札幌YMCA英語・コミュニケーション専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

札幌YMCA英語・コミュニケーション専門学校は北海道にある国際・語学系の専門学校です。
札幌YMCA英語・コミュニケーション専門学校は学校法人に認可されています。

基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
YMCA 国際・語学系 北海道札幌市中央区南11条西11丁目 認可

姉妹校の情報

YMCAグループとして、東京YMCA社会体育・保育専門学校や横浜YMCA学院専門学校、舞鶴YMCA国際福祉専門学校、YMCA米子医療福祉専門学校、福山YMCA国際ビジネス専門学校など、全国に19の専門学校があります。

パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

札幌市電西線11条駅/札幌市電中島公園通駅

入試情報

AO入試:面接2回
AO特待生入試:面接2回(オープンキャンパス、学校見学等に2回以上の参加必須)
一般入試:書類審査、面接、作文
推薦入試:書類審査、面接
社会人奨学生入試:書類審査、3分間自己PR、面接、筆記
指定校推薦入試:書類審査、面接
聴講生入試:面接

オープンキャンパス情報

札幌YMCA英語・コミュニケーション専門学校では、土曜日を中心にオープンキャンパス、半日オープンキャンパス、そして無料送迎バスが用意されているオープンキャンパスバスツアーが行われます。
全て無料で参加でき、2年間学ぶ学校の雰囲気や模擬授業の体験、在校生の声を聞くことができるほか、国際研修や就職、資格について詳細を知ることができます。
また、オープンキャンパスとは別に、90分で学校のことを知ることができる学校見学会や、平日に施設や授業見学をしたい人のための平日個別学校見学も行われています。
特にAO特待生入試は、これらのイベントに2回以上の参加が必須になるため、AO特待生入試を検討している人は留意しておきましょう。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

カナダスタディーコース|学費:101~200万

概要

カナダスタディーコースは、2年間で英語の実践力と国際感覚を身につけたい人のためのコースです。
自分のレベルに合った少人数制の授業で、基礎力、実践力、応用力を鍛えるカリキュラムに沿って英語を学びます。
1年次の8月下旬から3ヶ月もしくは6ヶ月のカナダ・モントリオールへの語学研修が必修となっており、ホストファミリーとの生活を通して国際感覚を、そして週25時間の授業を通して英語力を養います。
ホストファミリーの手配やマッチング、出入国手続きなどは学校が行い、現地でもアドバイザースタッフが常駐しているなど手厚いサポート体制が整っているほか、渡航に向けて入学前の事前登校時から事前研修が始まるシステムになっています。
事前研修では、日常英会話のほか、モントリオールの風習、気候やホームステイでの注意事項、英文法の基礎はもちろん、発音の矯正やリスニングのトレーニングが行われ、8月下旬からの留学生活に備えるカリキュラムが組まれています。
また、語学研修以外にも人間関係論や就職対策講座などの一般教養科目、国際理解講座などの専門科目、小学生英語指導法などの選択科目から必要単位数分を選択して、それぞれの目的のために必要なスキルを身につけます。

学費詳細・費用

カナダスタディーコース 総額175万円
入学金:13万円
授業料(1年次):53.5万円
授業料(2年次):68.5万円
教育充実費:10万円
実習費:10万円
※その他にテキスト代と語学研修費用(予定として87万円~147万円)

取得可能な資格一覧

カナダスタディーコースでは、卒業と同時に専門士の資格を取得できるほか、TOEIC800点以上、実用英語検定2級以上、観光英語検定などの英語に関する資格を中心に、ビジネス能力検定、日本語ワープロ検定、日本情報処理検定表計算などの資格取得を目指すことができます。
また、札幌YMCA英語・コミュニケーション専門学校が2015年6月1日に、J-SHINE「小学生英語指導者資格」の認定団体になったため、小学生英語指導者資格の取得も目指すことができるようになりました。

