専門学校 長野ビジネス外語カレッジの評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-07-09

         

専門学校 長野ビジネス外語カレッジは長野県にある国際・語学系の専門学校です。
専門学校 長野ビジネス外語カレッジは学校法人に認可されています。

基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
国際・語学系
ビジネス・金融・不動産系
長野県上田市中央3丁目5-18 認可

姉妹校の情報

長野ビジネス外語カレッジは学校法人ISIが運営する専門学校です。関連校として東京ビジネス外語カレッジがあります。

パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR松本駅

入試情報

一般入試:英語の筆記試験、面接、書類選考
AO入試:面接、書類選考、特典としてオンライン英会話教室が無料、授業料の一部が免除
社会人入試:受かれば授業料の一部が免除、書類選考、英語の筆記試験、面接
指定校推薦入試:書類選考、面接、授業料の一部が免除
自己推薦入試:面接、書類選考
高校推薦入試:書類選考、面接
外国籍の受験者:書類選考、筆記試験、面接
筆記試験は日本語能力試験N2以上は免除されます。

オープンキャンパス情報

長野ビジネス外語カレッジのオープンキャンパスの学校説明は授業、学科によって選べるコースの説明などをします。
学費やいろいろな資格を持っていることでで変わる免除など入試についても教えてもらえます。
個別相談では、入学してからの学生生活、在籍している生徒の様子、とれる資格について気になる事をきけます。
オープンキャンパスで開いている講座では在籍している日本語が話せる外国籍の生徒や教師と一緒に討論をします。
討論することで、他国の人々と友好関係を続けるためにどうしたらいいかの問題や、まだ知らない海外の文化をお互いに知ったりできます。
オープンキャンパス講座以外にも、体験授業があり、それは日程によって変わります。
その他の本校で開催されるイベントは参加費は無料で、在校生以外でも参加できる英検ゼミともっと日本語を上達したい留学生による週末限定の交流の場であるにほんごカフェなどがあります。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

国際コミュニケーション学科|学費:101~200万

概要

国際コミュニケーション学科は3つのコースの中から1つだけ勉強するコースを選択します。
.3つのコースは選んだコースで取得できる資格が異なります。
英語キャリアコース、日越通訳コース、ホスピタリティコースがあります。
そのなかで英語キャリアコースを選ぶとさらに語学能力の高め貿易の知識を付ける英語・中国語選択、日本語教師になるために英語・日本語教育選択、コミュニュケーション能力を深め、国際情勢を読む力を養う英語・貿易選択と習得する選択肢が増えます。
日越通訳コースはベトナム人学生のみが選択できるコースとなっています。
日越通訳コースは国交が樹立されてから40 年以上がたつ、日本とベトナムの絆を結ぶベトナム人の人材を育てるコースです。
日本が大事にしているおもてなしの心をもったホスピタリティの分野で世界で活躍する人間を輩出する、それがホスピタリティコースの目的です。
マーケティングの仕方や日本のカルチャーについて学習します。

学費詳細・費用

国際コミュニケーション学科 総額162万円
入学金:10万円
学友:2万円
施設:10万円
授業料:60万円
教材費:4万円

取得可能な資格一覧

本学科はコースの選択で ホテルビジネス実務検定、実用英語技能検定準1級以上、サービス接遇検定、秘書技能検定2級、HSK4級以上、MicrosoftOfficeSpecialist、TOEICListening&ReadingTest600点以上、日本語教育能力検定、貿易実務検定B級以上、外国人留学生限定でJLPTN1、BJTビジネス日本語能力テスト600点以上などのさまざまな資格がとれます。

就職・内定先の実績

内定先として、株式会社ミライ化成、日鉄住金物流君津株式会社、協同組合FUJI、イッティージャパン株式会社が挙げられています。

グローバルビジネス学科|学費:401~500万

概要

グローバルビジネス学科はグローバル経営コース、海外ディプロマの2つのコースにわかれています。
グローバル経営コースは世界市場を客観的に見れて、海外視点をあわせ持ち国際社会で輝ける優秀な人材を探しています。
本コースではマーケティングやマネジメント能力を重視し大事にしています。
1年次はコミュニケーションや語学能力を磨いたり、文化の違いを学んだりしますが、2年次からは実際に役に立つ知識を身につけていきます。
海外ディプロマコースは1年次で長野ビジネス外語カレッジで経営と経済、英語の基礎を覚えて、2年次からは海外のセブ島にある英語教育機関のマンツーマンのレッスンで総合的な能力を磨いていきます。
3年次にはセブ島からシンガポールの英語教育機関に移動して、4カ月のあいだにアカデミック英語コースで英語能力を鍛えます。
その後、ビジネスで使う英語力をビジネスディプロマコースをで学ぶにはアカデミック英語コースで優秀な成績を修める必要があります。
コースの期間は6カ月です。

学費詳細・費用

海外ディプロマコース 総額326万円
留学費:230万円
在籍管理費:9万円
入学金:10万円
学友:2万円
施設:10万円
授業料:60万円
教材費:4万円 コース選択で学費が変わります。グローバル経営コースは国際コミュニケーション学科のコースと学費はまったく同じですが、海外ディプロマコースは2年次から違います。

取得可能な資格一覧

日商簿記検定3級、MicrosoftOfficeSpecialist、TOEIC®Listening&ReadingTest600点以上、ビジネス能力検定3級以上、JLPTN1が本学科を卒業することで得られる資格です。

就職・内定先の実績

国際人材育成協会、株式会社エイジェック、池の平ホテル&リゾーツ、株式会社紀伊乃国屋、古久屋ホテルなどが内定先のデータとしてあります。

パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

設備は一昨年あたらしくなり、なのでぴかぴかできれいです。
パソコンの授業はノートパソコン使ったりタブレットを使ったりと最先端です。
先生たちは前にも言ったように、ネイティブだったり留学をしてきた先生たちなので語学の授業はここの学校の強みです。
パソコンの授業もあるのですがそれもしっかり対策をしてくれていいと思います
。全体的に授業はいいです。

口コミ元

ネガティブな口コミ

日本人が少ないので日本人のサポートはほぼないです。
自分たちで各自探す感じです。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*