専門学校 札幌デザイナー学院の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-07-09

         

専門学校 札幌デザイナー学院は北海道にあるアニメ・ゲーム・マンガ系の専門学校です。
専門学校 札幌デザイナー学院は学校法人に認可されています。

専門学校 札幌デザイナー学院の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
アニメ・ゲーム・マンガ系
建築・土木・インテリア系
北海道札幌市中央区大通西9丁目3-12 認可

姉妹校の情報

姉妹校として、学校法人 北海道安達学園、札幌観光ブライダル・製菓専門学校、札幌マンガ・アニメ&声優専門学校、北海道どうぶつ・医療専門学校、専門学校 札幌ビジュアルアーツがあります。

専門学校 札幌デザイナー学院の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

地下鉄東西線西11丁目駅

専門学校 札幌デザイナー学院の入試情報

AO特待生入試:面接、書類審査
推薦入試:書類審査
一般入試:書類審査

専門学校 札幌デザイナー学院のオープンキャンパス情報

専門学校 札幌デザイナー学院では、土日を中心にオープンキャンパスを開催しています。
午前中は学校の特徴及び入学方法についての全体説明があり、学生学食でのスペシャルメニューのランチを楽しんだ後、各専攻ごとに用意された体験実習を行います。
その後、校内見学や座談会、個別相談を行うことができます。
1度でも体験入学に参加すれば、会員制であるMyクラスプログラムに参加することができるようになり、参加することでスペシャルゲストによる特別セミナーを受講できたり交通費が補助されるほか、AOエントリー時の面談が免除になったりするので、AO入試を検討している人は留意しておきましょう。
体験実習は、フォトプロップスのデザインやVR空間でのキャラクター制作、水溜鳥先生によるイラスト添削講座、店舗デザイン体験、元GUファッションデザイナーによる簡単サコッシュ制作講座など、各専攻ならではのものが多く、体験中は在校生や講師がサポートをしてくれるので安心して受講できます。
また、オープンキャンパスの日程が合わない人や個別に相談したいことがある人たちのために、LINEトークでの進路相談や土日を中心としたAO入学&学費相談会、平日に開催している個別入学相談会などがあるほか、遠方の人のために全道各地での進学相談会も行われています。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

グラフィックWebフォト専攻|学費:201~300万

概要

グラフィックWebフォト専攻では、2年間で多様なコンセプトを形に残すことができるデザイナーや広告及び商品のデザインだけでなく企画立案のスキルまでもを習得したクリエイターを育成します。
1年次には、デッサンやカラープランニング、イベントキャラクター、CG基礎、キャラクターフィギュア制作などを中心に学び、2年次には、Web制作やグラフィックデザイン、絵本創作、キャラクターグッズのデザイン、そしてキャラクターグッズの展開などを中心に学びます。
カリキュラムの大半が実習授業で占められており、CGとアナログ素材の両方を活かしながら、アイデア整理の仕方やデジタル撮影知識、動画などを使いこなす技術を身につけます。

学費詳細・費用

グラフィックWebフォト専攻 総額207万円
入学金:15万円
授業料:73万円
施設設備費:23万円※その他諸費用が年間で約18万円かかります。

取得可能な資格一覧

卒業と同時に専門士が得られます。
また、公式サイトでは非公開となっていますが、口コミサイトでは、CGクリエイター検定、Photoshop(R)クリエイター能力認定試験などが見受けられました。

就職・内定先の実績

株式会社博報堂プロダクツデザインスタジオ、ダイアモンドヘッド株式会社、株式会社オートクチュール、クレイテプス株式会社、株式会社デクスチャー、株式会社モノモード、株式会社クリエイティブネットドア、株式会社セプテーニアドクリエイティブ、株式会社Quatro A、株式会社T.C.Pなど、広告イベント業界やアニメーション業界、Webコンテンツ関連業界をはじめとする多様な分野の企業から多くの生徒が内定をもらっています。
同じ企業から複数名が内定をもらっているケースもあり、学校と業界のパイプが強いことも特徴です。

