ESPエンタテインメントの評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-24

公開日:2019-06-12

         

ESPエンタテインメントは大阪府にある映像・マスコミ・芸能系の専門学校です。
ESPエンタテインメントは学校法人に認可されています。

ESPエンタテインメントの基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
ESP 映像・マスコミ・芸能系 大阪府大阪市北区豊崎3-21-7 認可

姉妹校の情報

インターナショナル・メディア学院
日本ナレーション演技研究所青二塾
シグマ・セブン声優養成所
プロ・フィット 声優養成所

ESPエンタテインメントの
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR大阪駅御堂筋口/阪急梅田駅/地下鉄中津駅

ESPエンタテインメントの入試情報

AO入学:書類選考
推薦入学:書類選考
一般入学:書類選考

ESPエンタテインメントのオープンキャンパス情報

ESPエンタテイメントのビジュアルアーツ専門学校の学科は5つあります。
「放送映画学科」ではTV番組や映画、映像制作です。
「声優学科」ではアニメのCV、俳優、ダンサーです。
「音楽芸術学科」では音響、PA、証明等の音楽業界です。
「ミュージシャン学科」ヴォーカル、ギターベース、ドラムのパート別それぞれにプロのレッスン指導が受けられます。
「写真学科」ではプロ仕様のカメラで自分の映像を表現出来ます。
仕事を解説しライブやモデル撮影を体験できます。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

音楽アーティスト科|学費:101~200万

概要

音楽アーティスト科では歌手・ヴォーカリスト 、シンガーソングライター、 ギタリスト 、 ベーシスト、 ドラマー 、 音楽プロデューサー 、 作詞家 、 作曲家 、 編曲家 、 音楽教師 などを目指す生徒にそれぞれの専門の経験豊かな講師たちが、基礎から丁寧に指導しています。
ヴォーカリストコースでは基本の発声法などのヴォイストレーニングから、メロディの作り方や作詞のノウハウ、オリジナル曲の制作までじっくり学ぶことができ、最終的にはライブ発表を通してそれまでに習得したスキルや表現力を試すことができます。
個性豊かでフレンドリーな講師と共に楽しみながら学び、仲間と一緒に夢に向かって成長できる場になっています。

学費詳細・費用

音楽アーティスト科【昼間部】(1・2年制)150万円 分納(85万円・65万円):【夜間部】(1・2年制)85万円 分納(53万円・32万円)基本的な教材・教科書・材料費等を含みます。

取得可能な資格一覧

音楽・エンタメ業界は「資格」以上に「技術」が必要な業界です。
アーティストは歌唱や演奏やステージ上でのパフォーマンスの技術、スタッフは現場で臨機応変に対応し活躍するための技術が重要になります。
もちろん、スタッフには仕事の幅を広げるための資格もあるので、資格取得の支援も行っています。

就職・内定先の実績

アミューズ、エキスプレス、LDH JAPAN、オスカープロモーション、キュードーマネジメントシステムズ、キティエンターテインメント、ジャニーズ事務所、スターダストプロモーション、綜合舞台、ソニー・ミュージックエンタテインメント、チームアクティブ、ヌーベルバーグ、ピットレー、ヒビノ、ホリプロ、ワーナーミュージック・ジャパン、ワタナベエンターテインメント 他(2007年~2017年卒業生実績/姉妹校 ESPエンタテインメント東京 実績含む)

声優芸能科|学費:101~200万

概要

世界的な音楽メーカー「ESP」が専門学校ESPエンタテインメント大阪を運営しています。
タレント・声優・音楽スタッフをプロ仕様で育てていく学校です。
授業をしながらではなく、すぐに現場で実践を積むことができます。
学校に入学すると入学前にレベルチェックを行います。
レベルに応じてクラスを編成を行います。自分のレベルに合った授業で、まずは基礎知識・技術を叩き込み応用を学びプロの道へと近づく基礎の基盤ができるようになります。
色々な経験を積み応用力を身につけて自分だけの表現を確立させてオーディションを受けてみたらいいでしょう。

学費詳細・費用

2020年度納入金:150万円 (初年度。入学金・教材費・施設費等を含む。
2年次納入金:130万円

取得可能な資格一覧

完全現場主義の声優養成所で資格は要りません。
当校独特のコンセプトの、プロダクション直属の声優養成所です。
当学院は年齢制限はありません。

就職・内定先の実績

学院生徒の出口(アニメ・洋画吹替・ラジオ・テレビ・映画・ゲーム・WEB動画など。
日本各地域のAM・FMラジオ放送と携帯・PCインターネットラジオ放送を融合させた『パケディオ放送』により200回以上の声優・アニメファン向け番組を全世界40万人以上に配信しています。

音楽芸能スタッフ科|学費:101~200万

概要

音楽業界内には数多くの職種がありますが、一般的にはその仕事内容がわかりにくい職種の多いことも実際です。
そこでESP学園の音楽芸能スタッフ科では、主要基礎科目を入学後2ヶ月間でひと通り受講していただき、その後、自分に合ったコースを最終的に決定できるシステムになっています。
ですから、自分の適性を判断し、後悔しないようコース選びができるということです。
たとえば、「レコーディングコースで入学したけれど、照明コースが自分に合っている・・・とわかった時点で、レコーディングコースから照明コースにコース変更することができます。

学費詳細・費用

2020年度納入金:150万円 (初年度。入学金・教材費・施設費等を含む。
2年次納入金:130万円

取得可能な資格一覧

資格取得はないです。
業界を目指す学校なので、資格を取るというよりは、自分でオーディションなどを受けて合格してプロダクションやチームに所属することです。

就職・内定先の実績

エスエスシステム、大阪共立、神田商会、キッスコーポレーション、キョードーマネージメントシステムズ、キティエンターテインメント、響映、コーモス、シエロ、島村楽器、松竹芸能、スウィートパワー、スターダストプロモーション、スウィッシュジャパン、スタジオ・ティーバード、チームアクティブ、テイチクエンタテインメント、ティー・インフィニティ、ドリーミュージックアーティストマネージメント、パインフィールズ、バンケット・プランニング、ハートス、フラッシュバック、フレア、北陸共立、ミキサーズラボ、三木楽器、メディアバスターズ、ヤマハミュージックパブリッシング、ワタナベエンターテインメント 他

ESPエンタテインメントの
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

先生との距離感が近く、気軽に質問や相談ができる環境で安心して通学できました。個性豊かでフレンドリーな先生が多いので授業もとても楽しく、同じ夢を持った仲間たちと切磋琢磨しながら、充実した学校生活を送る事ができました。就職についても手厚いサポートを受けられました。
楽器や機材などを扱うESPが運営していて数多くの有名アーティストの出身校ということもあり、音楽業界からの信頼も厚く、常に様々な方面からオファーがあるので就職活動をスムーズに進められました。

口コミ元

ネガティブな口コミ

設備や機材が充実しているため、学費は比較的高いと思います。授業は基礎の部分からじっくり学ぶ内容なので、はじめのうちは少し物足りなさを感じることもありました。
コースや授業によっては駅からかなり離れている校舎もあり、通学が不便な場合もありました。
生徒同士の中もよく和気あいあいとした雰囲気なので集中して学ぶことが難しい時もありました。
知名度のある学校なので就職には有利な面もありますが、それだけに頼らず授業の中で学んだ知識と技術をしっかりと自分のものにする力が必要だと思います。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*