富山市立富山外国語専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2020-08-25

         

富山市立富山外国語専門学校は富山県にある国際・語学系の専門学校です。
富山市立富山外国語専門学校は学校法人に認可されています。

富山市立富山外国語専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
国際・語学系 富山県富山市大手町6-14 認可

姉妹校の情報

姉妹校はありません。

富山市立富山外国語専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR富山駅

富山市立富山外国語専門学校の入試情報

推薦入試:リスニング、英語による作文、英語面接、日本語面接
一般入試:ボキャブラリー、英文理解、英語面接、日本語面接
専攻科一般入試:リスニング、ボキャブラリー、英語による作文、英文理解、英語面接、日本語面接

富山市立富山外国語専門学校のオープンキャンパス情報

富山市立富山外国語専門学校のオープンキャンパスについての内容は現在調査中です。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

実務英語科|学費:100万以下

概要

実務英語科は2年制の学科です。
実務英語科では高校卒業以上の人を対象にしており、豊かな英語力を身につけてコミュニケーション方法として英語を自在に操ることができるような人材を目指すことができます。
実務英語科の特色としては、多数のネイティブで多彩な教師陣がいる、少人数クラスでの徹底指導を受けることができる、教育機器がとてもしっかりとしており充実している、機器や教材が豊富に取りそろえられている、各技能資格を持っているスペシャリストを育成することができる、公立(市立)校ならではの学費の設定、卒業時には専門士(文化・教養専門課程)の学位が付与されるという特色があります。
専任の教師陣は10人中6人が外国人でアメリカ・イギリス・カナダ・オーストラリアなどの出身で毎日の講義の中で様々な英語のアクセントになれることができます。
一クラスは15~20人程度の少人数制で個人面接やコンピュータの利用学習などといった個別指導を徹底としています。
授業で使われる教材はCALLシステムが完備され、Macノートが設置されている教室もありTVドラマや映画などのDVDなども豊富にそろっています。
また英検合格のために集3時限ほど授業を設けており、TOEIC対策にも力を入れています。
その他にもワープロ、表計算、秘書検定などの資格も取得することができます。
学費は市立ならではの比較的安価な学費が設定されています。

学費詳細・費用

実務英語科 総額(富山市内在住者)79万千300円
入学金:13万5千円300円
授業料:62万4千円
学生会費:1万2千円
教育実習費:2万円
総額(富山市外の方)82万5千200円
入学金:16万9千200円
授業料:62万4千円
学生会費:1万2千円
教育実習費:2万円

取得可能な資格一覧

実務英語科ではTOEIC700点以上、TOEFLiBT61点以上、実用英語技能検定1級・準1級・2級、秘書検定準1級・2級・3級、コンピューターサービス技能評価検定ワープロ部門1級・準1級・2級、コンピューターサービス技能評価検定表計算部門3級などの資格を取得することができます。

就職・内定先の実績

実務英語科では富山第一ホテル、社会福祉法人アルペン会、(株)ホテルアルファーワン、インディオ、金沢都ホテル、富山観光創造会議、富山テレビ、エムアールテクノサービス(株)、(株)トリニティ、(株)日立産機システム、ラ・ポンテ、富山市役所、ANAクラウンプラザホテル、キタムラ機械(株)、イッティージャパン(株)、富山観光物産センターなどへ就職を果たしています。

専攻科|学費:100万以下

概要

専攻科は1年制の学科で、大学や短期大学・専門学校を卒業した人・社会人を対象にしている上級のコースです。
専攻科は実用的な英語力を身につけている人材を目指すことができ、高度なコミュニケーション能力を養成することができます。
専攻科の特色としては実践的なコミュニケーションがある、個別指導を行う、各技能資格を持つスペシャリストを育成することができる、公立(市立)校ならではの学費設定があるという特色があります。
実践的なコミュニケーションは6人のネイティブ・スピーカーを含んだ10人の専任講師が指導を行い授業だけでなく校内で自然にエイドを使うことができるような雰囲気があります。
クラスは1クラス15人の少人数制でそれぞれの授業において完全マンツーマンの個別指導を受けることができます。
専攻科で使用している教材や機器はCALLシステムやMacノートが完備されており、TVドラマや映画などのDVDや英語書籍、検定対策書籍、雑誌などが豊富にそろっているため英語に浸り学ぶことができます。
また在学中に実用英語技能検定やTOEIC、TOEFLなどの資格を取得することができるように指導を行っています。
学費は市立のため比較的安価な学費が設定されています。

学費詳細・費用

専攻科 総額(富山市内在住者)40万9千200円
入学金:81万2千円
授業料:31万2千円
学生会費:6千円
教育実習費:1万円
総額(富山市外の方)42万9千500円
入学金:10万千500円
授業料:31万2千円
学生会費:6千円
教育実習費:1万円

取得可能な資格一覧

専攻科ではTOEIC800点以上、TOEFLiBT80点以上、実用英語技能検定1級・準1級・2級、秘書検定準1級・2級・3級、コンピューターサービス技能評価検定ワープロ部門1級・準1級・2級、コンピューターサービス技能評価検定表計算部門3級などの資格を取得することができます。

就職・内定先の実績

専攻科では(株)ジェネス、(株)大和富山店、エクセルホテル東急とやま、北陸マツダ、日産サティオ、ASAグループサンキュー、立山黒部貫光、金沢市役所、トップランクジャパン、AceKids、北陸バンドー、つるぎ恋月、プレステージインターナショナル、フルタフーヅ(株)、(株)サンクスフィールドリラックス、リバーリトリート雅楽倶、日本海ツーリスト(株)などへ就職を果たしています。

富山市立富山外国語専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

実務英語科では短い期間で取り組み次第ではとても充実します。
1学年が40人前後のため先生方との距離も近く、ネイティブな先生が多いため日頃から沢山話す機会があります。
先生のオフィスで1対1で会話することができるのが一番のメリットです。
英検とTOEICにとても力を入れており、授業では実践的な演習を行うことができます。
市立の学校のため学費はやや低めです。
熱心に先生が指導してくれるため資格取得はしやすく、パソコンの授業はとても役に立ちます。
英語の授業では自分自身の能力を高めることができ、読解やリスニング、ライティング、スピーキングなどすべての能力を高めることができます。
校舎は近代的な作りで開放的な学習スペースも完備されています。
1年次にはキャリアガイダンスが1週間に1回あるため1年次の頃から就職にむけて動き出すことができます。

口コミ元

ネガティブな口コミ

Wi-Fiがついていないのが不便です。
購買などがないためお昼は持ってくるか買いに行くかしないといけないのが不便です。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*