京都製菓技術専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

京都製菓技術専門学校は京都府にある製菓・調理・栄養系の専門学校です。
京都製菓技術専門学校は学校法人に認可されています。

京都製菓技術専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
製菓・調理・栄養系
製菓・調理・栄養系
京都府京都市右京区太秦安井西沢町4番5 認可

姉妹校の情報

京都調理師専門学校、京都栄養医療専門学校、キャリエールホテル旅行専門学校、京都専門職大学

京都製菓技術専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

地下鉄太秦天神川駅/嵐電天神川駅

京都製菓技術専門学校の入試情報

AO入試:本校専願、オープンキャンパス等に参加、書類審査(自己アピール票)、面接
AO入試以外では指定校推薦入学:書類審査
学校推薦入学:面接
一般入学:志望動機書(60~100字)、面接
大学・短大・専門学校卒業者入学:面接
社会人入学:面接
卒業生・同窓生ファミリー入学:書類審査(志望動機書)、面接
帰国生徒入学:面接
外国人留学生入学では資格取得者(外国人留学生入学要項にて確認):面接があります。

京都製菓技術専門学校のオープンキャンパス情報

4/27~5/19にかけてオープンキャンパスが行われています。
オープンキャンパスでは京都製菓のお菓子、パン作りの体験、学校見学などを体験することができます。
遠方の方には無料で送迎バスが付き、自分で調理しながら味を思う存分楽しめるイベントとなっています。
他にもエントリーシートの実例のご紹介や面接の仕方なども行い、質問があればすべて回答してもらえます。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

パティスリー・ショコラ上級科|学費:301~400万

概要

パティスリー・ショコラ上級科は2年制で、その間にケーキやチョコレート、工芸菓子などを作る基礎芸術を習得し、プロの現場で適用する力を身に付けます。
学校内でもショップを運営しており、オリジナルの授業では、学生達が菓子製造について製造・販売・店舗の運営を全て自分たちで行います。
一連の運営の中でスイーツ作りからお店づくりまで学び実習としては4人1班で協力をして「技術検定」なども受けながらプロの技術を身に付けていきます。
他にもプロが教える少人数授業というものがあり1クラスに担任、副担任、就職アドバイザーの3名がつき、技術・知識だけではなく就職活動や卒業後のキャリアプランまでしっかりとサポートしていきます。

学費詳細・費用

パティスリー・ショコラ上級科 総額:377.7万円
入学金:15.0万円
授業料:159.0万円
施設・設備費:44.0万円
実習教材費:128.0万円
諸経費:7.8万円
教具費:23.9万円

取得可能な資格一覧

製菓衛生士、製菓製造技能士2級、専門士、パン製造技能士2級などの製菓に関する資格を取得することができます。

就職・内定先の実績

ユーハイム、京阪ホテルズ&リゾーツ株式会社、長久堂、フォーシーズンズホテル京都などの内定先があります。

パン上級科|学費:301~400万

概要

パン上級科とは2年制であり、パン作りの基本となる定番のパンから日本だけでなく世界各国のパンまで幅広く材料や作り方を学べる学科です。
他の学科と同じで学校内でベーカリーショップを運営しており、その中でパンの製造、販売、運営全てを学んでいきます。
自分たちが焼き上げたパンをお客様に販売するためには衛生面の大切さを考えなければならないため、安心・安全を最優先としてパンを作り上げていくための技術を身に付けていきます。
職業として接客業なのでお客様にまた来たいと思ってもらえるような「おもてなし」を学びます。
グループになって行う実習から一人で全てを行う実習があります。
授業だけではなく、就職活動の方もサポートを行います。

学費詳細・費用

パン上級科 総額:374.1万円
入学金:15.0万円
授業料:159.0万円
施設・設備費:44.0万円
実習教材費:128.0万円
諸経費:7.8万円
教具費:20.3万円

取得可能な資格一覧

製菓衛生士、製菓製造技能士2級、専門士、パン製造技能士2級などの資格を取得することが可能です。

就職・内定先の実績

ユーハイム、京阪ホテルズ&リゾーツ株式会社、長久堂、フォーシーズンズホテル京都などの内定先があります。

カフェスイーツ上級科|学費:301~400万

概要

カフェスイーツ上級科とは2年制であり、その期間の中でドリンクやカフェフード、お客様に提供するサービスを行うことが学びの特徴です。
授業としては「カフェ実践」と言って学生達がスイーツ・フード・ドリンクの製造、販売、店舗の運営までの全てを行い、実力を付けながら仕事で必要となる即戦力も身に付けていきます。
実習としては4人グループを組み、菓子制作を行う「グループ実習」という実習制度と、反対にグループではなく1名で全ての作業を行う「ワンセルフ実習」という制度もあります。
講師が作業工程を決めて実力を確かめる「技術検定」もあり、実習の中でプロになれるように技術を身に付けていきます。
プロが教える授業などもあり、学校生活をしっかりとサポートしていきます。

