名張市立看護専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2020-08-25

         

名張市立看護専門学校は三重県にある看護・医療系の専門学校です。
名張市立看護専門学校は学校法人に認可されています。

名張市立看護専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
看護・医療系 三重県名張市百合が丘西5番町32番地 認可

姉妹校の情報

名張市立の学校は以下です。
小学校は、名張小学校、蔵持小学校、薦原小学校、美旗小学校、比奈知小学校、錦生赤目小学校、箕曲小学校、桔梗が丘小学校、桔梗が丘南小学校、桔梗が丘東小学校、つつじが丘小学校、すずらん台小学校、梅が丘小学校、百合が丘小学校などがあります。
中学校は、名張中学校、赤目中学校、桔梗が丘中学校、北中学校、南中学校などがあります。

名張市立看護専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

近鉄大阪線名張駅下車/三重交通バスをご利用の場合私立病院前行に乗車後私立病院にて下車か百合が丘線に乗車後、市立病院又は公園前で下車/市街地循環型コミュニティバス「ナッキー号」をご利用の場合名張駅西口〜市立病院下車(桔梗が丘駅前からも発車しています)

名張市立看護専門学校の入試情報

推薦入試:書類審査、国語総合(古文・漢文を除く)、小論文、適性検査、面接
一般入試:書類提出、学科試験(国語、数学、英語)、適性検査、面接

名張市立看護専門学校のオープンキャンパス情報

令和元年度のオープンキャンパスは下記の内容で行われました。
受験希望者が気になるであろう入試情報や学生生活を説明する学校説明会、来場者を楽しませる催し物、実際の授業を体験できる体験授業、ゆっくり話ができる茶話会などが開かれました。
入試情報では入学試験について詳しく説明が行われました。
学生生活情報は在学中の学習について説明がされました。
また、在学生によるアロママッサージが催し物としてありました。
体験授業では模擬授業と沐浴の体験が行われました。
茶話会では在校生と話ができる機会が設けられました。
オープンキャンパスに参加するには学校に予約をしましょう。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

看護学科|学費:101~200万

概要

平成6年4月1日に開校した名張市立看護専門学校の看護学科(3年制)は、名張市内の高台に設立され、雄大な自然に囲まれた環境の中で、学生一人一人の持つ個性を大切にしながら、総定員数60名、1学年20名という少人数のクラス編成で、看護対象者が抱える健康問題を迅速に解決するために必要とされる知識や技術、患者さんと接する際の対応の仕方などを学び、学生それぞれの持つ個性を尊重しながら、看護師として即戦力となり得る学生を育成するための教育に力を入れています。
クラスメイトはもちろん、先輩後輩といった垣根さえも越えて仲が良く、学科全体がアットホームな雰囲気です。
授業では、名張市立病院と連携して看護実習を取り入れています。
学校内には、病院の一般病室と同様の設備が完備してあり、看護師としての技術をマスターするためのトレーニングができます。
人形の中にコンピューターを内蔵することによって、患者に見立てることのできるモデルを使用し、実際の現場を想定した学習を行うことができます。
この学習システムのおかげで何度でも繰り返しトレーニングすることができるので、看護師に必要な技術を安心して身に付けられます。
看護師の現場に関して、病院や施設内に限らず、自宅で療養されている方の支援方法についても学びます。
訪問看護師として患者さんの自宅を訪問した際の挨拶の仕方から、実際に援助する方法まで、在宅看護実習室を利用しながら、予測される状況の学習をすることができます。
情報科科学室では、1人1台のパソコンを使用しながら学習することができ、看護を学ぶ上で必要とされる文献を検索できたり、講義で使う資料を落ち着いて作成できるスペースとなっています。
体育館は、講義で活用されるほか、昼休みや放課後などの時間を対象に学生に対して開放しており、希望者は、バドミントンや卓球、バレーボールなど好みのスポーツに取り組むことができ、勉強の合間の時間を使って学生が集まり、仲良く気分転換する場所となっています。
ほかにも学生が企画する催し物として、クリスマスパーティーなどのイベントも体育館では行われています。
学生ロビーは、講義後の合間の休憩時間や昼休みはもちろん、放課後などに、設置してある自動販売機で飲み物を購入し、学生同士が集っておしゃべりできる楽しい集合場所となっています。
昼食時には学校にある調理実習室を使って、みんなで楽しいランチタイムを過ごすこともできます。
その他、昼食時間は病院の売店や食堂を利用することもできるので、毎日の栄養管理も万全なので安心して学校生活を送ることができます。

学費詳細・費用

看護学科 総額118万円
入学金:10万円
授業料:108万円(36万円×3)※授業料は年額36万円を4月・10月に分納。※その他教科書・実習用ユニフォーム・研修費等は実費負担。

取得可能な資格一覧

看護師国家試験の受験資格、専門士、保健師助産師学校の受験資格、大学への編入学受験資格などが得られます。

就職・内定先の実績

内定先は、名張市立病院や地元の病院などが多いです。

名張市立看護専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

各学年ごとに少人数制を取り入れている専門学校なので、学科全体を通して生徒同士の仲が良く、繋がりや協調性が強いと感じました。
各分野ごとに得意としている先生方がいて、わかりやすい授業をしてくださる中で、国家試験のかなめとなる箇所や実際の医療現場で必要とされる要点に的を当てた内容で丁寧に教えてくださいます。
また、実習が多いので、実際の医療現場で患者様と接することになったときに、実習で学んだことが役に立つと思います。
まず、自発的に調べて考える力を身に付けたうえで、わからないところについて丁寧に教えてくださいます。
授業も大切なことをしっかり押さえた内容となっており、国家試験合格に向けてのサポート体制がしっかりしています。
看護に関する専門知識だけではなく、今流行のアロマやお花を扱う授業もあり、楽しく学ぶことができます。
市立ということもあって、ほかの大学や専門学校に比べると学費がかなり安く設定されています。
教科書代やユニフォーム(白衣やシューズなど)代にかかる費用は他校とほぼ変わりませんが、学費は他校の半額くらいとなっていてとても助かりました。
校舎が実習先として連携している名張市立病院の隣に隣接していて、最寄り駅からは、病院までのバスが運行しているのでアクセスは非常に良いです。
また、近くにはコンビニもあるほか、校舎の隣には病院の看護師宿舎や学校の学生寮が完備されています。

口コミ元

ネガティブな口コミ

国家試験を受けるために必要な課題をかなり多く提出する必要があり2年間の間にテストが通常の学校よりも多く行われるのでそれらをこなしていくのが大変だと感じ、看護師になるという強い決意がないと続けられないです。
学校自体の規模が小さいので生徒同士のつながりは強いですが対人関係が苦手な人にはつらく感じるかもしれないです。
地元の生徒が多く他の場所から来た場合疎外感を感じる可能性があります。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*