情報科学専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

情報科学専門学校は神奈川県にあるIT・コンピュータ・Web系の専門学校です。
情報科学専門学校は学校法人に認可されています。

情報科学専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
IT・コンピュータ・Web系 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-17相鉄岩崎学園ビル 認可

姉妹校の情報

姉妹校はありません。

情報科学専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR線・京急線・東急線・みなとみらい線横浜駅

情報科学専門学校の入試情報

AO入試:AO入学&学校説明会、オープンキャンパスへの参加、エントリーシート、事前課題、面談
高校推薦入試:書類選考
自己推薦入学:書類選考
指定校推薦入学:書類選考
家族推薦入学:書類選考
3・4年制学科特別推薦入学:書類選考、面接
A特待生入学:プログラマ適性検査および選択科目(英語、数学、国語、情報、簿記、小論文の中から1科目選択)、書類選考、面接
B特待生入学:書類選考、面接
C特待生入学:書類選考、面接
一般入試:学校説明会やオープンキャンパスへの参加、書類選考、面接

情報科学専門学校のオープンキャンパス情報

情報科学専門学校では、随時オープンキャンパスや体験イベント、学校説明会などを行っています。
オープンキャンパスは事前予約不要、入退出自由で予定に合わせて参加することが可能です。
学校説明やキャンパスツアーに加え、希望者を対象にミニ体験(ミニゲーム作りなど)や在校生とのトークタイムなど設けられています。
体験イベントではより本格的な技術体験ができ、自分の希望する学科やコースが本当に自分に合っているか見極めるチャンスです。
パソコンやスマートフォン向けのもの、ゲーム作りやドローン、AI技術の体験など申し込みの上参加が可能です。
一部電話予約が必要なものもあるのでご注意ください。
学校説明会では入学方法や学費など詳しく聞くことが可能で、個別相談を行っています。
一部の入学方法によってはこれらのオープンキャンパスなどに参加が入試資格の必須条件になっているので是非参加しましょう。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

情報セキュリティ学科|学費:401~500万

概要

情報セキュリティ学科には、「サイバースペシャリストコース」「ITスペシャリストコース」の2つのコースがあります。
ITスペシャリストコースでは、4年間基本情報処理等の資格取得を目指して勉強し、卒業後はシステム開発会社などに就職します。
アナリストやコンサルタントなど、システム開発においてワンランク上の人材となれるように、専門的な知識と技術を身につけます。
また、外部講師を招いた授業も展開しており、企業の技術者を招いての授業行っています。
実習や講演を通し、生の現場を体感することが可能です。
サイバースペシャリストコースでは、4年課程で情報処理安全確保支援士などになるための勉強をし、機械会社などで活躍します。
サイバー犯罪やウイルス対策を行うサイバーセキュリティのプロを育成します。
4年間で、安全確実なプログラミングからシステム運用まで体系的に学べるカリキュラムを組んでいます。

学費詳細・費用

情報セキュリティ学科 総額452万円
入学金:20万
授業料:242万円
その他:190万円

取得可能な資格一覧

情報処理安全確保支援士試験 、 システムアーキテクト試験 、 応用情報技術者試験 、 基本情報技術者試験、 情報セキュリティマネジメント試験 、 IT パスポート試験の国家試験受験資格 を得ることができたり、 個人情報保護士など目指します。

就職・内定先の実績

ヤフー 、 GMOインターネット 、デロイトトーマツリスクサービス 、 システナ、NTTコム エンジニアリング 、 日本アイビーエム・ソリューション・サービス  ほか、システム関連会社へ多くの卒業生を輩出しています。

実践AI科|学費:201~300万

概要

実践AI科には2つのコースがあります。
「AIシステムコース」では、最先端のAI技術を使ったより多くの分野で活躍できる能力を身につけるよう学びます。
「データサイエンティストコース」は、現在ある問題を解決するべく、最新のデータサイエンスを駆使するスキルを身に着けます。
また、「高度専門士」という4年制大学と同等に扱われる称号を得ることができるため、就職先の選択肢が広がることはもちろん、待遇面も優遇される可能性があります。

学費詳細・費用

実践AI科 初年度総額128万円
入学金:20万円

取得可能な資格一覧

データベーススペシャリスト試験 、 IT ストラテジスト試験 、 応用情報技術者試験 、 基本情報技術者試験、 IT パスポート試験、これらの国家試験合格で資格取得のほか、Linux技術者認定資格 、 Java SE 8 認定資格の取得等の取得を目指せます。

就職・内定先の実績

新設学科のため内定先情報はありません。

先端ITシステム化|学費:301~400万

概要

先端ITシステム科では、3年課程でIT技術についての知識と技術を習得します。
「ネットワーク・インフラコース」と、2020年に新設された「VR・MRコース」から選ぶことができます。
学生は資格取得を目指して勉強した後、システム開発会社などに就職し活躍します。
ネットワークやプログラミングなどのIT技術を基礎から学びます。

