大阪エンタテインメントデザイン専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2019-09-20

公開日:2019-08-21

         

大阪エンタテインメントデザイン専門学校は大阪府にあるアニメ・ゲーム・マンガ系の専門学校です。
大阪エンタテインメントデザイン専門学校は学校法人に認可されています。

基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
アニメ・ゲーム・マンガ系
映像・マスコミ・芸能系
大阪府大阪市住之江区南港北1-10-12 認可

姉妹校の情報

グループ校として、上田安子服飾専門学校、大阪総合デザイン専門学校があります。

パンフレット・資料を見る

入試・オーキャンコース詳細

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

地下鉄御堂筋線コスモスクエア/地下鉄四つ橋線コスモスクエア

入試情報

AO入試:AO入試対象オープンキャンパス参加、書類審査、面接
推薦入学:書類選考
一般入学:書類審査

オープンキャンパス情報

大阪エンタテインメントデザイン専門学校では、年に複数回オープンキャンパスを実施しています。
キャラクターコンテンツ学科では、実際にミュージックビデオを作成したり、ゲーム制作の設計図の書き方を学習したり、実習体験が行えます。
タレント学科では、実際の台本を使用して舞台えんぎレッスンやテレビ番組MCの体験を行えます。
参加は無料で、1日を通して行われるのでランチも無料で付いています。
各エリア毎で交通費補助もあるので、参加しやすくなっています。
保護者説明会も行っていますので、家族でぜひ参加してみてください。

コース詳細・著名な卒業生

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。
クリックすると詳細がご覧になれます。

キャラクターコンテンツ学科|学費:301~400万

概要

キャラクターコンテンツ学科では、マンガ、アニメ、ゲームの分野など、様々な分野で豊かなデッサン力、発想力を生かした想像力を身に付けます。
4つの専攻科があり、1つめはキャラクターデザイン専攻です。
キャラクターデザイナー、絵本作家、イラストレーターを目指す為、カリキュラムではクロッキー、マンガ演習、アニメーション演習、色彩基礎、作画基礎などを学習します。
2つめはマンガ専攻です。
マンガ家、イラストレーター、マンガ原作者、キャラクターデザイナーを目指す為、カリキュラムでは、マンガ演習、作画基礎、ゲーム演習、キャラクター創造論などを学習します。
3つめはアニメーション専攻です。
アニメーター、CGアニメーター、アニメーション作家、キャラクターデザイナーを目指す為、カリキュラムでは、クロッキー、マンガ演習、キャラクター創造論などを学習します。
4つめはゲーム専攻です。
ゲームクリエイター、ゲームプランナー、キャラクターデザイナー、プログラマーを目指す為、カリキュラムでは、アニメーション演習、キャラクターデザイン演習、色彩基礎、コンピュータ基礎などを学習します。
1年次に基礎レベルを向上させる為にカリキュラムが組まれており、デッサン・クロッキー・色彩・基礎造形・平面・パース・キャラクターデザイン・キャラクター作画基礎・コンピュータ基礎・プログラミング基礎・英語・日本語・キャラクターデザイン基礎・マンガ基礎・ゲーム基礎・アニメーション基礎など幅広く学習します。
、2年次では、デジタルクロッキー・文章表現論・立体基礎造形・作画表現技法・キャラクター作画を学習するとともに、専攻毎に専門的にしっかり技術を身に付けていきます。
3年次ではキャラクタービジネス・デジタルコンテンツ論・業界研究・産学共同を学習するとともに、実習を重ね、卒業後に即戦力となるスキルや意識を身に付けます。
また、グローバリゼーション教育を取り入れており、世界に向けたパフォーマンスを発揮し、エンタテインメントの最新技術や情報を生かした授業を行っています。
「国際デザイン交流シンポジウム」に参加したり、「国際漫画交流展」で交流をしたり、中国からの短期留学を受け入れコミュニケーション能力も高めます。

学費詳細・費用

キャラクターコンテンツ学科 総額346万円
入学金:10万円
授業料:74万円
施設設備費:21万円
学生諸費:11万円
研修費:6万円

取得可能な資格一覧

取得できる資格の記載はありません。

就職・内定先の実績

内定先の記載がありません。

タレント学科|学費:201~300万

概要

タレント学科では、様々なパフォーマンスで活躍できる才能を育成します。
1つの専攻があり、声優&アクターズ専攻です。
アニメ声優、外画吹替声優、俳優、ナレーター、アニソン歌手、アラジオDJ、レポーター、キャスター、司会者など様々な分野で活躍できるスキルを身に付けます。
カリキュラムでは、発生&活躍、ナレーション、ヴォイストレーニング、英会話、ダンス、フリートーク、ラジオDJ演習、デジタル映像編集、音響、アフレコなどを学習します。
1年次に基礎をしっかり身に付け、少人数制で先生が隠れた才能を見出すことにより、個人個人の才能を引き延ばします。
新たな視野を発見する為に幅広い分野を学習する事により、様々な現場ですぐに活躍できる能力を身に付けます。
学内でオーディションを開催しており、多くのプロダクションが参加するので、将来を見極める事がでいます。
礼儀や常識などのマナーも同時に取り入れる事ができるので、コミニケーション能力を習得する事ができます。
また、グローバリゼーション教育を取り入れており、世界に向けたパフォーマンスを発揮し、エンタテインメントの最新技術や情報を生かした授業を行っています。
「国際デザイン交流シンポジウム」に参加したり、「国際漫画交流展」で交流をしたり、中国からの短期留学を受け入れコミュニケーション能力も高めます。

学費詳細・費用

タレント学科 総額234万円
入学金:10万円
授業料:74万円
施設設備費:21万円
学生諸費:11万円
研修費:6万円

取得可能な資格一覧

取得できる資格の記載はありません。

就職・内定先の実績

EARLY WING、IAMエージェンシー、81プロデュース、サンミュージック、J’sプロデュース、ジャストプロ、松濤アクターズギムナジウム、スターダス21、スベルバウンド、パワーライズ、ブックスロープ、プロダクション・エースなどで活躍できます。

卒業した有名人

大阪エンタテインメントデザイン専門学校を卒業した有名人のデータは特に居ないです。

パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

「レッスンが少人数制だったので、まったくの未経験者だったので、そのほうがちゃんと指導してもらえそうだなと思いました。」
「ダンスの授業とかで追いつけない時は、先生がすぐに気づいて指導してくれます。」
「必死で学んでいるうちにいろんな可能性が見えてきました。」

口コミ元

ネガティブな口コミ

悪い口コミの記載がありません。

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*