神戸電子専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

神戸電子専門学校は兵庫県にあるIT・コンピュータ・Web系の専門学校です。
神戸電子専門学校は学校法人に認可されています。

神戸電子専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
IT・コンピュータ・Web系
アニメ・ゲーム・マンガ系
兵庫県神戸市中央区北野町1-1-8 認可

姉妹校の情報

姉妹校はありません。
併設校として、神戸情報大学院大学があります。

神戸電子専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

神戸市営地下鉄三宮駅/JR三ノ宮駅/阪神電鉄神戸三宮駅/JR新神戸駅/神戸市営地下鉄新神戸駅/北神急行電鉄新神戸駅

神戸電子専門学校の入試情報

AO入試:面談、オープンキャンパス参加、体験入学参加レポート提出
特別入試:書類審査、イベント参加
指定校推薦入試:書類審査
推薦入試:書類審査
一般入試:書類審査、面接

神戸電子専門学校のオープンキャンパス情報

神戸電子専門学校では、5月、6月のオープンキャンパス開催を発表しています(2019年5月時点)。
高校生の方、既卒生の方、社会人の方、フリーターの方など、保護者の方を含め誰でも参加が可能となっており、午前の部と午後の部、お好きな時間帯を選ぶことができます。
当日は学校説明のほか、各学科に分かれて体験実習を行うスケジュールとなっています。
本学校には多様な学科・コースがありますので、まだ希望学科を決めかねている方は必ず参加しておきたいところです。
また、日程によっては業界連携セミナーが実施されており、大手のアニメ制作会社やゲーム制作会社を招いてセミナーが開かれますので、興味のある方は忘れずに日程をご確認ください。
オープンキャンパスへの参加はAO入試の応募条件となっているほか、交通費補助、奨学金支給など嬉しい特典もありますので、本学への入学をご検討の方はぜひご参加ください。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

ITエキスパート分野|学費:401~500万

概要

IT・エキスパート分野には、「ITエキスパート学科」(4年制)、「ITスペシャリスト学科」(3年制)、「情報処理学科」(2年制)の3学科があり、「情報処理学科」はさらに「ITエンジニアコース」「Webエンジニアコースの」2コースに分かれています。
いずれの学科・コースでも万全の資格取得対策と、併設校「神戸情報大学院大学」と提携した実務重視のカリキュラムが特長となっており、各種言語を扱ったシステム開発、ネットワーク構築、プロジェクト管理など、幅広い学びによって、あらゆる産業・職種で活躍できるIT技術者や、海外でも通用するプロジェクトリーダーを目指します。

学費詳細・費用

ITエキスパート学科 総額452万円
入学金:20万円
授業料:68万円
施設実習諸費:40万円
ITスペシャリスト学科 総額344万円
入学金:20万円
授業料:68万円
施設実習諸費:40万円
情報処理学科 総額236万円
入学金:20万円
授業料:68万円
施設実習諸費:40万円

取得可能な資格一覧

情報処理安全確保支援士、ネットワークスペシャリスト、データベーススペシャリスト、応用情報技術者、基本情報技術者、情報セキュリティマネジメントなどの資格取得を目指します。
また「ITエキスパート学科」では、卒業によって4年制大学卒業と同等の「高度専門士」の称号が得られます。

就職・内定先の実績

株式会社野村総合研究所、株式会社NTTデータ関西、ヤフー株式会社、NTTコムウェア株式会社、NTTスマートコネクト株式会社、日本ヒューレット・パッカード株式会社、トレンドマイクロ株式会社、株式会社日本総合研究所、ピクシブ株式会社などが主な就職先となっています。
一般にも名前を知られている大企業が数多く就職実績に含まれていることが確認でき、多くの卒業生がシステムエンジニアやテクニカルエンジニアなどとして活躍しています。

電子工学・回路設計・プログラム分野|学費:201~300万

概要

電子工学・回路設計・プログラム分野は、「情報工学科」(2年制)の1科となっています。
当学科では、専門的なデジタル機器から身の回りの家電にいたるまで、あらゆるハードウェアシステムの理解とその電子制御を担う最先端の技術者を目指します。
電子回路の基礎から応用、アセンブラ言語、C言語など幅広く学び、座学だけではなく設計演習や制作実習など実践を多くカリキュラムに組み込むことで、さまざまな現場で即戦力として活躍できる人材を養成します。