イラスト・キャラクター専攻|学費:201~300万

概要

イラスト・キャラクター専攻では、2年間で表現力や企画力を兼ね備えたイラストレーターやキャラクターデザイナーを育成します。
アナログからCGまでの幅広い分野を学習範囲とし、実際のデザイン業界と同じように印刷物デザインとWEBデザインの制作全般を学びます。
大半が実習で組まれているカリキュラムでは、デッサンをはじめとして色彩や構図、更にパソコンを使用したCGイラストや3DCGデザインなど、様々なニーズに対応できる知識と技術を身につけます。

学費詳細・費用

イラスト・キャラクター専攻 総額207万円
入学金:15万円
授業料:73万円
施設設備費:23万円※その他諸費用が年間で約18万円かかります。

取得可能な資格一覧

卒業と同時に専門士が得られます。
また、公式サイトでは非公開となっていますが、口コミサイトでは、Illustrator(R)クリエイター能力認定試験、Photoshop(R)クリエイター能力認定試験、CGクリエイター検定などが見受けられました。

就職・内定先の実績

株式会社ビー・リガーレ、株式会社グループボックスジャパン、株式会社ハイフォート、有限会社石栗写真館、株式会社Quatro A、株式会社トライシス、株式会社水野染工場、株式会社ヤマトクリエーション北海道、三浦印刷株式会社など、写真やゲーム、アニメ、伝統文化関連の企業から多くの生徒が内定をもらっています。
就職サポートの中には、インターンシップや学内企業説明会のほか、企業に提出できるように、自分の作品を1冊のファイルにまとめた作品集にするポートフォリオ作成の指導などもあり、学校としても生徒の就職サポートに力を入れています。

ゲームVR専攻|学費:201~300万

概要

ゲームVR専攻では、2年間で最新のゲームエンジンとVRを使いこなし、ゲーム業界で活躍できる人材を育成します。
アナログ表現やデッサンなどのゲーム制作の基礎を、現役で活躍しているデザイナーやイラストレーターから学ぶと同時に、ITパスポートなどの資格取得も目指します。
また、発想力を養うために、常に最新の技術を導入しており、ゲーミングPCだけでなくアーケードゲームや家庭用ゲーム機などの充実した設備で楽しく学ぶことができる環境も整えられています。

学費詳細・費用

ゲームVR専攻 総額207万円
入学金:15万円
授業料:73万円
施設設備費:23万円※その他諸費用が年間で約18万円かかります。

取得可能な資格一覧

卒業と同時に専門士が得られるほか、Unity認定試験 3D Artistや国家資格であるITパスポート試験の資格取得を目指すことができます。

就職・内定先の実績

株式会社トーセ、有限会社エウクレイア、株式会社Quatro A、株式会社オートクチュール、有限会社ゲーム・ドゥ、株式会社メディア・マジック、株式会社アレクト、株式会社トライシス、株式会社INDETAILなどの企業から内定をもらっている生徒が多いです。
学校と業界の間にある強いパイプを活かした総合就職率は96.1%を維持しており、数多くの企業から求人情報が寄せられています。

インテリア専攻|学費:201~300万

概要

インテリア専攻では、2年間であらゆる空間をお洒落で上質な空間にデザインできる人材を育成します。
CADやパース、ドローイングなどの授業を通じ、住居や家具、庭などの機能や役割、用途を理解した上で、コーディネーションやプランニング、そしてミニチュア模型制作などを学びます。
1年次にはCADなどに加えて家具デザインやカフェ改装計画、セレクトショップ計画を学習し、そして2年次には、飲食店舗デザインや狭小住宅設計、インテリアスタイル、モデリングなどが中心になります。
両方の学年に共通して、実習授業が充実していることが特徴です。
ニーズに合った空間を表現できる力を養うために、企画から施行まで全ての知識とスキルを身につけます。