学費詳細・費用

先端ITシステム課 総額344万円
入学金 :20万円
授業料:181万円
その他:142万円

取得可能な資格一覧

ネットワークスペシャリスト試験、応用情報技術者試験、基本情報技術者試験、ITパスポート試験 などの国家試験受験資格の獲得、Webクリエイター能力認定試験、インターネット検定「.comMaster」、情報検定(情報システム試験)など受け、資格取得が可能です。

就職・内定先の実績

NTT-ME、富士通エフ・アイ・ピーDC、SJI、タマテクノシステム、富士テクノソリューションズ、システック、アイテクノ、アイティーシー など、システム関連会社に多くの卒業生を輩出しています。

情報処理科|学費:201~300万

概要

情報処理科には4つのコースがあり、「ゲームプログラミングコース」「スマホアプリコース」「システム開発コース」「IT活用コース」それぞれ2年課程で学びます。
ゲームプログラミングコースでは、資格取得後ゲーム制作会社などで活躍します。
最新のIT技術を駆使して、Xbox Oneのゲームやスマートフォン向けゲームなどを制作する技術を身に着けます。
スマホアプリコースでは、スマートフォン・タブレット各種で利用できるアプリケーションの開発について学び、習得します。
Android OSのアプリ開発の技術認定に関する各種試験の対策等も実施されています。
システム開発コースでは、基本的な知識はもちろん、実践的な技術まで、丁寧な指導で学ぶことができます。
システムエンジニア(SE)として幅広い業界に対応できる人材を目指せます。
IT活用コースでは、ITパスポート試験などを受け資格取得を目指し、システム開発会社などに就職します。
表計算、ワープロ、データベースなどのビジネスソフトから、パソコンのメンテナンスや画像の加工技術まで、パソコンについて徹底的に学び、幅広い知識と技術を身に着けます。

学費詳細・費用

情報処理科 総額236万円
入学金:20万円
授業料:121万円
その他:95万円

取得可能な資格一覧

ネットワークスペシャリスト試験、応用情報技術者試験、基本情報技術者試験、ITパスポート試験 などの国家試験受験資格の獲得、Webクリエイター能力認定試験、インターネット検定「.comMaster」、情報検定(情報システム試験)など受け、資格取得が可能です。

就職・内定先の実績

GMOインターネット、元気、オープンストリーム、トランスコスモス・テクノロジーズ、ヴィンクス、日立INSソフトウェア などに就職し活躍しています。

実践IoT科|学費:201~300万

概要

実践IoT科には、「IoTシステムコース」と「制御・ロボットコース」があり、自分の将来に必要な力を効率よく身に着けることができます。
いずれも2年課程で、2年次より希望のコースを選んで履修します。
IoTシステムコースでは、普及しているスマート家電からアプリまで、IoT技術を駆使して開発する技術を学びます。
専門知識・技術と自分のアイデアを活かしたモノづくりをスペシャリストとしてできるようになることを目指します。

学費詳細・費用

実践IoT科 初年度総額128万円
入学金:20万円

取得可能な資格一覧

エンベデッドシステムスペシャリスト試験、基本情報技術者試験、応用情報技術者試験、ITパスポート試験などの国家試験への合格で資格取得、その他 C言語プログラミング能力認定試験 、 情報検定(情報システム試験)などの資格取得も可能です。

就職・内定先の実績

DTS、システナ、UTテクノロジー 、ヤマトシステム開発、DATAビジネス 、京急システム 、 東急テックソリューションズ など、システム関連会社への就職実績があります。

Web技術科|学費:201~300万

概要

Web技術科には「Webデザイナーコース」「Webアプリコース」のふたつのコースがあります。
いずれも2年課程で、1年次にWebの基礎を学び2年次からコースを選択して、必要な技術を集中的に学びます。
Webデザイナーコースでは、様々な資格取得を目指し、勉強した後、デザイン会社などで活躍します。
見やすく使いやすいWebページを作ることをテーマに、Webデザインの知識・技術を、実践的な授業で楽しみながら身につけることができます。
Webアプリコースで学んだ学生は、広告会社などに就職して活躍しています。
SNSやネットショップなどで多く使用されている基本技術はもちろん、最新技術まで身に着けることが可能です。
コンテストやインターンシップに参加し、より実践的な技術を学べます。

学費詳細・費用

Web技術科 総額236万円
入学金:20万円
授業料:121万円
その他:95万円

取得可能な資格一覧

Webクリエイター能力認定試験、Illustrator(R)クリエイター能力認定試験、情報検定(情報デザイン試験)、情報検定(情報活用試験)、Photoshop(R)クリエイター能力認定試験、色彩検定(R)など受験し合格すれば資格取得が可能です。
システムに関する国家資格にも挑戦できます。