学費詳細・費用

情報工学科 総額236万円
入学金:20万円
授業料:68万円
施設実習諸費:40万円

取得可能な資格一覧

C言語プログラミング能力認定、ディジタル技術検定、工事担任者などの資格取得を目指します。

就職・内定先の実績

ダイハツ工業株式会社、西日本旅客鉄道株式会社、カワサキロボットサービス株式会社、パナソニックコンシューマーマーケティング株式会社、株式会社KDDIエンジニアリング、株式会社アルファメディアなどが主な就職先となっています。
IoT技術の進歩により、ハードウェアに詳しいITエンジニアの需要は全国的に高まりを見せており、情報工学科の就職率は毎年100%を達成し続けています。

ビジネス・事務・営業・販売|学費:201~300万

概要

ビジネス・事務・営業・販売分野は、「情報ビジネス学科」(2年制)の1科となっています。
主なカリキュラムとしては、パソコンの基礎知識、Officeシリーズのソフト操作、プレゼンテーション、マネジメントなどとなっており、業種に関わらずあらゆる現場で必須となるビジネススキルを集中的に習得することができます。
就職を強く意識した学科であることもポイントであり、就職に有利となる各種資格の取得を徹底的にサポートしているほか、生徒が自分の適性に合った職種を選べるよう、進路指導のベテランが個人個人に丁寧に指導します。

学費詳細・費用

情報ビジネス学科 総額236万円
入学金:20万円
授業料:68万円
施設実習諸費:40万円

取得可能な資格一覧

Microsoft Office Specialist、ITパスポート、日商簿記検定、ファイナンシャルプランナー、秘書技能検定など、実務に関わる重要な資格取得を目指すことができます。

就職・内定先の実績

ソフトバンク株式会社、大和リゾート株式会社、日本郵便株式会社、株式会社イー・トラックス、株式会社城山、JA兵庫六甲、株式会社伊藤園、LG貿易株式会社、株式会社リンクアカデミーなどが主な就職先となっています。
汎用性のあるビジネススキルを総合的に学べるだけあり、卒業生の活躍するフィールドは営業、販売、事務、マネジメントなど多彩となっています。

建築・インテリア分野|学費:201~300万

概要

建築・インテリア分野には、「建築インテリアデザイン学科」(2年制)があり、同学科はさらに「建築デザインコース」と「インテリアデザインコース」に分かれています。
「建築デザインコース」は、CADを用いた建築CG技術を基礎から学び、建築士や建築CGデザイナーなどを目指します。
2年制コースとなっていますが、希望者は3年次コースに進学でき、2級建築士の資格取得を目指すことができます。
「インテリアデザインコース」は、CADの操作の他にてインテリア関係のデザイン知識を幅広く学び、インテリアデザイナーや福祉住環境コーディネーターを目指します。

学費詳細・費用

建築インテリアデザイン学科 総額236万円
入学金:20万円
授業料:68万円
施設実習諸費:40万円

取得可能な資格一覧

1級建築士、2級建築士、インテリアコーディネーター、インテリアプランナー、1級建築施工管理技士、2級建築施工管理技士、福祉住環境コーディネーター、建築CAD検定、CAD利用技術者、色彩検定などの多様な資格取得を目指します。(※一部資格は、卒業後一定年数の実務経験が必要です)

就職・内定先の実績

大和ハウス工業株式会社、株式会社日建設計、隈研吾建築都市設計事務所、瀬戸本淳建築研究室、大東建託、長尾建築研究所、松尾設計室などが主な就職先となっています。
卒業生の声を調査しますと、「無駄な授業がなく、すべての科目が実際に役立った」「授業で扱うソフトが使いこなせれば、どの建築事務所でも就職には困らない」など、就職を強く意識したカリキュラムが好評となっていました。

製品デザイン・3次元CAD分野|学費:201~300万

概要

製品デザイン・3次元CAD分野には、「インダストリアルデザイン学科」(2年制)があります。
「3次元CAD」「デザイン」「設計」をカリキュラムの3本柱に据え、商品の企画・プレゼンから、デザイン、設計に関わる一連の知識・技術を習得することにより、あらゆる分野で実務に即した実力を発揮できるCADエンジニアや商品デザイナーを目指します。
企業と太いパイプを持っている本学科では、在学中でも実際の商品の開発・設計・販売に携わることができ、プロと同等の意識をもって高度なスキルを学べる点がポイントです。

