京都外国語専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

京都外国語専門学校は京都府にある国際・語学系の専門学校です。
京都外国語専門学校は学校法人に認可されています。

京都外国語専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
国際・語学系 京都府京都市左京区岡崎徳成町 京都市左京区岡崎徳成町5 認可

姉妹校の情報

姉妹校はありません

京都外国語専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

京阪電車三条駅

京都外国語専門学校の入試情報

AO入試:推薦入学選考(専願)、書類審査、面接
特待生入学選考C(センター試験利用)(併願可)、書類審査、面接
一般入学選考(併願可)、書類審査、面接
社会人入学選考(専願)、書類審査、面接
学士・短期大学士専門士入学選考(専願)、書類審査、面接

京都外国語専門学校のオープンキャンパス情報

京都外国語大学ではオープンキャンパスを行っており、学校の概要やカリキュラム、授業風景を知ることができます。
ネイティブ講師による体験授業が大好評で受講が可能です。
対象者は高校生・既卒者、大学・短大専門卒業(見込)者、フリーター、社会人等と幅広く、開催場所は本校である京都外国語専門学校です。
学校長の挨拶から、学校概要・カリキュラム・入試制度の説明、学科紹介や体験授業、進路別説明、個別相談会、大学編入説明会といった充実した内容となっており、自分自身に合った進路を見つけることもできるかもしれません。
お友達や保護者の参加も歓迎とされており、一人では心細い方などは一緒に行かれるのをおすすめします。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

英米語学科|学費:201~300万

概要

英語力を身に付け大学に編入したい、就職したいといったニーズに応えるべく、大学編入コースと就職コースという将来を見据えたコースを設置しています。
読む・書く・話す・聴くという4つの能力を基礎から応用までレベルアップさせることをベースに、コース別必修科目を加える方法でカリキュラムを編成しています。
講師はネイティブ中心で生きた英語を毎日のように浴びることができ、楽しい環境で自然に英語力を習得できます。
TOEICテストを定期的に行うことで達成感をチェックしながら、一人ひとりの弱点や性格傾向を把握し、より細かな指導をします。

学費詳細・費用

英米学科 総額225万円
入学金:10万円
授業料:190万円
設備維持費:24万円
諸経費:0.6万円
代理徴収日:0.4万円

取得可能な資格一覧

卒業によって取得できる資格はありませんが、教員免許や図書館司書・学校図書館司書教諭、博物館学芸員といった資格を目指せるコースを設置しています。
複数の教員免許の取得も可能となるのは8言語の学科を有する本校の特色です。

就職・内定先の実績

スイスポートジャパン(株)、大阪新阪急ホテル、イッティージャパン(株)、ホテルモントレ京都、(株)ジェイエスエス、ジュングループ、旭金属工業(株)、(株)三笑堂、(株)バディ、(株)丸八、(株)トヨタレンタリース京都、サーガス不動産(株)、(株)ダスキン伏見などが、英米語学科卒業者の就職先として実績があります。
クラス担任制をによって、進路についても積極的に情報提供や悩み相談に応えています。
就職のみではなく、大学編入や留学を意識した進路目標を持てるよう心がけていますし、進路に役立つ講座もあります。

中国語学科|学費:201~300万

概要

漢字を使うので中国は日本人が親しみを持てる言語と言えます。
標準語として4つの種類があり、独特の声調を習得することがポイントです。「目・耳・口から中国語の発音をマスターする」というオリジナル教材を基本に、ネイティブな講師がきめ細かい指導を行います。
20人に満たない少人数クラスということもあり、丁寧な指導を受けることが出来ます。
総合的な力を身に付けることによって、卒業時には、問題なく中国語でコミュニケーションをとることが可能です。

学費詳細・費用

中国語学科 総額225万円
入学金:10万円
授業料:190万円
設備維持費:24万円
諸経費:0.6万円
代理徴収日:0.4万円

取得可能な資格一覧

卒業によって取得できる資格はありませんが、教員免許や図書館司書・学校図書館司書教諭、博物館学芸員といった資格を目指せるコースを設置しています。
複数の教員免許の取得も可能となるのは8言語の学科を有する本校の特色です。

就職・内定先の実績

ホテルビナリオ嵯峨嵐山、湯快リゾート(株)、日本郵政(株)、(株)ユーハイムなどが、中国語学科卒業者の就職先として実績があります。
クラス担任制をによって、進路についても積極的に情報提供や悩み相談に応えています。
就職のみではなく、大学編入や留学を意識した進路目標を持てるよう心がけていますし、進路に役立つ講座もあります。

韓国・朝鮮語学科|学費:201~300万

概要

日本語と同じ語順を持つ韓国・朝鮮語は、語彙や表現の面でも日本語と類似した特徴を持っています。
また、表記に使用するハングル文字は日本語とはまったく違って見えますが、学んでみると理論的に構成されているので比較的ですが簡単に学ぶことができます。
文字の理解をクリアすることができたのであれば、最も理解しやすい外国語と言ってもよいくらいです。
本学科ではバランスよく「読む、書く、話す、聴く」を学ぶとともに、独自の教材を使用したカリキュラムを用いて、韓国・朝鮮語を無理することなく効率よく修得可能です。
加えて、文化や歴史、習慣においても同時に学べます。

