SENDAI中央理容美容専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-24

公開日:2019-06-12

         

SENDAI中央理容美容専門学校は茨城県にある美容・理容・ヘアメイク系の専門学校です。
SENDAI中央理容美容専門学校は学校法人に認可されています。

基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
美容・理容・ヘアメイク系
メイク・ネイル・エステ系
仙台市宮城野区新田東2-11-4 認可

姉妹校の情報

SENDAI中央理容美容専門学校の姉妹校は宮城理容美容専門学校でしたが、平成26年3月末に閉校したため現在姉妹校はありません。

パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

小鶴新田駅/東仙台駅

入試情報

特待生入学:特待生入学対象、高等学校長もしくは中等教育学校長が推薦した者で1年次から3年次1学期までの評定平均値3.7以上および欠席日数が15日以内の者、書類審査、作文、面接
推薦入学:推薦入学対象、高等学校長および中等教育学校長が推薦した者で評定平均値が3.0以上の者、書類審査、面接
一般入学:書類審査、面接

オープンキャンパス情報

SENDAI中央理容美容専門学校では、オープンキャンパスを年に2日、体験入学会を年に複数回開催しています。
また、体験入学会では入試説明会も同時に行っているので、入試、学校生活、学費、就職先など不安や疑問点をなんでも聞くことが可能です。
オープンキャンパスでは、、卒業生によるヘアショーや、エステのハンドマッサージ、パラフィンパックなどの各種ブースで先輩たちの実力を体感したり、理容総合ブースなどで理容師の技術を見ることが出来、学校の内部だけでなくそこで学ぶことでどんな技術が習得できるかを間近で見ることが出来ます。
体験メニューは6種類以上を用意し、1つをじっくり体験しても良いですし、何種類か興味のあるものを体験することができます。
学校内の設備、先生たちの様子なども見られるので、入学後に自分が使うものをチェックすることもできます。
体験入学会では日程によって実施する内容が変わりますが、カット・ワインディング・ネイル・メイク・エステなどを先輩スタッフが丁寧に教えてくれます。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

理容科|学費:201~300万

概要

理容科では国家資格の理容師免許取得のためのカリキュラムを用意しています。
必修科目として関係法規、制度、保健、衛生管理、香粧品化学、利用技術理論、文化論、運営管理、利用実習などを学びます。
1年次の一般教養は美容科と同様でデッサンで観察力やデザイン力を養い、情報技術Ⅰではパソコン操作の基礎的な部分を学び、カラーコーディネイト(色彩)などを学習できます。
カラーコーディネイトでは色彩士検定3級合格を目指して授業が進みます。
2年次の一般教養は保健体育、フラワーアレンジメントでは基本的なことからコサージュやブーケの制作、情報処理Ⅱ、ジェルネイル中級を学ぶことができます。
専門教育として、カットⅠ、カットⅡ、クリエイティブセット、トータルテクニック、エステを学び、さらに実習を何度も行うことで理容師試験合格を目指します。

学費詳細・費用

理容科 総額202万円
入学金:10万円
授業料:84万円
実習費:36万円
専科受講科:10万円
施設維持費:25万円
その他37万円
美容科 総額200万円
入学金:10万円
授業料:84万円
実習費36万円
専科受講科:10万円
施設維持費:25万円
その他:35万円
他、一般教養、専門教育、専科の教材費が別途必要(30万円~39万円)

取得可能な資格一覧

卒業によって得られる資格は、理容師国家試験受験資格、NPO法人日本ネイリスト協会ジェルネイル検定試験、NPO法人全国美術デザイン専門学校教育振興会(ADEC)色彩士検定、日本エステティック協会認定フェイシャルエステティシャン、東北エステティックアカデミー協会フェイシャルエステティシャンなどの資格を取得することができます。
理容師国家試験受験資格は通常のカリキュラムで取得可能です。
その他の資格も、選択必修の専門教育を受講したり、希望者はその検定を受けるために必要な教科を受講することで取得することができます。