学費詳細・費用

インダストリアルデザイン学科 総額236万円
入学金:20万円
授業料:68万円
施設実習諸費:40万円

取得可能な資格一覧

インダストリアルデザイン学科で取得できる資格のデータは発表されていませんでした。

就職・内定先の実績

三菱重工業株式会社、川崎重工業株式会社、株式会社タカラトミー、三洋化学工業株式会社、株式会社NAITO、オーエッチ工業株式会社、株式会社フォーラムエンジニアリング、アイテックソリューション株式会社、カーポートマルゼン株式会社、株式会社三興などが主な就職先となっています。
設計エンジニアや3Dモデラーなど、開発・設計に関わる技術職として活躍する卒業生が多くなっています。

Web・グラフィックデザイン分野|学費:201~300万

概要

Web・グラフィックデザイン分野には、「グラフィックデザイン学科」(2年制)があります。
1年次は、デッサン、情報デザイン、色彩構成、レイアウトなど、さまざまな媒体におけるデザインを基礎から段階的に学んでいくカリキュラムとなっています。
そして2年次は、1年次に学んだ内容をもとに、ポスター、パッケージ、パンフレットなど、実務に即したオリジナリティあるデザイン表現を実践中心で学んでいきます。
紙媒体だけではなく、今後も需要が高まり続けると予想されるWebデザインのスキルについても理解を深めることができます。

学費詳細・費用

グラフィックデザイン学科 総額236万円
入学金:20万円
授業料:68万円
施設実習諸費:40万円

取得可能な資格一覧

CGクリエイター検定、DTP検定、カラーコーディネーター検定、色彩検定などの資格取得を目指します。

就職・内定先の実績

Vogaro株式会社、GMOインターネット株式会社、株式会社ナガサワ文具センター、株式会社エフアイシーシー、HABIT DESIGN、株式会社ティー・ワイ・オーテオーリアコミュニケーションズ、株式会社スペースジョイ、株式会社ミツエーリンクス、株式会社ノエビア、常盤薬品工業株式会社などが主な就職先となっています。
DTPデザイナー、Webデザイナー、グラフィックデザイナーなど、様々なデザインの分野で卒業生が活躍しています。

ゲームプログラミング分野|学費:401~500万

概要

ゲームプログラミング分野には、「ゲーム開発研究学科」(4年制)、「エンターテインメントソフト学科」(3年制)、「ゲームソフト学科」(2年制)の3つの学科があります。
いずれの学科でも、ゲーム業界への就職を目指しプログラミングを中心に学んでいくカリキュラムとなっています。
ゲーム業界と強固なパイプをもっている本学校では、著名なゲーム会社のトップクリエイターを招いてセミナーを行うなど、「ゲーム業界が求めるスキル」を直に学べる点がポイントです。
個人はもちろん、チームで連携した制作実習も豊富に用意されており、より現場に近い形で実践的な力を磨いていきます。

学費詳細・費用

ゲーム開発研究学科 総額452万円
入学金:20万円
授業料:68万円
施設実習諸費:40万円
エンターテインメントソフト学科 総額344万円
入学金:20万円
授業料:68万円
施設実習諸費:40万円
ゲームソフト学科 総額236万円
入学金:20万円
授業料:68万円
施設実習諸費:40万円

取得可能な資格一覧

C言語プログラミング能力認定、情報検定などの資格取得を目指します。

就職・内定先の実績

株式会社カプコン、株式会社スクウェア・エニックス、株式会社セガゲームス、株式会社バンダイナムコゲームス、株式会社レベルファイブ、株式会社ゲームフリーク、プラチナゲームズ株式会社、株式会社アンビションなどが主な就職先となっています。
多くの卒業生がその高い技術力を評価され、業界の第一線で活躍しています。

