富士吉田市立看護専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2020-08-25

         

富士吉田市立看護専門学校は山梨県にある看護・医療系の専門学校です。
富士吉田市立看護専門学校は学校法人に認可されています。

富士吉田市立看護専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
看護・医療系 山梨県富士吉田市上吉田5606-18 認可

姉妹校の情報

富士吉田市立看護専門学校の姉妹校情報は特にありません。

富士吉田市立看護専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

富士急行富士山駅

富士吉田市立看護専門学校の入試情報

指定校推薦入試:小論文、面接
推薦入試:小論文、筆記試験、面接
特別入試一次:小論文、筆記試験、面接
一般入試:筆記試験、面接
特別入試二次:筆記試験、面接

富士吉田市立看護専門学校のオープンキャンパス情報

富士吉田市立看護専門学校のオープンキャンパスは、高校生が参加しやすいようにとの配慮からか毎年夏休みの時期に行われています。
過去には台風の影響で延期されたこともありましたが、延期時期も夏休み内に設定されていたようです。
その時期以外にもミニオープンキャンパスと称し、規模を若干縮小したものが複数回実施されており、学内を見学する機会は多いです。
オープンキャンパスでは学校案内を通じ、実際の学校生活についての説明が行われる他、実際の授業を受けられる模擬授業が実施されています。
実際に学生が演習で行う注射や患者さんへのお世話なども体験することが出来ますので、実際の学校生活を想像出来るよう配慮されています。
富士吉田市立看護専門学校への入学を検討されている方はもちろんですが、看護師という仕事そのものに興味がある方にとっても大変有益なオープンキャンパスと言えるでしょう。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

看護学科|学費:100万以下

概要

富士吉田市立看護専門学校は看護学科のみであり、看護師を目指すのであれば国内でも有数の専門学校です。
というのも開校以来、卒業生の看護師国家試験合格率はほぼ100%となっており、特に2010年以降は全員合格が続いています。
元々合格率の高い国家資格なのは確かですが、それにしてもこれだけの合格実績は全国でも有数のものであり、看護師を目指している方々にとっては心強い学校と言えるでしょう。
このように安定して合格者を輩出し続けられる要因はどこにあるのでしょうか。
まずカリキュラムが5分野に分類されていますが、その中で基礎である部分を重要視している事が挙げられるでしょう。
専門知識を得る前に、医療の対象となる人間そのものに対する理解を踏まえ、それを通じて人間を取り巻く社会そのものについて理解を深めていきます。
医療とはいえ、日々社会情勢と共に変化していくものです。
そうした点を疎かにせずに学んでいける為、将来に対する不安や悩みを抱えた場合でも自分で解決出来る能力を持つ事ができ、自分自身に対する自信を持つ事が出来るようになるのでしょう。
そうした自信が受験対策に繋がる他、近隣の医療機関で活躍する教授や医師といった質の高い外来講師陣による講義を受講できるのも大きいでしょう。
将来の同僚ともなりうる臨床の看護師や認定看護師、専門看護師も講義に来てくれますので、実際の看護師として働く際の心構えや、生活、或いは受験対策と言った事まで質疑が可能です。
また、学内だけではなく、近隣市町村の病院、介護施設や福祉施設といった様々な場所で実習出来ますので、質の高い看護を肌で感じられるのも大きいのでしょう。
このように合格率を高められるだけのカリキュラムが用意されているのはもちろん、実際に看護師になった後もスムーズに臨床現場で活躍出来るだけの経験が出来ます。
これらが富士吉田市立看護専門学校の魅力と言えるでしょう。

学費詳細・費用

看護学科 総額51~56万円
入学金:山梨県内7万円、県外12万円
在学期間学費:44万円

取得可能な資格一覧

看護師国家試験受験資格を取得可能です。
専門の教育機関を経由して受験する国家資格ですので元々高い合格率となっている国家試験ではありますが、中でも富士吉田市立看護専門学校は合格率100%を達成し続けており、圧倒的な実績を持っています。
他にも保健師、助産師学校受験資格も取得できますので、看護師以外の可能性も検討する事が可能です。
さらに卒業時点で専門士の称号も得られますので大学編入の道も開ける他、臨床経験後には看護教員養成所受験資格の取得、専門看護師、認定看護師といったステップアップも可能です。

就職・内定先の実績

市立の公立専門学校という事もあり、内定先のほとんどは県内の医療機関となっています。
中でも多くの卒業生が学校近隣の富士吉田市立病院へと就職しており、研修等でも馴染みのある病院で看護師として活躍することが出来ております。
同じ地域内にある山梨赤十字病院の内定者も多く、富士吉田市立病院と合わせて7、8割の卒業生がこちらに内定を決めています。
大月市立中央病院、都留市立病院といった東部地域での内定もありますが、近年は山梨厚生病院、山梨大学医学部付属病院を始めとする国中地域への内定者も増えています。
一方で山梨県外の医療機関に内定しているのは例年1人から2人、多くても3人程度です。
卒業後に大学編入される方も同じ程度の割合ですので、山梨県内で看護師として働きたい方にお勧めできる進路状況と言えるでしょう。

富士吉田市立看護専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

「1年次では座学が多いけれど、特に3年次では10月まで実習を行い、先生方のサポートで国家試験の合格率も100パーセントです。学内の先生だけではなく、県内にある大学の先生も来ていただき、様々な講義をしてもらいます。看護師になるための知識や技術をきちんと身につけられる学校です。」
「国家試験の合格率は100パーセントです。国家試験対策委員というものを先生方がつくり、先生方のサポートがとても手厚いです。」
「市での負担が大きいので、ほかの専門学校と比べるとかなり安いです。ナース服、教科書代、実習費を足して100万行かないくらいだと思います。」

口コミ元

ネガティブな口コミ

「最寄り駅が富士山駅なのですが、駅から遠く、バスも1時間に二本ぐらいしかないです。交通の便利は本当に悪いです。ほとんどの生徒は車で通学しています。」
「教師陣はやる気があり、実技指導も丁寧。実習は大変だが、教師と指導者からサポートが受けられる。分からないことは自分から質問しに行く、技術不足であれば時間を取って練習するなど自主性がかなり求められる。学費が安いのが何より魅力。雪が降ると休講になりやすい。校舎は明るく綺麗だが、冬季はかなり冷え込むため膝掛けは手放せない。野生動物が出るからという理由で18時までしか学校にいられないため、遅くまで居残りして勉強することはできない。学年によって人数や雰囲気が大分異なるため、合う合わないは人によるかもしれない。学祭は4月にあるため1年生は準備が大変。」

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*