甲府市立甲府商科専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

甲府市立甲府商科専門学校は山梨県にあるビジネス・金融・不動産系の専門学校です。
甲府市立甲府商科専門学校は学校法人に認可されています。

甲府市立甲府商科専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
ビジネス・金融・不動産系
IT・コンピュータ・Web系
山梨県甲府市西下条町1020 認可

姉妹校の情報

姉妹校やグループ校などは特にありません。

甲府市立甲府商科専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR見延線甲斐住吉駅

甲府市立甲府商科専門学校の入試情報

推薦入試:書類審査、面接
一般入試:書類審査、筆記、実技

甲府市立甲府商科専門学校のオープンキャンパス情報

甲府市立甲府商科専門学校のオープンキャンパスは年に2回開催されています。
7月と8月に1度ずつあり、まず訪れると情報処理科の学生が作成したPepperが出迎えてくれます。
その後、校内の案内、各学科の特色の説明、在校生による学校や授業の魅力の説明などがあります。
また、体験授業も行っており、商業の体験授業と、情報の体験授業があります。
入学すると取得できる資格や検定、就職実績の紹介もあるので、実際に入学するとどうなるのかが分かり安心です。
その他にも学校見学も随時行っているので、いつでも見学することが可能です。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

情報処理科|学費:100万以下

概要

甲府市立甲府商科専門学校の情報処理科では、主にコンピューターを中心とした情報処理技術者としての知識や技術を学びます。
プログラミングやデジタル回路、情報処理技術者の試験対策などを中心に、情報処理のスペシャリストとしての力を養います。
カリキュラムは2年制で組まれており1年次では、Java言語やソフトウェア、アプリケーション概論や情報処理の基本を勉強します。
また、選択科目として簿記の原理や演習を習うことも可能です。
他にも山梨地域経済概論や、社会人基礎力、ビジネス実務など社会人になってから必要な知識や教養の履修もあります。
2年次からはほとんどが選択科目になります。
自分が卒業後になりたい職業ややりたい仕事を見据えて必要な科目を選択可能です
科目としては簿記原理や簿記演習、経営学総論、ファイナンシャル・プランニング、販売総論や英会話、中国語などになります。
卒業してから企業で直ぐに役立つ科目ばかりなので、自分にあったものを選択しましょう。
海外研修やインターンシップ(職業体験)なども履修科目として単位をもらうことが可能です。

学費詳細・費用

情報処理科 総額75万円
入学金:19万円
授業料56万円

取得可能な資格一覧

甲府市立甲府商科専門学校の情報処理科で取得可能な資格は、自分で試験を受けて合格することで取得可能なものになります。
そのため、カリキュラムの中にも試験対策があり、受験希望者は選択可能です。
受けられる試験はこちらです。
ITパスポート試験、基本情報技術者試験、Javaプログラミング能力認定試験3~2級、Photoshopクリエイター認定試験スタンダード、MicrosoftOfficespecialist(Word、Excel、PowerPoint)、CGクリエイター検定ベーシ(表計算、ワープロ)などです。

就職・内定先の実績

甲府市立甲府商科専門学校の主な内定先は企業が多く、情報技術者として活躍することができます。
就業実績はこちらです。
R-CAST(株)、アンブローズアンドカンパニー(株)、甲斐ダイアログシステム(株)、(株)天野製作所、(株)印傳屋上原勇七、(株)エム・クラフト、(株)オークラマイクロコーティング、(株)キトー、(株)天商、(株)電溶工業などです。
パソコンのスペシャリストとして2年間学習を積み重ねるので、就業後もその能力を活かすことが可能です。

会計情報科|学費:100万以下

概要

甲府市立甲府商科専門学校の会計情報科では、簿記や会計を中心に学び、経理スタッフや金融機関、ファイナンシャルプランナーになりたい人のための科目が履修できます。
また、最新の機材を用意しているので、就業先の器機にも対応できるような学習が可能です。
1年次のカリキュラムは必須科目がほとんどで、簿記原理や簿記演習、会計学、租税法などの商業系の科目が多くなります。
また、選択科目として情報処理演習、ソフトウェア、アプリケーション概論や演習なども履修できるので、器機の扱いもマスター可能です。
その他の履修科目として、山梨地域経済概論、社会人基礎、ビジネス実務など、社会人になったときに必要な知識なども学習可能です。
2年次に履修できる科目は、ほとんどが選択科目で、簿記原理、簿記演習、経営学総論、経営学演習、会計学、租税法、コンピューター会計、ファイナンシャルプランニング、販売総論などです。
情報系の履修科目もほぼ選択科目になり、表計算や情報処理、ネットマーケティング、3DCG、グラフィック基礎、英会話、中国語などになります。
その他に、会計情報科でも、海外研修およびインターンシップ(職業体験)などを履修科目とみなすので、単位をもらうこともできます。

学費詳細・費用

情報処理科 総額75万円
入学金:19万円
授業料56万円

取得可能な資格一覧

甲府市立甲府商科専門学校で取得できる資格は、自分で選択して試験を受けて合格してもらえる資格です。
そのため、会計情報科でもカリキュラムの中で試験対策を行います。
受けられる資格試験はこちらです。
簿記検定3~1級、リテールマーケティング(販売士)検定3~1級、簿記能力検定3級~上級、税務会計能力検定3級~(所得税、法人税など)、ファイナンシャルプランニング技能検定3~2級、ビジネス実務法務検定3級などになります。

就職・内定先の実績

甲府市立甲府商科専門学校の主な内定先は企業が多く、情報技術者として活躍することができます。
就業実績はこちらです。
R-CAST(株)、アンブローズアンドカンパニー(株)、甲斐ダイアログシステム(株)、(株)天野製作所、(株)印傳屋上原勇七、(株)エム・クラフト、(株)オークラマイクロコーティング、(株)キトー、(株)天商、(株)電溶工業などです。
パソコンのスペシャリストとして2年間学習を積み重ねるので、就業後もその能力を活かすことが可能です。

甲府市立甲府商科専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

先生の教え方がとても良く、一人一人丁寧に教えてくれ、資格もたくさん取得することができ、就職活動にも有利です。
学校を卒業した後は、山梨学院に三年生に編入もでき、選べる道が多いのでありがたいです。
レクリエーションやイベントが多いのでみんなと仲良くなれ、明るく雰囲気がいいクラスで勉強がはかどります。
わかりやすい授業内容で楽しく受けられることも良いですし、就職先の幅が広く希望した就職先に入れることもとても良い点だと思いました。

口コミ元

ネガティブな口コミ

もう少ししっかりと勉強すれば良かったですが、眠くなる授業でキツかったです。
1年生のうちはそんなに厳しくありませんでしたが、2年生になると就職活動と授業と両方になるのでとても厳しくつらかったです。
施設が学校に全くと言って良い程なく、学食もないためお昼も教室で食べており、もう少しリフレッシュする空間があると授業の合間の休憩になりました。
立地があまりよくなく、学食もコンビニも食事するところもないので不便でした。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*