3DCG・映像制作分野|学費:201~300万

概要

3DCG・映像制作分野には、「3DCGアニメーション学科」(2年制)があります。
1年次は、デザイン、構成、色彩などデザインの基礎を学びながら3DCGのツールの操作を覚え、1年次修了時には短編映像作品を作れるほどにまで実践力を高めます。
2年次は実習が主となり、シナリオ・コンテ・編集技術などを学びつつ、就職のために必要となる作品集(ポートフォリオ)の制作に注力します。
また、プラス1年を学ぶ「総合研究科・CGコース」は、より高い技術を習得しつつ、じっくり時間をかけて作品を制作したいと希望する生徒に最適なコースとなっています。

学費詳細・費用

3DCGアニメーション学科 総額236万円
入学金:20万円
授業料:68万円
施設実習諸費:40万円

取得可能な資格一覧

CGクリエイター検定の取得を目指します。

就職・内定先の実績

株式会社スクウェア・エニックス、東映アニメーション株式会社、株式会社フロム・ソフトウェア、アソビモ株式会社、株式会社ポリゴン・ピクチュアズ、株式会社デジタル・メディア・ラボ、株式会社SNKプレイモア、株式会社ユークス、株式会社ジーンなどが主な就職先となっています。
ゲーム業界への就職が多くなっていますが、映画、テレビ、航空業界におけるシミュレーター作成など、3DCGデザインのスキルは広く求められており、卒業生の活躍フィールドは非常に多彩です。

アニメ・原画・動画・ペイント・撮影分野|学費:201~300万

概要

アニメ・原画・動画・ペイント・撮影分野には、「デジタルアニメ学科」(2年制)があります。
当学科では「キャラクターを描く力」と「デジタル技術」の2つのスキル習得にこだわり、作画、トレス、彩色、撮影(コンピュータを使った仕上げの過程)など、アニメ制作における総合的な技術を実際の製作工程とともに学ぶことによって、現場が求める高いスキルを持った人材の育成を目指します。
著名なアニメ制作会社の指導のもとに制作実習が実施されますので、最先端の技法や現場のスケジュール管理を学べる点もポイントです。

学費詳細・費用

デジタルアニメ学科 総額236万円
入学金:20万円
授業料:68万円
施設実習諸費:40万円

取得可能な資格一覧

色彩検定などの資格取得を目指します。

就職・内定先の実績

株式会社ジェー・シー・スタッフ、株式会社京都アニメーション、株式会社サンライズ、株式会社ぴえろプラス、株式会社OLM、株式会社プロダクション・アイジー、株式会社マッドハウス、株式会社動画工房など、業界をリードするアニメ制作会社に多数の就職実績があります。
アニメーターのほか、アニメ制作の全体の流れやスケジュール管理などを学べるため、制作進行として活躍する卒業生も多数います。

声優タレント分野|学費:201~300万

概要

声優タレント分野には、「声優タレント学科」(2年制)があります。
基礎発声や演技指導などヴォイストレーニングの基礎から、アフレコ実習、MC実習、ナレーター実習、ラジオDJ実習、舞台実習など、多様な実習プログラムによって実践力を磨いていきます。
アニメ系、サウンド系など、他学科とコラボレーションして作品制作に参加できる総合学園ならではの実践的カリキュラムもポイントです。
基礎から段階的に声の訓練を行い、表現力を高めていきますので、完全初心者の方でも安心です。

学費詳細・費用

声優タレント学科 総額246万円
入学金:20万円
授業料:68万円
施設実習諸費:45万円

取得可能な資格一覧

声優タレント分野で取得できる資格のデータは特にないです。

就職・内定先の実績

ケッケコーポレーション、株式会社キャラ、クリアファースト、IAMエージェンシー、株式会社城山などが主な就職先となっています。
その他、青二塾、シグマ・セブン、マウスプロダクションなど、声優プロダクション、養成所、オーディションなどへの合格実績が多数あります。

音・楽曲制作・音響効果分野|学費:201~300万

概要

音・楽曲制作・音響効果分野には、「サウンドクリエイト学科」(2年制)があります。
1年次は作曲、編曲、レコーディング、ポップス、音響など幅広い音の分野について機器操作とともに学び、音作りの基本を理解します。
2年次はより実践的に、クリエイター職として活躍するための技術や感性を、他学科の作品とコラボした実習によって習得していきます。
プロも使っているレコーディングスタジオやフォーリースタジオなど、施設が充実している点も本学を選ぶ上でのポイントです。