就職・内定先の実績

株式会社SKI JAPAN TRAVEL、日本通運株式会社、株式会社セノン、株式会社グランビスタ&リゾート、株式会社新和グループ、北海道北見バス、株式会社ニドム、アマゾンジャパン株式会社、株式会社タウなどの企業から内定をもらっている生徒が多く、就職以外にも関西外国語大学外国語学部英米語学科などへの大学編入や、札幌国際日本語学校などへの進学を決めた人もいます。
学校として、情報収集や分析、報告、相談、連絡などのマナーやコミュニケーションを習得するビジネス実務対策や、スピーチトレーニング、更に毎朝の朝礼と教室清掃を行うことで挨拶の重要性や役割に対する責任感及び自主性など、所謂「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎力」を養いつつ、企業研究や個別指導などを通じて就職活動をサポートしています。

英語コミュニケーションコース|学費:101~200万

概要

英語コミュニケーションコースでは、2年間でビジネスレベルの実用英語を習得し、英語を活かす企業で即戦力となる人材を育成します。
必修のインターンシップ事前授業及びインターンシップ、そしてビジネス能力検定対策やマナー・接遇などの一般教養科目、Public SpeakingやDisucussionなどの専門科目、カナダ語学留学(3週間)やYMCA国際研修、ベトナム教室建設ボランティアワークなどの選択科目で構成されたカリキュラムに沿って、英語の基礎となるスピーキング、リスニング、リーディング、ライティングのスキルを身につけます。
特にYMCA国際研修は、開催地も日本をはじめアメリカや東ティモール、シンガポールやフィリピンなど様々な場所で開催され、ワークショップやディスカッションなどが国際交流とともに幅広く行われています。

学費詳細・費用

英語コミュニケーションコース 総額190万円
入学金:13万円
授業料:68.5万円
教育充実費:10万円
実習費:10万円
※その他にテキスト代と国際研修費用(希望者のみ)

取得可能な資格一覧

卒業と同時に専門士の資格を取得できるほか、TOEIC800点以上、実用英語検定2級、観光英検などの英語関連の資格や、ホテル実務検定などの就職に役立つ資格、そして日本語ワープロ検定、日本情報処理検定表計算、ビジネス能力検定などの資格取得を目指すことができます。
また、2015年6月1日に札幌YMCA英語・コミュニケーション専門学校が、J-SHINE「小学生英語指導者資格」の認定団体になったため、小学生英語指導者資格の取得も目指すことが可能です。

就職・内定先の実績

株式会社キャスト(Jet Star)、ANA千歳空港株式会社、株式会社東急ホテルズ、社団法人滝川国際交流協会、大和リゾート株式会社、近畿日本ツーリスト株式会社、防衛省、アクサ生命保険株式会社、株式会社ビジュアル、株式会社グランビスタ&ホテルリゾート札幌パークホテルなどの様々な分野の企業から内定をもらっているほか、北星学園大学文学部英文学科などへの大学編入、アメリカ・セントルイス大学などへの進学を手にした学生もいます。

英語コミュニケーション1年間コース(聴講生)|学費:100万以下

概要

2015年4月に開講した英語コミュニケーション1年間コース(聴講生コース)は、1年間で英語を使用した「読み」「書き」「話す」「聞く」のスキルを高めたい人のためのコースです。
週19時間のカリキュラムが組まれており、英文法や英検対策、英会話、発音、英作文、そして読解などの授業で総合的な英語力を鍛えます。

学費詳細・費用

英語コミュニケーション1年間コース(聴講生) 総額60万円
入学金:5万円
授業料:55万円※入学後にテキスト代が約35,000円必要

取得可能な資格一覧

修了時に成績表と修了証を授与されますが、その他の情報は明らかになっていません。

就職・内定先の実績

卒業生インタビューから卒業後に海外留学を行った生徒がいることは確認できますが、その他の情報は明らかになっていません。

パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

日本人の先生、外国人の先生どちらもいて、それぞれ良さがありました。
特に外国人の先生の授業は、日本人の先生の授業では味わえないような個性がありました。
自分のレベルに合った授業が受けられるのが良かったです。
先生も、とても一流の方ばかりで、授業内容もわかりやすく、人数が少ない分、サポートもかなりしてくれます。
普通の学校ではできない経験がたくさんできます。
ほとんどの人が英語を生かした仕事に就いて活躍しています。
英検やTOEICの資格勉強はもちろん、コミュニケーション能力もアップします。

口コミ元

ネガティブな口コミ

食堂みたいなのがあれば良かったのにと思います。
最寄り駅の地下鉄から歩いたら、15分くらいかかります。
(就職については)ホテルマンが多い気がします。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*