秋田リハビリテーション学院の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

秋田リハビリテーション学院は秋田県にある介護・福祉系の専門学校です。
秋田リハビリテーション学院は学校法人に認可されています。

秋田リハビリテーション学院の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
リハビリテーション学院 介護・福祉系 秋田県秋田市茨島1丁目4-80 認可

姉妹校の情報

姉妹校として、山口コ・メディカル学院、都城リハビリテーション学院があります。
また、グループ校として、帯広コア専門学校、秋田コアビジネスカレッジ、新庄コアカレッジ、古河テクノビジネス専門学校、飯田コアカレッジ、出雲コアカレッジ、山口コアカレッジ、唐津ビジネスカレッジ、都城コアカレッジ、都城デンタルコアカレッジがあります。

秋田リハビリテーション学院の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR羽後牛島駅/JR秋田駅

秋田リハビリテーション学院の入試情報

指定校推薦入試:書類審査、個人面接
公募推薦I入試:書類審査、個人面接
公募推薦II(A・B共通)入試:書類審査、国語総合(古文・漢文除く)、数学(I・A)、英語(コミュニケーション英語I・II)(リスニング除く)、小論文、個人面接、集団面接
社会人(A・B共通)入試:書類審査、国語総合(古文・漢文除く)、数学(I・A)、英語(コミュニケーション英語I・II)(リスニング除く)、小論文、個人面接、集団面接
一般(前期)入試:書類審査、国語総合(古文・漢文除く)、数学(I・A)、英語(コミュニケーション英語I・II)(リスニング除く)、小論文、個人面接、集団面接
一般(後期)入試:書類審査、小論文、個人面接、集団面接

秋田リハビリテーション学院のオープンキャンパス情報

秋田リハビリテーション学院では、6月から9月までの各月、および2020年3月にオープンキャンパスおよび社会人向けの入試説明会を開催しています。
オープンキャンパスでは、学校の概要説明や施設見学のほか、実際に人間の身体に触れながら理学療法がどんなものなのかを体験することができます。
普段はどんな授業をするのか、理学療法士とはどのような仕事なのか、将来の自分を明確にイメージするためにも、ぜひ参加しておきたいところです。
在校生との交流の時間や、個別相談の時間もありますので、学校の校風、学費、資格や就職の実績についてなど、いろいろなことを質問・相談できるチャンスとなっています。
特に、当学院への出願方法・入試形式は多様となっていますので、入学を検討されている方は一度個別相談を受けることをお勧めします。
希望者には入試における過去問題を無料配布しています。
「入試説明会」は原則として社会人向けとなっており、個別相談のみを実施しています。
また、10月12日には公開講座が開催されます。
公開講座は、高校生の方、保護者の方、一般の方、誰でも参加することができ、車いす体験や体力測定など多彩な体験を通して、理学療法士の仕事について広く知ってもらう機会となっています。
理学療法士について詳しく知りたい方は、ぜひ参加をご検討ください。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

理学療法学科|学費:501~600万

概要

理学療法学科は、4年間の学習で理学療法士を目指すコースです。
病気、けが、加齢など、さまざまな原因によって運動機能が低下した人に対し、運動機能の現状維持や運動機能改善を目的に、運動、温熱、電気など、物理的なアプローチで治療にあたるのが理学療法士の主な役割です。
言い換えれば「動作の専門家」であり、立つ、歩く、寝る、寝返る、起き上がるなどの日常の基本的な動作を物理的に解析し、運動機能に障害を抱えた方、もしくは障害の発生が予測される方を対象に関節可動域の拡大や、筋力の維持・強化、痛みの軽減などを図ります。
物理学やその関連学的な知識を幅広く求められるため、当学科のカリキュラムは多岐にわたっており、体育理論、社会学、運動学、人体機能学、内科学、リハビリテーション概論などの専門基礎科目にはじまり、理学療法スキル、理学療法診断学、高次脳機能障害学、装具学などの専門科目を4年課程でじっくりと学んでいきます。
電子書籍を用いた最先端のIT授業や、オーストラリアへの海外研修なども当学科の特徴となっています。
また、当学科では各学期の中間にMid Semester Break(ミッドセメスターブレイク)と呼ばれる期間を設けており、ただ詰め込むだけの勉強にならないように、一定期間講義や実習を中止し、自己学習などによってスキルの習得や技術の研鑽に当てる時間を設けています。
さらに、理学療法士はひとりひとりの運動機能の状態や病態に合わせて細かく治療方針を変えていかなくてはならないため、臨床実習やコミュニケーション技術の重視などによる人間性の教育に力を入れているのも当学科の特徴です。

学費詳細・費用

理学療法学科 総額540万円
入学金:40万円
授業料:90万円
施設設備費:20万円
教材費等:15万円(概算)

取得可能な資格一覧

理学療法士国家試験への合格を目指します。
秋田リハビリテーション学院は創立から間もない学校であるため、同試験への合格率は発表されていませんが、資格取得に関するサポートは学生らの間でおおむね好評となっています。
また、放送大学と提携した併修制度により、学士の学位を取得することもできます。

就職・内定先の実績

秋田リハビリテーション学院は創立から間もない学校であるため、就職先や就職率に関するデータは発表されていないです。

秋田リハビリテーション学院の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

秋田県で理学療法士になりたいと思っている人にはとても良い専門学校だと思います。
(就職・資格取得について)先生のサポートは手厚く十分であると思います。
有名な大学の先生達も授業に来てくれるため、専門分野に特化した授業が受けられます。
1学年の人数が少ないため、クラスみんなと仲良くなることができます。
4年あるので実習が始まるまでに時間もあり、余裕を持って勉強できます。
先輩・後輩の関係や先生・生徒の関係はいい方です。
必要なことをきちんと学べます。
どの先生も現場で働いていた人たちで、技術的な授業だけでなく、実際の仕事の話なども聞くことができます。
秋田県唯一の理学療法学科です。

口コミ元

ネガティブな口コミ

設備が整ってない部分や、立地があまり良くないところがあります。
講義中の雰囲気はあまりよくないです。
わかりやすい教え方の先生と、わかりづらい教え方の先生がいる。
電車の乗り換えをしなければいけなかったり、地元の中心駅から遠かったりとアクセスが不便です。
食堂があればいいと思います。
進級してからの初めの学費が高いです。
設備費がそんなにかかるならもっと設備を良くしてほしいです。
最新の機器を揃えているので、決して学費は安いわけではありません。
学費の他に教材費で毎年15~16万円を支払うことになります。
講堂が狭いため、4学年全員は入らないと思います。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*