学費詳細・費用

サウンドクリエイト学科 総額246万円
入学金:20万円
授業料:68万円
施設実習諸費:45万円

取得可能な資格一覧

音・楽曲制作・音響効果分野で取得できる資格のデータは特にないようです。

就職・内定先の実績

ヤマハミュージックジャパン株式会社、株式会社サウンドエースプロダクション、株式会社トーセ、株式会社大阪共立、株式会社放送映画製作所、株式会社三和映材社、株式会社東通インフィニティーなどが主な就職先となっています。
本学科の卒業生は、映画、テレビ番組、ドラマ、アニメ、ゲーム、舞台など、あらゆるマルチメディアの現場で「音」を表現するプロとして活躍しています。

PA・照明・放送・レコーディング分野|学費:201~300万

概要

PA・照明・放送・レコーディング分野には、「サウンドテクニック学科」(2年制)があります。
PA(拡声、音響)、レコーディング、MA(音の調整、ミックス、収録)、照明など幅広く学び、コンサート、ライブ、舞台、スタジオなどでアーティストの生み出す音を最大限引き立てる音のプロフェッショナルを目指します。
現代のサウンド分野に欠かせない各種のデジタル機材に触れながら業界第一線で活躍しているプロの指導を受けられますので、現場で役立つ実践的なテクニックを習得することができます。

学費詳細・費用

サウンドテクニック学科 総額246万円
入学金:20万円
授業料:68万円
施設実習諸費:45万円

取得可能な資格一覧

PA・照明・放送・レコーディング分野で取得できる資格のデータは特にないようです。

就職・内定先の実績

劇団四季、株式会社タケナカ、株式会社エイ・アール・ケイ、株式会社サウンドインスタジオ、株式会社ユー・エス・ジェイ、株式会社大阪共立、株式会社ラジオ関西、株式会社ジーベックなどが主な就職先となっています。
卒業生はレコーディングエンジニア、音響技術部、映像オペレーター、アシスタントディレクターなど、さまざまな職種で音響のプロとして活躍しています。

日本語学科|学費:101~200万

概要

日本語学科は、主に海外からの留学生向けに日本語の習得を目指すコースです。
4月入学のほかに7月、10月の入学も可能となっており、修了年限は入学時期に応じ2年、1年9ヵ月、1年6ヵ月と変動します。
いずれのコースでも、日本で働く上での実用的な日本語習得を目標とし、スピーチ、ディスカッション、プレゼンテーションなど実践的なカリキュラムによって、生徒の学習意欲を高めつつ、日本語能力試験への合格を目指します。

学費詳細・費用

日本語学科(2年コース) 総額139万円
入学金:5万円
授業料:62万円
その他諸経費:5万円

取得可能な資格一覧

日本語能力試験(N1、N2)への合格を目標とします。

就職・内定先の実績

日本語学科の内定先に関するデータは特にないようです。
卒業後は、大学、短大、専門学校などへの進学が想定されています。

神戸電子専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

頻繁に業界セミナーを行っているので、やる気があればとても濃密な2年が送れます。
VRなどそれなりの機材類も揃っています。
かなり丁寧な教育で、熱意のある生徒には答えてくれます。
学校独自のパイプを複数持っており、講師にプロの業界人が来ることも多いです。
先生との距離が近いです。
駅から徒歩10分ほどの場所にあり、学校すぐ横に寮もあるので便利です。
設備はとても整っています。
大手企業への就職率は90%を越えていました。
実践的で職に就いてもすぐに使える技術を教えてもらえます。
企業との連携が充実しています。

口コミ元

ネガティブな口コミ

就職は出来ると思いますが、あまり良いところには就けません。
先生よりも先輩に教えてもらう方が多いです。
あまり役立つ資格は取得できません。
(学費について)高額な割に得られるものが少なすぎます。
求人斡旋は、(希望業界とは異なる)工場か介護しか薦められないので不信感しかなかった。
基本的に建物が古いです。
体験入学を行った綺麗な教室は基本的に利用しません。
全く資格を取らない学科もあります。
施設は充実していますが、ノートパソコンや消耗品は自腹になります。
就職に関しては、はっきり言ってかなり悪いです。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*