリエ、レストランサービス、バンケットスタッフ、レストランマネージャー、ラウンジサービスなどの職業を目指すことができます。
また上級ホテルコース(語学専攻)ではコンシェルジュ、エグゼグティブフロアアテンダント、クラブラウンジ、総支配人秘書、オペレーター、バトラーなどの職業を目指すことができます。

旅行学科|学費:201~300万

概要

旅行学科は2年制の学科です。
旅行学科には旅行セールスコース、ツアープランナーコース、ツアーコンダクターコースの3つのコースがあります。
旅行セールスコースは旅行カウンターや空港のグランドスタッフなどのお客様へ旅行の案内やお手伝いをしたり旅行をプロデュースすることのできるプロを目指すコースで、ツアープランナーコースは交通、宿泊、エンターテインメントなどお客様にぴったりの旅を企画して提案出来るプロを目指すコースです。
またツアーコンダクターコースはツアーに添乗して旅行を案内、演出出来るプロを目指すことのできるコースです。

学費詳細・費用

旅行学科 総額:270万円
入学金:10万円
授業料:139万円
施設・設備費:62万円
実習費:48万円

取得可能な資格一覧

旅行学科で取得することのできる資格は国内旅行業務取扱管理者(国家資格)、国内旅程管理主任者、総合旅行業務取扱管理者(国家資格)、海外旅行地理検定、観光英語検定、インターネット旅行情報士、AXESSオペレーションスペシャリスト検定、京都・観光文化検定、TOEIC、サービス介助士(2級)、情報検定、ビジネス文書技能検定、手話技能検定、POP検定、世界遺産検定、京都市認定通訳ガイドなどの資格を取得することができるそうです。

就職・内定先の実績

旅行学科では日本旅行、JTB、ジェイアール東海ツアーズ、KNT-CTホールディングス(近畿日本ツーリスト関西)、西日本旅客鉄道(JR西日本)、東武トップツアーズ、H.I.S、TEI、東海旅客鉄道(JR東海)、名鉄観光サービスなどたくさんの内定先があります。
旅行セールスコースでは旅行カウンタースタッフ、アウトセールス、グランドスタッフなどの職業を目指すことができ、ツアープランナーコースではツアープランナー、トラベルコーディネーターなどの職業を目指すことができます。
ツアーコンダクターコースではツアーコンダクター、教育旅行スタッフ、バスガイドなどの職業を目指すことができます。

ブライダル学科|学費:201~300万

概要

ブライダル学科は2年制の学科です。
ブライダル学科にはブライダルプロデュースコース、ブライダルスタイリストコース、ウェディングプランナーコースの3つのコースがあります。
ブライダルプロデュースコースでは晴れの日の新郎・新婦やお客様へ真心のこもったサービスを行うスタッフを目指す学科で、ブライダルの慣習や歴史をしっかりと学びお見合いや結納、挙式や披露宴などの実務知識やサービス能力を習得することができます。
ブライダルスタイリストコースではドレスにジュエリー、着物をコーディネートし、スタイリストとしてのセンスを磨く学科で、ウエディングドレスのコーディネートやカラーコーディネイトだけでなく、和装の着付方を学んだりすることによって知識をしっかりと身につけることができます。
ウエディングプランナーコースでは料理部門や宴会部門、衣装や装花、ブライダルにおける美容やプランなどの企画力をマスターることができます。

学費詳細・費用

ブライダル学科 総額:278万円
入学金:10万円
授業料:158万円
施設・設備費:62万円
実習費:48万円

取得可能な資格一覧

ブライダル学科ではブライダルコーディネート技能検定(国家資格)、色彩検定、レストランサービス技能検定(国家資格)、フラワー装飾技能士(3級)(国家資格)、ビジネス能力検定、秘書技能検定、実用英語技能検定、日本語漢字能力検定、日商PC検定、ジュエリーコーディネーター検定、フォーマルスペシャリスト検定、マナー・プロトコール検定、きもの文化検定、ビジネス文書技能検定、TOEIC、京都・観光文化検定、サービス介助士(2級)、サービス接遇実務検定、情報検定、手話技能検定などの資格を取得することができるそうです。

就職・内定先の実績

ブライダル学科では日比谷花壇、クラウディアコスチュームサービス、ワタベウエディング、ディアーズ・ブレインなどの職場へ内定を受けています。
またブライダルプロデュースコースではウエディングプロデューサー、バンケットキャプテン、コスチュームコーディネーターなどの職業を目指すことができ、ブライダルスタイリストコースではブライダルスタイリスト、ドレススタイリスト、ジュエリーコーディネーターなどの職業を目指すことができます。
またウエディングプランナーコースではウエディングプランナー、ブライダルコーディネーター、フラワーコーディネーターなどの職業を目指すことができます。

パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

就職実績がとてもよく、先生がとても親身になって相談に乗ってくれるそうです。
みんな同じ夢を持っているため、クラスも仲が良くほか学科との交流もあって充実していたそうです。

口コミ元

ネガティブな口コミ

専門的な分野を学ぶため、学費は決して安いと言うわけではないそうです。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*