学費詳細・費用

韓国・朝鮮語学科 総額225万円
入学金:10万円
授業料:190万円
設備維持費:24万円
諸経費:0.6万円
代理徴収日:0.4万円

取得可能な資格一覧

卒業によって取得できる資格はありませんが、教員免許や図書館司書・学校図書館司書教諭、博物館学芸員といった資格を目指せるコースを設置しています。
複数の教員免許の取得も可能となるのは8言語の学科を有する本校の特色です。

就職・内定先の実績

(株)ジャパンホリデークラブ、(株)韓進インターナショナルジャパン、関西航空サービス(株)、宮古島シギラリゾート、(株)エス・グルーヴ、西日本旅客鉄道などが、韓国・朝鮮語学科卒業者の就職先として実績があります。
クラス担任制をによって、進路についても積極的に情報提供や悩み相談に応えています。
就職のみではなく、大学編入や留学を意識した進路目標を持てるよう心がけていますし、進路に役立つ講座もあります。

東南アジア言語学科|学費:201~300万

概要

独自の歴史と文化持った、魅力あふれるタイ・インドネシア・ベトナムの言葉を身に付けて、東南アジアの国々をより深く知りたい・学びたいという人が増加傾向にあり、本校では東南アジア言語学科としてタイ語専攻、インドネシア語専攻、ベトナム語専攻を準備しております。
タイ語については5つの音楽的高低の声調と独特の文字が特徴です。
一般的には読み書きにおいてタイ語は難解であると言われています。
本専攻では、大学で教鞭をとる優秀な講師たちが、独自に用意したカリキュラムできめ細かく指導いたしますので、初めて学ぶ人でも会話・文字を修得し、読解力・作文力が身に付きます。
インドネシア語は比較的には短期間で身に付きやすい言語で、本専攻の講師は本場のインドネシア人が中心です。
ネイティブ講師が発する本場のインドネシア語に毎日、自分の耳で聞くことが出来るので初心者であっても約1年後には基本会話を習得でき、2年次には読み書きに力を入れることで語学力が身に付きます。
ベトナム語の響きはとても美しく、文字はローマ字がベースとなっていて、文法はシンプルで覚えやすいです。
最初は発音に力を入れて練習し、そのうえで会話や作文をネイティブ講師が、文法や購読は日本人講師が指導することで、「読む・書く・話す・聴く」という力をバランスよく学習できます。

学費詳細・費用

東南アジア言語学科 総額225万円
入学金:10万円
授業料:190万円
設備維持費:24万円
諸経費:0.6万円
代理徴収日:0.4万円

取得可能な資格一覧

卒業によって取得できる資格はありませんが、教員免許や図書館司書・学校図書館司書教諭、博物館学芸員といった資格を目指せるコースを設置しています。
複数の教員免許の取得も可能となるのは8言語の学科を有する本校の特色です。

就職・内定先の実績

クラス担任制をによって、進路についても積極的に情報提供や悩み相談に応えています。
就職のみではなく、大学編入や留学を意識した進路目標を持てるよう心がけていますし、進路に役立つ講座もあります。

日本語コミュニケーション学科(日本語教師養成クラス)|学費:201~300万

概要

日本という国の文化や言葉について、より専門的な知識やコミュニケーション技術を身に付けることが可能です。
目標は外国語や異文化への理解力をもった国際社会で活躍ができる人材を育てることです。
日本語教師に求められている実践力と応用力を育てるため、充実した体験型授業を実施しています。
さらに、3つのコースを用意することで、自身の学ぶ目的や進路に合ったコースを選ぶことができます。
日本語教育コースと大学編入コース、国際コミュニケーションコースが設置されています。

学費詳細・費用

日本語コミュニケーション学科(日本語教師養成クラス) 総額225万円
入学金:10万円
授業料:190万円
設備維持費:24万円
諸経費:0.6万円
代理徴収日:0.4万円

取得可能な資格一覧

卒業によって取得できる資格はありませんが、教員免許や図書館司書・学校図書館司書教諭、博物館学芸員といった資格を目指せるコースを設置しています。
複数の教員免許の取得も可能となるのは8言語の学科を有する本校の特色です。

就職・内定先の実績

クラス担任制をによって、進路についても積極的に情報提供や悩み相談に応えています。
就職のみではなく、大学編入や留学を意識した進路目標を持てるよう心がけていますし、進路に役立つ講座もあります。

京都外国語専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

外国語が使える仕事をたくさん見つけられます。
検定対策講座を受講出来ますし、様々な検定を受けることが可能です。
食堂はありませんが、スーパーやコンビニが近隣にあるので利便性が高いです。
大学編入制度があるので浪人をせず、当校で編入対策をできるというのもありだと思います。
就職先を提案してくれますし、面接対策なども十分にしてもらえています。
ネイティブな講師が多く、実際に語学力が上がった実感があります。

口コミ元

ネガティブな口コミ

資格取得において、講座があり、先生が熱心に教えてくれますが、合格率は低いです。
大学と比較しますと学費は安価ですが、実際に入学して生活している感想としては学費は高いです。
大学編入する人が多く、講師の方々の指導力も充実していますが、生徒の意識が低いイメージがあります。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*