専門学校穴吹情報公務員カレッジの評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-07-30

         

専門学校穴吹情報公務員カレッジは徳島県にある公務員・政治・法律系の専門学校です。
専門学校穴吹情報公務員カレッジは学校法人に認可されています。

基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
公務員・政治・法律系
IT・コンピュータ・Web系
徳島県徳島市徳島町2丁目57番地 認可

姉妹校の情報

学校法人穴吹学園が設立した学校です。グループ校としてせとうち観光専門職短期大学と穴吹デザイン専門学校などがります。

パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR四国徳島駅

入試情報

一般入試:書類選考、面接、適正試験
社会人推薦入試:適正試験、書類選考、面接
推薦入試:面接、適正試験、書類選考、行政ビジネス・公務員コースだと教養適正試験も受けます。
AO入試:面談
AO入試を受けるにはオープンキャンパスに参加してエントリーシートを入手が条件です。
合格すれば入学選考料2万5000円が無料と入学前に特別授業が受けられます。

オープンキャンパス情報

穴吹情報公務員カレッジのオープンキャンパスは学校概要説明、体験実習、個別相談会などの予定で構成されています。
体験実習は各学科で、その学科の特色をいかした実習を体験できます。
実習の内容は日程によって変わります。
オープンキャンパスは保護者の同伴が可能です。
その他のイベントとしては学習体験と進路ガイダンスがあります。
進路ガイダンスは穴吹情報公務員カレッジのスタッフが高等学校などに出向き学科について説明をします。
学習体験は高等学校に出張し、行います。
また入学相談室に申し込めば学習体験を受けられます。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

行政ビジネスコース|学費:201~300万

概要

行政ビジネスコースは国家公務員や警察官、市役所職員などを2年で目指すコースです。
公務員として働くのに必要な能力以外にも民間企業に就職しても必要なマナーや知識を学習することができます。
授業は1年目は基本的な知識を習得します。
2年次は公務員になるために努力する時間に費やされます。

学費詳細・費用

行政ビジネスコース 総額246万円
入学金:16万円
授業料:49万5000円
その他:16万円

取得可能な資格一覧

行政ビジネスコースコースでは初級地方公務員、日商簿記検定、MicrosoftOfficeSpecialistWord2013、国家公務員等の資格が得られます。

就職・内定先の実績

室戸市職員、香川県警察官、小松市職員、海部消防職員など内定先のデータとして挙げられています。

公務員コース|学費:101~200万

概要

1年という短期間のあいだに公務員採用を目指し学習するコースです。
男女共学です。
授業も週一回行う模擬試験がある公務員総合演習、面接に対応するスキルを覚える公務員リテラシなど公務員試験採用対策の授業を本番に向けて万全を期すために展開しています。
公務員試験の合格率はかなり良いです。

学費詳細・費用

公務員コース 総額134万円
入学金:16万円
授業料:49万5000円
その他:19万円

取得可能な資格一覧

地方公務員、電卓計算能力検定、国家公務員の資格が本コースで取得できます。

就職・内定先の実績

内定先は徳川県職員、四国税務署職員、四国刑務所職員、大阪府職員、防衛省などが内定先の情報としてあります。

情報システムコース|学費:301~400万

概要

情報システムコースは技能と知識を3年で磨き新しい技術に精通した世界で活躍できる優れたエンジニアを育成することを目的としています。
また技能だけではなく問題解決に必要な他者と意思疎通もはかるコミュニケーション能力も培います。
授業は主に情報処理、プログラミングの実習、LAN構築などを行います。

学費詳細・費用

情報システムコース 総額万円346万円
入学金:16万円
授業料:46万5000円
その他:17万円

取得可能な資格一覧

oracle認定Javaプログラマ、CompTIA認定資格、そのほかにも応用情報技術者試験、 ITパスポート試験、基本情報技術者試験などの国家資格試験を受けられます。

就職・内定先の実績

アージュ、アクセス、イリオンテール、ハッピーなどの会社が実績として挙げられています。

ゲームクリエイターコース|学費:301~400万

概要

ゲームクリエイターコースはゲーム開発やアニメーションで活躍するクリエイターを養成するコースになります。
デジタルコンテンツを作る上で必ずいるようになる技能を実践的な授業をとおして育てています。
授業は基礎であるドローイングやキャラクターデザイン、3Dゲーム制作などをします。
卒業生からは役に立った授業をしてもらえたと評判がいいです。

学費詳細・費用

ゲームクリエイターコース 総額万円345万円
入学金:16万円
授業料:46万5000円
その他:16万円

取得可能な資格一覧

MicrosoftOfficeSpecialistWord2013、Webクリエイター能力認定試験、C言語プログラミング能力認定試験、ビジネス文書検定、CGクリエイター検定などの資格が得られます。

就職・内定先の実績

パワーエッジ、NTTフィールドテクノ、オノフ、がんばりやが内定のデートとしてあります。

情報ビジネスコース|学費:201~300万

概要

現代社会で必要とされるビジネス技能を学んで就職で有利になれる資格習得をしていくコースです。
資格を有利に生かしていけば、経理、人事、広報、会計、秘書などさまざまな職種に就ける道を切り開けます。
授業はコンピューター概論、インターネット実習応用など日本で人手不足といわれている分野で活躍できることを学べます。

学費詳細・費用

情報ビジネスコース 総額226万円
入学金:16万円
授業料:48万5000円
その他:16万円

取得可能な資格一覧

日商簿記検、ITパスポート試験、ファイナンシャル・プランニング技能検定、ビジネス文書検定などの資格がとれます。

就職・内定先の実績

内定先としてコスモネット、データマネジメント、トップワン、徳工、テック情報があります。

パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

7月過ぎから、開発班とデザイン班にわかれてゲーム制作をしていくスタイルです。
入学してから半年は、両方に関する授業を受けるが、後期からは二つにわかれていきます。
自分の知識や技量を上げるのにいいところです。
積極的さが必要です。
授業は楽しいほうです。
堅苦しくないし、でもちゃんと授業するから楽しく授業が受けれる感じです。
先生にも質問しやすくあります。
徳島駅から徒歩10分もかかりませんが、徳島自体が交通アクセスが悪いので都会の他県から来る方は不便と思うかも知れないです。
いろんな学科があるので、多種多様な生徒が集まっています。
交流自体はそこまで多くないと思います。
自分からいろんな人に話しかけるのをおすすめします。

口コミ元

ネガティブな口コミ

なんとなくゲーム関係の業界につきたいなぁとボンヤリ考えてる人などにはいいキッカケがもらえると思います。ただ、本気でゲーム業界を目指すのであれば、やめておいたほうがいいです。この学校からゲーム業界に行ける人はもともと能力がある人だけです。専門的な知識を持って教えてくれる先生はごくわずかです。しかし、キッカケはいろいろともらえます。ですが、あとは自分次第です。学校はそれ以上は教えてくれないので(教えれない)ゲーム企業に入りたい人は自分で勉強するか別のスクールに行ったほうがいいです。
学費についてはよく知りませんが、高い方だとききます。
特待生制度もあり努力すれば十分補えると思います。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*