学費詳細・費用

インテリア専攻 総額207万円
入学金:15万円
授業料:73万円
施設設備費:23万円※その他諸費用が年間で約18万円かかります。

取得可能な資格一覧

卒業と同時に専門士が得られます。
また、公式サイトでは非公開となっていますが、口コミサイトでは、リビングスタイリスト検定、インテリアコーディネーター、CAD利用技術者試験、商業施設士、マンションリフォームマネージャー、福祉住環境コーディネーター検定試験、キッチンスペシャリストなどが見受けられました。

就職・内定先の実績

ウエル・ユーカン株式会社、株式会社アートホーム、大成建設ハウジング株式会社、株式会社リサイドワン、株式会社エステム建築事務所、長谷川産業株式会社、株式会社北海道美術センター、株式会社匠工芸、株式会社総合設計など、住宅メーカーやリフォーム会社などから多数の内定を受けています。
職種も多彩で、インテリアショップスタッフやインテリアコーディネーター、エクステリアデザイナー、家具職人など幅広い活躍が見られます。

ファッションメディア専攻|学費:201~300万

概要

ファッションメディア専攻では、2年間でファッションに関する知識やスキルを習得し、ファッション業界内で活躍できる人材を育成します。
授業では、色彩やファッションイラスト、CG・Web、カスタマーサービス、マーケティング、ビジュアルマーチャンダイジング、スタイリングなど、ファッション業界について総合的に学びます。
現場で求められる力を発揮するために、実習授業が大半を占めています。
そして、2年次には衣装の制作及びゲストの招待まで全ての企画を行うオリジナルのファッションショーが開催されます。

学費詳細・費用

ファッションメディア専攻 総額207万円
入学金:15万円
授業料:73万円
施設設備費:23万円※その他諸費用が年間で約18万円かかります。

取得可能な資格一覧

卒業と同時に専門士が得られます。
また、公式サイトでは非公開となっていますが、口コミサイトでは、パターンメーキング技術検定試験、ファッションビジネス能力検定試験、ファッション販売能力検定試験などが見受けられました。

就職・内定先の実績

株式会社オンワード樫山、株式会社アーバンリサーチ、株式会社ツヅキ、有限会社三景スタジオ、株式会社Getup、株式会社サンリバー、株式会社シップス、株式会社上野商会、株式会社サマンサタバサジャパンリミテッド、株式会社フォルムアイなど、幅広い分野の企業から多くの生徒が内定をもらっています。
中でも株式会社オンワード樫山と株式会社アーバンリサーチは、複数年に渡って内定を出しており、多くの生徒が活躍しています。

専門学校 札幌デザイナー学院の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

教室自体は広々と使えるほど広くミシン、メイク道具なども置いてあるので良く、実習室も本格的な作りになっていて資格を取る際に役立ったので良かったです。
立地が良いので何かと便利です。
キャリアセンターに、必ず学科担当がおり、内定までしっかりサポートしてくれます。
実店舗さながらのブティック風の教室もあります。
ファッションショーやコンペなど現場に近いことも授業の中でやるので良い経験です。
立派な校舎で、学食も充実してます。
何でも話しやすくて、専門的なことも分かりやすく教えてくれるので楽しいです。
現役で活躍している先生も多く、業界のリアルな話やこれから社会にでていく生徒達に求められていることなど、様々なことを教えてもらうことができます。
自分の観ることのないような作品など先生が沢山インスパイアしてくれるので飽きない授業が殆どでした。

口コミ元

ネガティブな口コミ

製図のボードとパソコンは学校にあるものを使い、それ以外は必要なものを買いにいかなければなりません。
服飾の学校にも関わらず、服作りを教える教師が少なすぎます。
道内にデザインに関わる仕事で会社である所が少ないので毎年、同じ会社に同じ学校から何人も就職する事が多いです。
資格を取る事はできますが、授業内で資格を取るための勉強はありません。
文具購買も一度校外に出て道路を渡り他の学校の校舎へ移動しなければならないので不便です。
絵を描く人には向きませんし教室も狭いため環境が悪いです。
1年たたないうちに絵を描く同じ専攻の子が5人も辞めていきました。
節約節約と謳って、トイレのハンドドライヤーが在学中の2年間ずっと使えませんでした。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*