専門学校 日産栃木自動車大学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-07-09

         

専門学校 日産栃木自動車大学校は栃木県にある自動車・鉄道・航空 機械・電子・化学系の専門学校です。
専門学校 日産栃木自動車大学校は学校法人に認可されています。

基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
専門学校日産 自動車・鉄道・航空・機械・電子・化学系 栃木県河内郡上三川町上郷2120 認可

姉妹校の情報

姉妹校として、日産京都自動車大学校、日産横浜自動車大学校、日産愛知自動車大学校、日産愛媛自動車大学校があります。

パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR石橋駅

入試情報

AO入試:オープンキャンパス参加、事前面談、書類審査
指定校推薦入試:書類審査、面接
一般入試:書類審査、面接、学科(数学)
企業推薦入試:書類審査、面接、(一級自動車工学科のみ)学科(数学)
留学生入試:書類審査、面接、学科(数学、日本語)

オープンキャンパス情報

日産栃木自動車大学校では、6/23、7/6、7/13、7/27、7/28、8/3、8/4、8/24、8/25、8/31の日程で体験入学会を含むオープンキャンパスを開催しています。
「ハイスペックカー同乗体験」「NISMOイベント」「AO入試パーフェクトレッスン」などさまざまなイベントが用意されていますが、開催日によって内容が異なっておりますので、申し込みの際には公式HP等で開催内容をご確認ください。
ほぼすべての日程において交通費・宿泊費の補助があり、最寄り駅(石橋駅)からの送迎も行われておりますので、遠方の方でも安心です。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

一級自動車工学科|学費:401~500万

概要

一級自動車工学科は、4年間の学習で「国家一級自動車整備士」の資格取得を目指すコースです。
一級整備士は自動車整備のプロとして最高峰の国家資格であり、安全管理、故障診断、環境保全などさまざまな分野で高い技能を有していることの証明となります。
豊富なパートナーシップを生かしたインターン制度、ワークショップ、ロールプレイング研修などを生かし、一流のエンジニアとして必要な社会性やサービスマネジメント能力、お客様対応力を身につけられる点もポイントです。

学費詳細・費用

一級自動車工学科 総額438万円
入学金:24万円
授業料:63万円
実験実習費:13万円(3,4年次は22万円)
施設設備費:23万円

取得可能な資格一覧

卒業によって、国家一級自動車整備士(小型)の受験資格が得られます(※実技試験は免除となります)。
在学中に取得できる資格としては、日産2級整備士、日産3級テクニカルアドバイザー、日産EV技術教育、中古自動車査定士、損保一般試験基礎単位、損保一般試験自動車保険単位、危険物取扱者、職業訓練指導員などがあります。
業界で広く通用する日産の独自資格が多く得られる点がうれしいポイントです。
また、卒業と同時に高度専門士(工業専門課程)の称号が得られます。

就職・内定先の実績

栃木日産自動車販売、日産プリンス栃木販売、茨城日産自動車、日産プリンス茨城販売、埼玉日産自動車、日産サティオ埼玉、日産プリンス埼玉販売、栃木トヨタ自動車、ホンダカーズ宇都宮中央、北関東マツダなどが主な就職先となっています。
メーカー校ということもあり、就職先は日産系のディーラーや関連企業が多くなっています。
日産の販売店は全国各地に偏在しているため、学校所在地周辺だけではなく、地元へ戻って就職する卒業生も多くいます。

自動車整備科|学費:201~300万

概要

自動車整備科は、2年間の学習で「国家二級自動車整備士」の資格取得を目指すコースです。
主なカリキュラムは車検実習、電装関連、エンジン電子制御、日産機器を用いた整備実務、EV(電気自動車)教育などとなっており、日本有数の充実の実習施設で、豊富な実習車に触れながら基礎からスキルを磨いていくことができます。
職場における役割分担、顧客とのコミュニケーション、チームでの問題解決を重視したロールプレイング実習により、現場での自発的に行動することの大切さや、社会人としての振る舞いを学べる点もポイントです。

学費詳細・費用

自動車整備科 総額222万円
入学金:24万円
授業料:63万円
実験実習費:13万円
施設設備費:23万円

取得可能な資格一覧

卒業によって、国家二級自動車整備士(ガソリン、ジーゼル)および国家二級二輪自動車整備士の受験資格が得られます。
在学中に取得可能な資格としては、日産3級整備士、日産EV基礎教育、中古自動車査定士、損保一般試験基礎単位、損保一般試験自動車保険単位、危険物取扱者、ガス溶接技能講習などがあります。
また、卒業と同時に短大卒業と同等である専門士(工業専門課程)の称号が得られます。

就職・内定先の実績

栃木日産自動車販売、日産プリンス栃木販売、青森日産自動車、日産プリンス青森販売、日産サティオ弘前、岩手日産自動車、盛岡日産モーター、日産サティオ群馬、栃木スバル、東日本三菱自動車販売などが主な就職先となっています。
日産栃木自動車大学校の就職率は例年100%となっており、その実績には日産を筆頭とした大手有名自動車メーカーが多く含まれています。

自動車整備・スポーツメカニクス科|学費:301~400万

概要

自動車整備・スポーツメカニクス科は、自動車整備技術に加え、自動車レースに出場する車両の製作・メンテナンスについて3年間学ぶコースです。
自動車構造についてより深く知りたい、メカニックとして高度な技術を追求したいという方に最適のコースとなっており、車両各部の綿密な保守点検、整備技能を基本から学び直し、高度な技術の結晶であるレーシングカーを仕上げていきます。
年間を通じて実際のレースに出場してレース運営に関わり、高い実践力を修得できる点もポイントです。

学費詳細・費用

自動車整備・スポーツメカニクス科  総額330万円
入学金:24万円
授業料:63万円
実験実習費:13万円(3年次は22万円)
施設設備費:23万円

取得可能な資格一覧

国家二級自動車整備士、国家二級二輪自動車整備士、国内A級ライセンスなどの資格取得を目指します。
A級ライセンスは、レーシングカーを運転するために必要な資格です。

就職・内定先の実績

栃木日産自動車販売、日産プリンス栃木販売、日産車体、愛知機械工業、カルソニックカンセイ、ジヤトコ、オーテックジャパン、日産部品販売、日産クリエイティブサービス、日産サービスセンターなどが主な就職先となっています。
就職にあたっては、綿密な業界研究や企業理解、希望業界へのインターンシップを通し、履歴書の書き方指導や面接実習など、豊富な就職サポートがある点がうれしいポイントです。

パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

メーカー直系だから、設備はかなり充実しています。
実習車も多く、全員が間違いなく実習できる環境です。
整備士としての就職口はもちろんですが、営業職、開発職それぞれ進める所も魅力です。
各県からの求人もあるので、県外出身者も地元で就職出来ます。
履歴書はくまなくチェックしてもらえ、面接練習も先生に言えば沢山してもらえました。
いろんな分野の車好きが集まっているので休み時間は車雑誌をみんなで読んだりしました。
クラブ活動も盛んで、スポーツ系もあれば車系の部活もいくつかあり、複数に所属することも可能です。

口コミ元

ネガティブな口コミ

学校の周りには何もなく交通の便が悪いのが難点です。
最寄駅からはバスが出ていますが本数が限られています。
学費は少し高めです。工具を揃えたりかなりの金額がかかります。
授業毎に先生が変わり、先生によって差が有るため、分かりにくい場合があります。
一部でしょうが、近隣道路での迷惑行為など、車・バイク(特に改造車)通学の生徒の素行が悪いのが目立ちます。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*