秋田県立衛生看護学院の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

秋田県立衛生看護学院は秋田県にある看護・医療系の専門学校です。
秋田県立衛生看護学院は学校法人に認可されています。

秋田県立衛生看護学院の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
看護・医療系 秋田県横手市前郷二番町10番2号 認可

姉妹校の情報

姉妹校はありません。

秋田県立衛生看護学院の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR横手駅

秋田県立衛生看護学院の入試情報

推薦入試:コミュニケーション英語I、数学I・A、小論文、個別面接、書類審査
一般入試:国語総合(古文・漢文除く)、コミュニケーション英語I・II、数学I・A、生物基礎、小論文、個別面接、書類審査

秋田県立衛生看護学院のオープンキャンパス情報

2019年のオープンキャンパスに関する情報は発表されていないようです。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

保健科|学費:100万以下

概要

保健科は、1年間の学習によって保健師を目指すコースです。
保健師となるには看護師国家試験に合格していることが条件となっており、当学科は既に看護師免許をお持ちの方向けのコースとなっておりますのでご注意ください。
主なカリキュラムは、公衆衛生看護学、地域活動論、健康教育論、カウンセリング技術、疫学などとなっており、母子、高齢者、障害児(者)など、個人や家族はもちろん、集団や組織など、あらゆるコミュニティが所属する地域全体が保健師の仕事の領分となります。
地域の健康問題を発見し、地域の人々がより健康に生き、各種保障制度など社会資源を有効に利用できるよう、保健・医療・福祉および社会サービスに関する最新の知識・技術を積極的に使いこなせる人材の育成を目指します。
県立校であるため、学費がかなり低く抑えられる点も秋田県立衛生看護学院を選ぶ上でのポイントです。

学費詳細・費用

保健科 総額12.3万円
入学金:0.5万円
授業料:11.8万円

取得可能な資格一覧

卒業によって、保健師国家資格の受験資格が得られます。
これに合格した場合、衛生管理者の資格も同時に取得することができます。

就職・内定先の実績

秋田県立衛生看護学院では詳細な就職先を公表しておりませんが、保健科の卒業後の進路としては、保健所、行政、保健や福祉の事業所、病院などが想定されています。
近年の就職率はほぼ100%を達成しており、県外への就職も多数確認されています。

助産科|学費:100万以下

概要

助産科は、1年間の学習によって助産師を目指すコースです。
助産師として働くためには、助産師資格のほかに看護師資格も必要であり、当学科は既に看護師資格をお持ちの方向けのコースとなっておりますので、ご注意ください。
変動する社会情勢の中、出産や育児に関する個人のニーズは多様化していますが、当学科では最新の社会システムや科学技術について理解することはもちろん、豊かな人間性を培うことであらゆる場面に対応可能な人材の育成を目指します。
主なカリキュラムは、助産学、生殖、家族計画論、母子栄養論、分娩介助、健康教育論などとなっており、地域の保健所、開業医、行政などにて実習を行うことにより、卒業後すぐに現場で活躍することが可能な高い実践力を養います。
県立校であるため、学費がかなり低く抑えられる点もポイントです。

学費詳細・費用

助産科 総額12.3万円
入学金:0.5万円
授業料:11.8万円

取得可能な資格一覧

卒業によって、助産師国家試験の受験資格が得られます。
また、家族計画、性感染症予防、避妊の方法などについて指導を行える受胎調節実地指導員の資格取得も目指します。

就職・内定先の実績

秋田県立衛生看護学院では詳細な就職先を公表しておりませんが、卒業後の進路としては、病院や診療所などが想定されています。
ここ3年の就職率は例年100%となっており、秋田県内に就職を決める卒業生が多いです。

看護科|学費:100万以下

概要

看護科は、3年間の学習によって看護師国家試験への合格を目指すコースです。
看護師として活躍するために必要となる授業科目は多岐にわたっており、哲学や心理学など科学的思考の基礎や、文化人類学や社会学を通した人間や社会の理解、病理学や免疫学など疾病の理解などの基礎分野を下敷きに、小児看護学、老年看護学、精神看護学など、対象ごとに分かれた専門的な看護学を学んでいきます。
それぞれの対象ごとに実習が実施され、講義や学内演習で学んだ知識・技術を実践的に身に着けるカリキュラムとなっています。
個人の技能を高めるだけではなく、保健・医療・福祉など他領域にわたってチームメンバーとして社会貢献できる柔軟性を持った人材の育成を目指します。
県立校であるため、学費を低く抑えられることが当学科の大きな特徴となっています。

学費詳細・費用

看護科 総額35.9万円
入学金:0.5万円
授業料:11.8万円

取得可能な資格一覧

卒業によって、看護師国家試験の受験資格が得られます。
また、保健師や助産師として働きたい方は、それぞれの養成学校(養成課程)の受験資格が得られます。

就職・内定先の実績

秋田県立衛生看護学院では詳細な就職先を公表しておりませんが、卒業後の進路としては、病院、診療所、介護老人保健施設、介護老人福祉施設などが想定されています。
ここ3年の実績では、学科生の過半数が県内への就職を決めていますが、県外へ就職例も少なくなく、さらなる技能のステップアップを目指し、進学する卒業生も確認されています。

秋田県立衛生看護学院の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

授業のレベルが高く、また技術もチェックが細かく正確なスキルを身につけることができます。
先生方は親身になって相談に乗ってくれます。
(学費について)県立であるため、とにかく安いです。更に減額の請求もできます。
秋田県内の就職であれば、行き手に困ることはありません。
国家試験の合格率が高いところが魅力です。
駅から近く、コンビニもあるので便利でした。
実習などが充実している。
看護の道を目指しているだけあって、みんな思いやりのある優しい人たちでした。
県内のどの看護学校よりも授業料が安く、親孝行になったと思います。

口コミ元

ネガティブな口コミ

食堂や購買が無い為、不便です。
学校が小さいこともあり、設備が充実しているとは言えません。
(就職について)県内はサポート体制がよいですが、県外は自己での頑張りが必要です。
パソコンの調子がたまに悪いです。
テストで60点以上の点数を取らなければ再テスト、その再テストでも受からなければ、留年となります。
それなりの機材があるので学費は安くはありません。
90分の授業が1日に4コマあります。慣れないうちはきついと思います。
他の学校とは比べ物にならないほど厳しい学校で、つらいこともたくさんありました。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*