埼玉ベルエポック製菓調理専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

埼玉ベルエポック製菓調理専門学校は埼玉県にある製菓・調理・栄養系の専門学校です。
埼玉ベルエポック製菓調理専門学校は学校法人に認可されています。

基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
製菓・調理・栄養系 第1校舎:埼玉県さいたま市大宮区仲町3-25/第2校舎:埼玉県さいたま市大宮区仲町3-100-2 認可

姉妹校の情報

姉妹校は、札幌ベルエポック製菓調理専門学校、東京ベルエポック製菓調理専門学校、仙台コミュニケーションアート専門学校、名古屋コミュニケーションアート専門学校、大阪キャリナリー製菓調理専門学校、神戸製菓専門学校、福岡キャリナリー製菓調理専門学校、エコール・デュ・グラン・ショコラ・ヴァローナがあります。

パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR大宮駅

入試情報

AO入試:オープンキャンパス参加必須、AOエントリーシート、面談(AOエントリー時)
特待生試験:第一期 実技か筆記どちらか選択、第二期 筆記
一般入試:書類審査、面接
高等学校推薦入試:高等学校の推薦を受けられる者、評定平均3.0以上で欠席日数20日以内の基準あり、書類審査、面接
留学生入試:外国人対象、書類審査、面接

オープンキャンパス情報

埼玉ベルエポック製菓調理専門学校では、毎週日曜・祝日に体験授業オープンキャンパス、毎週土曜日に学校見学オープンキャンパスが開催されています。
体験授業オープンキャンパスでは、新校舎の見学や、保護者説明会、学校説明会、個別相談に加えて、製菓実習、調理実習、カフェ実習など、日程によって異なる調理体験を行うことができます。
体験授業で作ったものは試食できるのもうれしいポイントです。
また、学校見学オープンキャンパスでは、学校見学、授業内容や、学費、進路についての個別相談と、学校の実際の授業を体験、見学することができます。
各オープンキャンパスへの参加はAO入試の必須条件となっていますので、注意が必要です。
また中々都合が合わずオープンキャンパスへの参加が厳しい人のために、完全個別相談会も用意されています。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

パティシエ科|学費:201~300万

概要

パティシエ科は、昼間・2年制のコースです。
実習を中心としたカリキュラムで、さまざまなお菓子、ショコラ、パンなどを作る技術を習得していきます。
基礎から着実にスキルを身につけていきつつ、ケーキ、和菓子、焼き菓子、菓子パン、食事パン、総菜パンなどの幅広い分野の製菓技術、創造力、デザイン力を育み、様々な場面で活躍できるパティシエを目指していきます。
ウェディングケーキやブライダルギフト、マジパンなどの技術も学ぶので、ウェディングパティシエを目指す人にも適した学科となっています。
2年次には、選択ゼミでより専門的な知識、技術を身につけることができるのも特色となっています。
講義と実習の割合では実習・演習が95パーセントにもなり、より実践的に楽しみながら学ぶことができます。

学費詳細・費用

パティシエ科 総額288万円
入学金:5万円
授業料:110万円
総合演習費:20万円

取得可能な資格一覧

製菓衛生師通信課程を併修することで厚生労働省認定の国家資格である「製菓衛生師」を二年次に受験・取得することができます。
そのほかにも、ビジュアルフードクリエイター検定、フードコーディネーター3級、色彩検定3級、サービス接遇検定3級、商業ラッピング検定3級などの民間資格の取得も可能です。
国家資格の試験前の集中講座も用意されており、学生の合格をサポートしています。

就職・内定先の実績

パティシエ科の卒業生は、パティシエ、ヴァンドゥーズやブーランジェ(パン職人)、ウェディングケーキプランナー、ショコラティエ、和菓子職人などとして、多分野に就職しています。
主な就職先として、株式会社ケーキランド、有限会社パティスリー モン・プレジール、株式会社ボンドール、四季の菓子工房シャロンや、グランドハイアット東京、株式会社グランドニッコー東京などがあげられています。

製菓衛生師科|学費:201~300万

概要

製菓衛生師科は、国家資格の取得を確実にするために、実習と製菓の知識をバランスよく学ぶコースです。
2年制、昼間コースとなっています。
スイーツづくりの技術はもちろんのこと、食品の栄養・カロリー・特性・保存法や、人の味覚のメカニズムに至るまで、「美味しい」を作り出す知識を基礎から講義で学習することができます。
製菓衛生師資格を取得するための独自プログラムで国家試験合格率は安心の100パーセントとなっています。
実習は洋菓子60パーセント・製パン25パーセント、和菓子15パーセントの割合で行われ、じっくりとお菓子作りを身につけることができます。
一年次には講義60パーセント、演習40パーセントの割合で行うことで、着実に基礎知識を学び、2年次には実習・演習の割合を80パーセントに増やすことで、学んだ知識を実践的に身につけることができます。

学費詳細・費用

製菓衛生師科 総額291万円
入学金:5万円
授業料:110万円
総合演習費:20万円

取得可能な資格一覧

製菓衛生師科では、国家資格である製菓衛生師は必修取得となっているほか、同じく国家資格の菓子製造技能士とパン製造技能士の受験資格も得ることができます。また、ビジュアルフードクリエイター検定、A・F・T色彩検定3級、商業ラッピング検定3級、ESCコミュニケーションスキルアップ検定、おもてなしマスター検定なども必修取得資格となっていて、資格取得に力を入れているのが特長となっています。
そのほかにも、チョコレート検定、スイーツコンシェルジュ、フードアナリスト4級などの資格取得も可能となっています。

