仙台デザイン専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

仙台デザイン専門学校は宮城県にあるデザイン・写真・芸術系の専門学校です。
仙台デザイン専門学校は学校法人に認可されています。

仙台デザイン専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
デザイン・写真・芸術系
アニメ・ゲーム・マンガ系
宮城県仙台市青葉区五橋1-7‐18 認可

姉妹校の情報

仙台デザイン専門学校の関連組織として、学校法人北杜学園、仙台工科専門学校、仙台医療福祉専門学校、仙台青葉学院短期大学、仙台大原簿記情報公務員専門学校、があります。

仙台デザイン専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

地下鉄南北線五橋駅より徒歩2分

仙台デザイン専門学校の入試情報

特別推薦入学:書類審査
部・生徒会活動推薦入学:書類審査
一般推薦入試:書類審査
一般入学:書類審査、必要に応じて作品持参のうえ面接
AO 入試:書類審査、エントリーシート

仙台デザイン専門学校のオープンキャンパス情報

オープンキャンパスの情報は、仙台デザイン専門学校のイベントカレンダーに記載されています。
自分のペースで校舎を見学したり、じっくりと作品を見たい場合はもちろんですが、希望する方には案内や説明もしてくれますので、質問したいことがあればぜひ声をかけてみましょう。
さらにAO入試説明会も随時実施されていますので「AO入試で仙台デザイン専門学校を目指したい」という方は、ぜひ行ってみましょう。
さらに遠方からの進学を考えている方にはうれしいお知らせです。
自宅近くの主要駅から仙台までの高速バスチケットをお届けしてくれるサービスがあります。
こちらも対象となる日程が決まっているので、カレンダーをチェックしてください。
そして保護者の方も大歓迎のギョーカイ説明会もあります。
デザイナーってどんな仕事なんだろう、就職はできるの?という疑問に現役プロが説明してくれる貴重なチャンスです。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

グラフィックデザイン科グラフィックデザインコース|学費:101~200万

概要

2年制で「最強のグラフィッカー」を目指します。
CGによるデザインや編集デザイン、イラストや色彩などの基礎知識、技術を身につけます。
広告制作に欠かせないメディア特性、マーケティングの知識など、必要な知識も身につけます。
多彩な選択授業の中には、ストリートデザイン、キャラクター基礎講座、ドールハウス制作講座、フィギュアモデリング等、多彩なものが用意されています。
制作物は提出期限がある事や、先生方からのストレートな評価も下されますので、やりがいはあるものの厳しさも伴います。

学費詳細・費用

グラフィックデザイン科 総額190万円
入学金:16万円
授業料:年額84万円
校友会会費:年額3万円
その他教材費等は実費が必要になります。
寮に入る場合には、別途寮費が必要になります。

取得可能な資格一覧

文部科学省後援レタリング技能検定、色彩士検定、マルチメディアクリエイター能力認定(CG)検定、マルチメディアクリエイター能力検定他の取得を目標としています。

就職・内定先の実績

仙台デザイン専門学校のホームページ上では、就職先・内定先の企業名等は公表されていません。
卒業生の口コミでは「自分の作品作りのため、フリーターになる人もいる」というものもあり、就職先が決まらないのではなく、あえて就職という選択をしない卒業生がいることもわかりました。
就職についての相談は、実際のオープンキャンパスや学校説明会などで個別に相談されることをおすすめします。

グラフィックデザイン科Webデザインコース|学費:101~200万

概要

Webデザインコースは2年間の課程で、次世代メディアに対応できる即戦力を身につけるため、高度なテクニックも身につけられることを目標としています。
1年目はWeb作成の基礎や動画編集など、基礎的な知識を習得できるような授業が多いものの、2年目にはWebエキスパートやビジュアルワークスなどを学び、就職指導も行われます。
資格取得ができるようなバックアップはあるものの、努力するのはあくまで本人なので、葉-度なスケジュールの中での課題制作や資格取得の勉強、人によってはアルバイトをするので、かなりハードなスケジュールになることは覚悟しておきましょう。