学費詳細・費用

詳細内容調査中

取得可能な資格一覧

製菓衛生士、製菓製造技能士2級、専門士、パン製造技能士2級などの製菓はパン製造に関する資格を取得することができます。

就職・内定先の実績

ユーハイム、京阪ホテルズ&リゾーツ株式会社、長久堂、フォーシーズンズホテル京都などの内定先があります。

和菓子上級科|学費:301~400万

概要

和菓子上級科とは2年制であり、学びの特徴としては多彩な和菓子の製作に加え伝統と文化を重んじながら、和菓子の本場ということができる京都で職人を目指し学んでいきます。
こちらも学校内で運営をしており、学生達が和菓子の作成・販売・運営をすべて行います。
職種が接客なので和菓子作りだけではなく、接客で必要なマナーや衛生面を重視していく実習などもしっかりと行います。
和菓子を売る技術取得として、生徒自ら作った和菓子を京都の街で一つの商品として自信をもって販売します。
実習では他の科と同じようにグループで行う実習と一人で行う実習があります。
最終的には就職活動があるのでそこで担当や就職アドバイザーがサポートを行うという仕組みになっています。

学費詳細・費用

和菓子上級科 総額:376.1万円
入学金:15.0万円
授業料159.0万円
施設・設備費:44.0万円
実習教材費:128.0万円
諸経費:7.8万円
教具費:22.3万円

取得可能な資格一覧

製菓衛生士、製菓製造技能士2級、専門士、パン製造技能士2級等の資格を取得可能です。

就職・内定先の実績

ユーハイム、京阪ホテルズ&リゾーツ株式会社、長久堂、フォーシーズンズホテル京都などの内定先があります。

製菓技術科|学費:201~300万

概要

製菓技術科とは1年制であり、学びの特徴としては最短でプロという大きな目標を持ちながら知識・技術を身につけて資格の取得と就職を目指します。
他の科と違い、一年早く知識と技術を身につけて卒業しなければならないため、現場で必要とされる基本技術と経験を積むことができます。
選べるコースとしてはパティスリーコース・パンコース・和菓子コースです。
3つのコースがあり、普通は2年間かけるのですが、この中から一つ選んで1年間で知識と技術を身に付け、現場で働くことを目標としていく学科です。
凄く効率よく学べる学科であり、実習にしても就職活動にしても担任やアドバイザーがしっかりとサポートしてくれます。

学費詳細・費用

製菓技術科 総額:207.5万円
入学金:15.0万円
授業料:87.0万円
施設・設備費:22.0万円
実習教材費:65.0万円
諸経費:3.8万円
教具費:14.7万円

取得可能な資格一覧

製菓衛生士、商業ラッピング、食生活アドバイザー等の資格を取得することができます。

就職・内定先の実績

ユーハイム、京阪ホテルズ&リゾーツ株式会社、長久堂、フォーシーズンズホテル京都などの内定先があります。

製菓技術科夜間部|学費:101~200万

概要

製菓技術科夜間部は1年半の制度であり、学びの特徴として、昼間は働き又は大学や専門学校に通いながら、夜に通学することができます。
独自の制度として、報酬がもらえるインターンシップに参加できるコースもあるので、実際に就職先のような現場で経験を積みながら、夜は学校で学べるという仕組みにもなっています。
こちらも1年制である製菓技術科と同様に幅広い知識と技術を身につけて、後半は自分に合ったコースを選び専門的な知識・技術を習得していきます。
実習としては420時間となっており、自分なりのテーマを決めて卒業後どのコースに進むのかを判断するために3つのコースを選択して製菓技術を身に付けていきます。
就職活動もあるので担任やアドバイザーがしっかりとサポートを行っていきます。

学費詳細・費用

製菓技術科夜間部 総額:189.1万円
入学金:15.0万円
授業料:77.0万円
施設・設備費:22.0万円
実習教材費:55.0万円
諸経費:4.8万円
教具費:15.3万円

取得可能な資格一覧

製菓衛生士、製菓製造技能士2級、専門士、パン製造技能士2級などの資格を取得できます。

就職・内定先の実績

ユーハイム、京阪ホテルズ&リゾーツ株式会社、長久堂、フォーシーズンズホテル京都などの内定先があります。

京都製菓技術専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

この学校では社会人基礎力を大切にしていて、毎日の実習や講義で社会に出てから必要なことが学べます。
先生方もホテルで活躍された方がほとんどで技術も教えてくださるのでとても良いです。
国家試験の合格率は毎年高く、1年はしっかりと基礎から学べ、2年生は過去問で対策をしてくれます。
実践の前にデモがあるので、そこでポイントなどを抑えて、自分たちでやる時には先生が作業台を回ってくれて、その場でアドバイスしてくれるので、何が出来てないとかわかりやすく教えて貰えます。
新校舎になりとてもひろくて綺麗になり、実習室には事業所と同じ様々な器具があって広い学生ラウンジも出来たので休憩もゆっくり出来ます。

口コミ元

ネガティブな口コミ

学費はとても高い印象がありますが、使っている材料等を考えると妥当なのかなと思います。
就職は出来ると思うのでいいと思いますが、第1希望で通ってる人は少ない気がします。
お金に余裕のある家庭の子が多く田舎から出てきた庶民の私には理解出来ない事も多々あります。
自己主張の強い子が多いかなという印象もあります。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*