就職・内定先の実績

製菓衛生師科の卒業生の就職率は100パーセントとなっています。
学生一人ひとりの就職をサポートすべく、就職専任スタッフを配置したり、学校内での模擬面接、履歴書の添削指導なども行っています。
主な内定先として、株式会社 ゆめ酵母、株式会社ニュートン、株式会社東武ホテルマネジメント、アニヴェルセル株式会社などがあげられています。

調理師科(製菓調理専攻)|学費:201~300万

概要

調理師科(製菓調理専攻)は、料理と製菓を同時に学び、調理師とパティシエの両方を目指すことができるコース2年制のコースです。
1年次には調理と製菓の基礎全般を学び、2年次の調理と製菓の応用技術の習得へとつなげます。
在学中に「調理師」と「製菓衛生師」のW取得が可能なことは最大の特長となっています。
提携企業である有名店で活躍するシェフから流行のレシピを教わることで、より多くの人の食欲をそそるメニューを創作するスキルを身につけていきます。

学費詳細・費用

調理師科(製菓調理専攻) 総額279万円
入学金:5万円
授業料:100万円
総合演習費:26万円

取得可能な資格一覧

国家資格の調理師免許を取得することができるほか、製菓衛生師通信課程を併修することで、製菓衛生師資格も取得が可能です。
そのほか、専門調理師技術考査、JESCコミュニケーションスキルアップ検定、ビジュアルフードクリエイター検定、おもてなしマスター検定、フードアナリスト4級、A・F・T色彩検定2・3級、フードコーディネーター3級の取得も可能です。

就職・内定先の実績

埼玉ベルエポック製菓調理専門学校には、埼玉県のパティスリーが加盟する埼玉県洋菓子協会との連携など、業界との太いパイプがあることが就職活動に有利にはたらき、卒業生の就職率は100パーセントになっています。
調理師科の卒業生はレストランやホテルなどに多く内定しているようで、主な就職実績としては、株式会社WDIJAPAN、イルキャンティ、株式会社ワイズテーブルコーポレーションなどがあげられています。

調理師科(総合調理専攻)|学費:201~300万

概要

調理師科(総合調理専攻)は、世界各国の料理の知識、調理技術を持った調理師を育成するコース2年制のコースです。
学ぶ料理のジャンルは和・洋・中にとどまらず、アフリカ・アメリカ・アジア・南米など、世界中の食文化や食材に触れ、珍しい料理にも挑戦することができます。
実習の授業中心のカリキュラムを取っており、たくさん作って、実践しながから応用技術も高めていきます。
調理の幅を広げることで、様々な場面で活躍できる調理師の育成を目指します。

学費詳細・費用

調理師科(総合調理専攻) 総額279万円
入学金:5万円
授業料:100万円
総合演習費:26万円

取得可能な資格一覧

調理師科(製菓調理専攻)と同様に、国家資格の調理師免許を取得することができます。
また、製菓衛生師通信課程を併修することで、製菓衛生師資格も取得が可能です。
そのほか、専門調理師技術考査、JESCコミュニケーションスキルアップ検定、ビジュアルフードクリエイター検定、おもてなしマスター検定、フードアナリスト4級、A・F・T色彩検定2・3級、フードコーディネーター3級の取得も可能です。

就職・内定先の実績

埼玉ベルエポック製菓調理専門学校は、埼玉校のほかに東京、札幌に製菓調理専門学校があり、そのほかにも名古屋、大阪、神戸、福岡そして教育提携校がフランスとイタリアにもあるなど、グループネットワークで学生の確かな就職を支えています。
そのため、卒業生の就職率は100パーセントになっています。
調理師科の卒業生はレストランやホテルなどに多く内定しているようで、主な就職実績としては、有限会社パブリックダイナー、株式会社プロダクトオブタイム、株式会社MUGENなどがあげられています。

カフェ総合科1年制|学費:101~200万

概要

カフェ総合科は、1年間でお菓子、料理、コーヒーなど、カフェに関する全般的な知識を学ぶことができるコースです。
1年間という短期間で効率よく、高い専門スキルとセンスを身につけたカフェスタッフを目指します。
店舗運営に必要な経営マネジメントや、デザインなども学び、カフェ開業にも役立つ知識を身につけます。

学費詳細・費用

カフェ総合科1年 総額117万円
入学金:5万円
授業料:70万円
総合演習費:28万円

取得可能な資格一覧

在学中に製菓衛生師通信課程を併修すれば製菓衛生師の国家資格を取得することが可能です。
また、食品衛生責任者、おもてなしマスター検定、ビジュアルフードクリエイター検定、商業ラッピング検定3級、フードコーディネーター3級、A・F・T色彩検定2・3級の取得を目指すこともできます。

就職・内定先の実績

埼玉ベルエポック製菓調理専門学校には、ベルエポックだけの指定校求人が寄せられるため、人気の高い職場への就職にも有利になっています。
また、ジョブマッチングプログラムで、自分にぴったりの就職先を紹介してもらえるのもポイントです。
内定先としてはカフェが多く、株式会社重光、いちごの里 Itigo No Sato Farm、株式会社ポトマック、カフェ・カンパニー株式会社、株式会社トランジットジェネラルオフィスなどに内定の実績があります。

パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

資格が確実に取得できます。
校舎がきれいで、エレベーターなどの設備も整っており快適に過ごせます。
様々なジャンルの講師から教わることができます。

口コミ元

ネガティブな口コミ

オープンキャンパスが豪華すぎて実際の授業とのギャップがあります。
学費が実習の材料費などもあり高いです。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*