就職・内定先の実績

アイ・ジー・スクウェア、Buddying、フォーク、ForTheWin、ぐるなび、シグマロジスティクス など、Webデザイン・広告会社を中心に就職実績があります。

ITライセンス科|学費:101~200万

概要

ITライセンス科では、1年間で徹底的にITについて習得します。
学生は資格取得を目指し勉強した後、システム開発会社などで活躍しています。
授業は就職に直結する実践的なものが中心です。
1年間という短期間で国家試験合格を目指し、社会に出て必要なビジネススキルや専門的なIT技術を習得することが可能です。
近年では希望者全員が正社員として企業に就職し、活躍の場を広げています。

学費詳細・費用

ITライセンス科 総額118万円
入学金:10万円
授業料 60万円<ンbr>その他:47万円

取得可能な資格一覧

基本情報技術者試験、ITパスポート試験の国家資格認定試験に合格後資格取得、また、Linux技術者認定試験(LPIC)、Microsoft Certified Professional(MCP)などの試験合格で資格を得ることができます。

就職・内定先の実績

ソフトバンク(株)、(株)日立製作所、(株)NHKメディアテクノロジー、いすゞシステムサービス(株)、ヤフー(株) などに就職し活躍しています。

ビジネス科|学費:201~300万

概要

ビジネス科は2年制の5つのコースに分かれています。
一般事務・秘書コースでは、秘書技能検定などを受けて資格を取得し、一般企業の秘書や事務職などで活躍してます。
一般事務に必要なパソコンスキルを身に着け、ビジネスマナー、ホスピタリティを学び身に付けます。
銀行・受付窓口コースでは、学生は銀行業務検定などの勉強をし、金融機関などに就職しています。
カウンター業務などに必要なマナーなどを学びます。
また、実務経験のあるプロの講師からお客様目線のホスピタリティを実践を通して習得します。
販売・ショップ店員コースでは、販売士検定などの勉強をし、アパレル企業などに就職して販売員などとして活躍しています。
実際のショップを模した実習室が設けられており、そこで接客やお客様対応、ラッピングまでも実践できます。
接客、販売を基礎から学びます。
ITビジネスコースでは、卒業生はシステム開発会社などで活躍してます。
幅広い業界の企業で通用するパソコンスキルだけでなく、オフィス機器や画像加工などについても学習します。
簿記・会計コースでは、日商簿記検定などの検定試験合格をめざし、会計事務所などに就職します。
経理や財務の基本知識を身につけます。

学費詳細・費用

ビジネス科 総額236万円
入学金:20万円
授業料:121万円
その他:95万円

取得可能な資格一覧

秘書技能検定、サービス接遇検定、ビジネス文書検定試験、ビジネス実務マナー検定、日商簿記検定試験、ファイナンシャル・プランニング技能士(国家試験合格による)など、幅広い検定に挑戦し、合格を目指します。

就職・内定先の実績

オーディーシー、原燃輸送、潟上市役所、横浜銀行、アールケイエンタープライス など、金融機関や一般企業に就職しています。

情報科学専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

授業内容は大変ですがITが好きな方が入学してると思うので苦ではないと思います。
推薦を使える企業もそこそこあり、優良、上場企業に行っている方も少なくはないので、就職に関しては強い学校です。
進路の相談、面接の練習、ES履歴書の添付なども気兼ねなく安心してできます。
文化祭やイベント事があり、交流が好きな方には良い環境だと思います。
講師の方もやはり人にはよりますが親身に対応してくれる方が多く、やる気のある生徒への助力は惜しまないといった感じです。
業界就職率は高い水準を保っており、パーソナルヒストリーレポートという自分が学校生活の中でおこなってきた、頑張ってきたことなどを書き込めるレポートがありますのでそれを参考にすることで有利に就活を進められます。
学校生活を振り返ると充実してるところは横浜駅から近いということもあり買い物とか食事とかは完璧です。
四年間と長いが、その分卒業した時に大学卒業と同程度の【高度専門士】というものがもらえます。

口コミ元

ネガティブな口コミ

ITの学校なのに学校内での不具合や伝達事項の伝いがしっかりできていないことがありました。
最新の機器はあるが普通に生活してると触れる機会はなく、触りたい方はイベントやサークルに積極的に参加しましょう。無線設備が良くない。
施設設備の割に学費が高いです。
夏はクーラが効きません。
7時間目に補講授業があると聞いたが1度もない、なので全て自分次第です。
外部講師などが多くいて学校としての先生は少ないと感じました。
外部の人の授業は先生をやった事のない人がやるため教え方に違和感があったり、分からないことばかりで後のサポートなども不十分に思います。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*