宮城調理製菓専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

宮城調理製菓専門学校は宮城県にある製菓・調理・栄養系の専門学校です。
宮城調理製菓専門学校は学校法人に認可されています。

宮城調理製菓専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
製菓・調理・栄養系
観光・ホテル・ブライダル系
宮城県仙台市青葉区葉山町1-10 認可

姉妹校の情報

姉妹校はありません。

宮城調理製菓専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR北仙台駅/北仙台駅

宮城調理製菓専門学校の入試情報

公募推薦:書類選考
指定校推薦:書類選考

宮城調理製菓専門学校のオープンキャンパス情報

本校のオープンキャンパスは、プレミアム、製菓・調理体験など種類を分けて別々の予定で個別に開催しています。
プレミアムープンキャンパスでは本校の歴史や授業を受け持つ講師陣、施設や才能を伸ばすための教育の内容などを多岐にわたり紹介して居ます。
プレミアムオープンキャンパスの定員は80名です。
本校のオープンキャンパスの職業を体験するコーナーでは、製菓体験と調理体験の2つの中から自由に選び体験することができます。
調理体験は調理師志望者やまだ進む学科をきめてない方、製菓体験は上級製菓製パン科を将来進学予定の方向けとなっています。
体験実習の店員は25名です。
本校のオープンキャンパスの参加費は無料となっています。
一人はもちろん、保護者友人と同伴でもオープンキャンパスに参加可能です。
本校の生徒の実習している様子を見学できる実習見学会も開かれています。
見学会では授業内容、実習環境や調理設備など入学前に詳しく把握する事ができます。
またじっくりと学費や入試について相談できる個別相談会も年中いつでも開催しています。
個別相談会等のイベントでは体験実習はないです。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

総合調理コース|学費:101~200万

概要

本学科は卒業後すぐにプロとして動け、職場でじゅうぶんに通用する生徒を育てています。
生徒は1年間にマナーや料理の基礎を習います。
学科では国家試験合格のための授業や理論的に食が及ぼす効能や栄養の知識を就学します。
本学科では地産地消を追求する目的で自家栽培をしています。
野菜の世話は生徒の実習にもなっています。
鮨の作り方を習い、衛生の大切さを学びます。

学費詳細・費用

総合調理コース 総額180万円
60万円
入学金20万円

取得可能な資格一覧

卒業と同時に手に入る調理師免許をはじめ、食品衛生責任者と食育インストラクターの資格が取得できます。

就職・内定先の実績

内定先としてミリアルリゾートホテルズ、横浜ロイヤルパークホテル、大船渡プラザホテル、ホテルメトロポリタン仙台が実績としてあります。

上級製菓製パン科|学費:201~300万

概要

職業として人気を集めているお菓子職人を目指す学生が国家試験合格と技術と知恵を習得する学科です。
本学科は即動ける人材を求めており、そのために実習が多めです。
この学科の実習は色々あります。
製菓実習などで製菓職人としての礼儀作法や振る舞いを習得します。
特別実習では難易度の高い技術を学び実践していきます。
この実習で制作された菓子は後日、製菓を販売して運営する実践で本当にお店に並び売られます。

学費詳細・費用

上級製菓製パン科 総額270万円
入学金:20万円
授業料:62万5000円

取得可能な資格一覧

食品衛生責任者と衛生専門士の称号が手にはいります。卒後に製菓衛生士の国家試験受験資格を得られます。

就職・内定先の実績

パティスリー ヴェルジェ、ジロー洋菓子店、ミュゼ・ドゥ・ショコラ、石窯工房ぐりむわーるど、パン工房ウェルストンなどの店舗が内定先の実績として公開されています。

上級調理技術科日本料理・すし専攻|学費:201~300万

概要

本学科は世界遺産にも登録された世界でも注目されている、日本の伝統的な食文化を学び継承する職人を輩出しています。
1年目は日本料理関係なく基礎や応用で使う技の習得、2年目からは本格的に、会席料理の作りかたから実際に実習で宴会を取り仕切りを勉強します。
竈で仙台に伝わる珍しい料理に欠かせない器を焼く陶芸教室も実習としてあります。
日本料理を調理する料理人として必要な心を学ぶために懐石料理の実習があります。

学費詳細・費用

上級調理技術科日本料理・すし専攻 総額242万円
授業料:60万5000円
入学金:20万円

取得可能な資格一覧

卒業と同時に調理師免許を取得します。
その他にも、フード・テクニカル・マネージメント・コーディネーター、フードコーディネーター3級、食育インストラクター、調理師養成施設助手、食品衛生責任者の資格を得られます。
称号として、衛生専門士も取得できます。

就職・内定先の実績

築地玉寿司、日本料理八十嶋、久兵衛、日本料理花はんが内定先として挙げられています。

上級調理技術科フランス料理・イタリア料理専攻|学費:201~300万

概要

本学科の生徒を講師陣は世界的に活躍できる料理人として育てています。
その一環として海外から特別講師を招いています。
食材の産地や基本とされている古い料理方法から新しい調理器具を使った調理法も本学科の生徒は学ぶことになります。
古きを知りて新しきを知るという考えの元です。
そうして料理を生んだ土壌と料理の知識の理解を深めていきます。
2年次に進むと、技術をさらに磨くために実際に学内にあるレストランを運営する実習がはじまります。

学費詳細・費用

上級調理技術科フランス料理・イタリア料理専攻 総額242万円
入学金:20万円
授業料:60万5000円

取得可能な資格一覧

フード・テクニカルマネージメントコーディネーター、食品衛生責任者、調理師養成施設助手、食育インストラクター、フードコーディネーター3級のほかに卒業と同時に国家資格にあたる調理師免許と衛生専門士の称号が取得できます。

就職・内定先の実績

本学科ではオザミワールド、オーベルジュ・オ・ミラドー、ミラキュルーズなどが内定先として公表されている情報です。

宮城調理製菓専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

短期集中型で1年で全てを学ぶことが出来ます。
しかし少しでも休むと他の生徒より遅れてしまうのでやる気がないと授業についていけなくなります。
先生は良い先生が多かったです。
過去の国家試験の分析もしっかりと行なっていて非常に意識の高い取り組みだと思います。
テストの後、不明点については1対1で丁寧に先生が教えてくださることや夢に向かって力を貸してくださることは本当にやる気が上昇しました。
駅からすぐ見える距離にあるため通学は便利です。周りにはスーパーや飲食店、コンビニもあるのでこまらないです。
独り暮らしの生徒は近くに住んでいるのがほとんどです。
仙台駅へもすぐなので全体的に通いやすいです。

口コミ元

ネガティブな口コミ

就職はほぼ100%だが、学校と現場の違いに耐えきれずやめていきます。
学生時代のうちにもっと現場慣れさせるべきです。
業界的にも離職率が高いので、学校でその対策をもっとしてほしいです。
しかし就職先は毎年たくさん来ていて、大手から個人店まで様々幅広いので選択肢は広がります。
高級な食材を取り扱うことも多いし、研修や運営授業なども頻繁にあるため、費用は高めです。
ただ他の学校にはない設備があったりするので妥当かもです。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*