福井県立看護専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2020-08-25

         

福井県立看護専門学校は福井県にある看護・医療系の専門学校です。
福井県立看護専門学校は学校法人に認可されています。

福井県立看護専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
看護・医療系 福井県福井市四ツ井2丁目8-1 認可

姉妹校の情報

姉妹校はありません。

福井県立看護専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

三国芦原福井口駅

福井県立看護専門学校の入試情報

一般入学:試験科目は理科(生物基礎、科学基礎から選択)・国語・英語、面接
推薦入学: 小論文、面接

福井県立看護専門学校のオープンキャンパス情報

新型コロナウイルス感染症が日本国内で拡大している為、今年のオープンキャンパスは中止にしています。
前年度のオープンキャンパスの内容は福井県立看護専門学校で在校生が体験した事を発表と学校についての説明をした後に施設を見学し模擬授業や看護についての体験学習をします。
在校生との交流ができるので、入学後の事や学習環境について詳しく知る機会になります。
また入試相談会もあるので学校の説明でわからなくてもここで説明を再度詳細に知れます。
オープンキャンパスでは内履きとタオルが必要になるので持参してください。
オープンキャンパス参加は事前の申し込みが要りますのでホームページからか高等学校の進学担当の教員に申し込みをして予約してください。
オープンキャンパスの対象者は保護者か福井県立看護専門学校に進学先を希望している者が対象です。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

看護科|学費:201~300万

概要

福井県立看護専門学校は、医学や医術で人の命を助ける役割を持つ人々を手助けする仕事を目指す専門学校です。
人々の健康や生活を守る看護師は社会にとって欠かせない職業です。
彼らのおかげで病院は円骨に回っています。
日々、現代医療は複雑に進化しており、高度差を増しています。
今必要とされるのは専門的な知識身につけて技術を磨いた看護師です。
福井県立看護専門学校ではそんな看護師になる生徒を輩出しています。
生徒に望むことは自ら学び、積極的に勉強していく姿勢を常に医学の進歩に考えを巡らせ、自ら技術を習得する求めています。
福井県立看護専門学校の教育理念の目的は看護師として時間自覚と倫理観を持ち、本校で育まれた豊かな人間性と正しい知識、マナーを身につけて社会人として胸を張れる看護師を育成しています。
教育の目的は生徒が様々な人に対応できる臨機応変な態度を学び、基礎として教えてる技術や知識を修得し看護師に必要とする部分を重要な考えとして蓄えていきます。
教育としての目標は命を尊重する考えを身につけ、人体だけではなく精神や社会について考えその全てを統合された人間を理解する、看護師による誤った診断や治療などで傷害などを与え死亡などの医療過誤が起きないように科学的根拠に基づく基礎的な考えを磨き医学判断を養う、医療チームの一員として自分の役割を考え行動し実践する力をつける、積極的に勉強し常に最新の医療に気を配ります。
教育内容は5分野に分かれており、基礎分野、専門基礎分野、専門分野1、専門分野2、統合分野になっています。
授業時間の総数は3年間で3045時間で単位にすると98単位です。
他には学年ごとに基礎実習、統合看護実習、専門領域実習の臨地実習を行います。
この実習を行うことで、看護師として必要なことを学んでいきます。
聞こえる学生の声としては、病院からの手助けがとても厚く勉強する環境がとても良く整っていて、国家試験を見据えて真剣に学ぶことができます。
また国家試験合格率は12年連続全員合格という実績があるので、スケジュールはとても厳しいですが、実習後に実習を振り返る講義もあり、学習時間する時間を作ってくれます。
また苦手分野がある生徒の克服のために外部からの講師を招致する事もあります。

学費詳細・費用

看護学科 総額210万円
学費:49万円
入学費:20万円
その他:6万円
施設費:15万円

取得可能な資格一覧

看護師国家試験の受験資格、保健師・助産師養成機関の受験資格、看護大学編入学試験受験資格と専門士の称号取得ができます。

就職・内定先の実績

福井勝山総合病院、 嶋田病院、福井県立病院、福井大学医学部附属病院、福井県済生会病院、福井赤十字病院、公立丹南病院、国立病院機構あわら病院、福井厚生病院、林病院、金沢医科大学病院、名古屋第二赤十字病院などが内定先の実績として公開されています。

福井県立看護専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

福井県の看護専門学校の中で、1番頭が良いとも言われています。
四大ではなく、三年過程の看護専門学校で看護技術や知識を学ぶことによって、同じ学年の四大の看護学科に進学した人より、一年早く看護師になることができ、看護技術や知識も現場に出ることによって身につくと思います。また、福井県立病院に入職することができ、三次救急の現場で働くことが出来るので、救急などの急性期看護師になりたい人は、とても利点があると思います。授業も先生方がとても丁寧で分かりやすく、実習も実習先病院の看護師さんがアセスメントしていく中で手助けして下さるので、安心して実習出来ると思います。また、3年生では、看護師国家試験の対策もあり、看護師国家試験合格に向けて、クラス全体で努力すると先輩方も仰っています。
県内で、看護師養成学校に進学するなら、ここ福井県立看護専門学校をおすすめします。学校の資料等取り寄せして見てみると魅力が分かると思います。
看護師になりたいと思ってる学生にはよい学校だと思います。
国家試験の合格率は10年連続で100%で、他の専門学校や大学に比べるととてもよい成績だと思います。しかし日々、課題やグループワーク、技術の練習に追われます。また、長期休暇は高校と同じで、課題がたくさん出ます。そのため、遊びたい人は来るべきではないと思います。
1年生の時から国試の勉強を始められるようにテキストやプリントを行います。
県立病院や大学病院で働いている看護師さんやお医者さんが講義をしてくださいます。
わりと新しい建物のため綺麗な学校です。
また看護技術を習得するために必要な設備は整っています。
そのため、臨床のことを身近に感じながら講義を受けることができます。
学費全般に関しては県立の看護専門学校なので、ほかの看護系の学校と比べてかなり安いです。
入学前にかかる費用は、教材や制服、実習服などあるため、それなりにかかります。
奨学金を利用している人もいます。
電車の最寄駅は学校から徒歩10?15分くらいのところにあり、電車通学できる。県立病院に隣接しているので、バスもあり、アクセス面は良好。また、自分で駐車場を契約できるため、自動車通学の人もいます。
家が遠い人は近くにマンションを借りて一人暮らしをしていた。学校の周りはスーパーやドラッグストアがある。看護師免許が取得できます。
私の代では、全員が国家試験に一回で合格することができた。資格取得のサポートについては、わからないことはまず同級生同士で質問し合い、それでもわからなかったら教員に聞き、国家試験取得に向けて学習していく方法でありました。

口コミ元

ネガティブな口コミ

悪い口コミがありません。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*