学費詳細・費用

グラフィックデザイン科 総額190万円
入学金:16万円
授業料:年額84万円
校友会会費:年額3万円
その他教材費等は実費が必要になります。
寮に入る場合には、別途寮費が必要になります。

取得可能な資格一覧

文部科学省後援レタリング技能検定、色彩士検定、マルチメディアクリエイター能力認定(CG)検定、ホームページ制作能力認定試験、Webクリエイター能力認定試験、マルチメディアクリエイター能力検定他の取得をサポートします。

就職・内定先の実績

仙台デザイン専門学校のホームページ上では、就職先・内定先の企業名等は公表されていません。
卒業生の口コミでは「自分の作品作りのため、フリーターになる人もいる」というものもあり、就職先が決まらないのではなく、あえて就職という選択をしない卒業生がいることもわかりました。
就職についての相談は、実際のオープンキャンパスや学校説明会などで個別に相談されることをおすすめします。

グラフィックデザイン科メディアイラストコース|学費:101~200万

概要

2年間の課程で広告表現には欠かせないイラストを極めます。
「かわいい」「リアル」「おもしろい」「記憶に残る」イラストには文字だけではできない作用があります。
イラスとの発想方法や技術を身につけるだけでなく、イラストとデザインの調和を意識した学習も進め、そのうえで独創性を大切にして、一人一人の個性の光るイラストの世界を創り出していきます。
先輩たちの作品集はホームページ上で見ることが出来るので、ぜひ今からリアルな世界、ファンタジーの世界、いろいろなものを観察して良い刺激を受けてください。

学費詳細・費用

グラフィックデザイン科 総額190万円
入学金:16万円
授業料:年額84万円
校友会会費:年額3万円
その他教材費等は実費が必要になります。
寮に入る場合には、別途寮費が必要になります。

取得可能な資格一覧

文部科学省後援レタリング技能検定、色彩士検定、マルチメディアクリエイター能力検定他

就職・内定先の実績

仙台デザイン専門学校のホームページ上では、就職先・内定先の企業名等は公表されていません。
卒業生の口コミでは「自分の作品作りのため、フリーターになる人もいる」というものもあり、就職先が決まらないのではなく、あえて就職という選択をしない卒業生がいることもわかりました。
就職についての相談は、実際のオープンキャンパスや学校説明会などで個別に相談されることをおすすめします。

仙台デザイン専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

「自分の努力次第で無限に成長できる場所」「デザインの基礎知識から実際の仕事で使うテクニックまで教えてもらえる」「自分のやりたいことをみつけられる学校」という口コミが目立ちました。
授業の中では実習が多いことが特徴であるものの、生徒の発想力を大切にし、提出物への評価もまじめに返してくれるので、本気で取り組みたいと思っている人にとっては、努力次第でどこまでも学べる環境です。
仲間意識を持った同級生に恵まれていること、駅から近く立地が良いこと、スキャナプリンタ等の設備も充実していることも、高く評価されています。
東北のデザイン系のがっこうであれば最高峰とコメントしている先輩もいます。

口コミ元

ネガティブな口コミ

悪い口コミのトップには「学費が高い」というものがありました。
使う材料を自費でそろえなくてはいけないので、学費以外にも様々な出費があることを覚悟しましょう。
とはいえ、自分の就職、夢、将来のためには必要な投資です。
さらに多くの提出物には締め切りがあり、提出期限が短いので大変というコメントもありました。
就職してからも当然に期限を守る必要があるわけですから、これもある意味仕方がないことです。
就職に関しては、先生が親身になってくれることは事実なのですが、就職担当の先生は多くの学生に対応するため、なかなか自分の順番が回ってこないという人もいました。
就職に関しては、学校に頼るだけではなく、自分でも頑張る覚悟が必要です。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*