就職・内定先の実績

理容系の主な就職先はほとんどが理容室やサロンになります。
株式会社エムズジャパンヘアラウンジJAPAN、CEPホールディングス株式会社、有限会社柏木企画、有限会社リブレ、有限会社ワイルド、総美(有)などの企業からm、HAIRFEEL、Zeas、ジュークヘア、レオンアルスヘアー、カットハウスおしゃれ、THEBARBARなど個人経営の理容室などになります。
在学中から、またはそれ以前から理容師を夢見て務めたいサロンや理容室を視野に入れながらの勉強になるので、その就職率は100%です。
50年以上にわたり培われたノウハウで1年のうちから進路や就職の指導を行い、2年になると店舗訪問や見学、接客授業などをして就職支援を積極的に行います。
地域密着で地元の業界からも信用があり、県外からも求人が寄せられるため、学生たちはたくさんの候補の中から自分が勤めたい企業を早いうちから目標にすることができるので、高い就職率の実績があるのです。

美容科|学費:201~300万

概要

美容科では、美容師免許を取得するためのカリキュラムを用意しています。
関係法規、制度の学習、衛生管理、保健、香粧品化学、美容技術理論、文化論、運営管理、美容実習などを行います。
1年次の一般教養では理容科と同様で、デッサンでスタイル画を書き続けることでバランス力や観察力を身につけ、情報処理Ⅰで、wordやExcelなどのパソコン操作について学び、カラーコーディネイト(色彩)で色彩士検定3級合格を目指すように色彩の知識を学ぶことができます。
2年次からの一般教養では、保健体育、フラワーーアレンジメントでは基礎的なものからブーケやコサージュなどの制作を行い、情報技術Ⅱではさらにパソコンの活用スキルを養います。
他3Dネイルなジェルネイル中級に対押したネイルの知識も学ぶことが出来ます。
また、専門教育としてカラーリング、ネイル、メイクアップ、アップヘアー、エステティック、カット、着付けなども専攻して学ぶことが可能です。

学費詳細・費用

理容科 総額202万円
入学金:10万円
授業料:84万円
実習費:36万円
専科受講科:10万円
施設維持費:25万円
その他37万円
美容科 総額200万円
入学金:10万円
授業料:84万円
実習費36万円
専科受講科:10万円
施設維持費:25万円
その他:35万円
他、一般教養、専門教育、専科の教材費が別途必要(30万円~39万円)

取得可能な資格一覧

卒業によって得られる資格は国家試験美容師免許の受験資格です。
他にNPO法人日本ネイリスト協会ジェルネイル検定試験、NPO法人全国美術デザイン専門学校教育振興会(ADEC)色彩士検定、東北エステティックアカデミー協会フェイシャルエステティシャンの資格を取得することが可能です。

就職・内定先の実績

美容科の主な就職先は、サロンスタッフだけでなく、ブライダルサロンのスタッフやトータルコーディネートをする仕事、スタイリストの仕事など様々な業種になります。
株式会社アースホールディングス、株式会社LAXIAMARE、株式会社イメージア、株式会社エンドーグループ、株式会社アッシュ、株式会社リファイン、株式会社ニューヨーク・ニューヨーク、株式会社ティコーポレーション株式会社レボル、株式会社和田商などの企業だけでなく、美容室DIO、BridalSalonMEGUMI、HAIRISM、GUILD、BellCLiP、HOLGAなどの個人で経営しているサロンや美容室に就職する生徒もいます。
美容師としてだけでなく、スタイリストやネイリストなど様々な働き方を希望し夢を叶えた生徒を数多く輩出しています。
理容科同様、就職支援などのバックアップは熱心で、1年から就職に対しての意識を高め、どの道へ生徒が行きたいのか、向いているのかなどを徹底的に支援します。
また、美容科でも店舗訪問や見学なども行っているので、就職先について早期から生徒自身が考えることが出来ます。
関東・関西からも求人が来るので、生徒が希望する地域も選択することが可能です。

パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

たくさんの専門教科を学ぶことが出来たのがとてもよかったです。
美容師を志してこの学校に決めたのですが、着付けやネイルにも興味があったので専攻しました。
教材もすべてそろっており、卒業しても自分でネイルの練習をすることができ、また着物も学校ですべて道具を用意していくれるので自分で用意することもなく、しっかり学ぶことができました。
s年生たちがとてもやさしく、楽しい学校生活を送れました。
国家試験が一発合格で、サポートもばっちりでした。
校舎が新しくきれいで、集中できる環境でした。
設備も最新のものなので、新しい設備でしっかりと学ぶことが出来、充実した実習や演習が行えました。
先生方がとても暖かく、優しく丁寧に教えてくれるので毎日とても充実していました。
求人がとても多く、県外も多かったので、自分の就職先を決めるときに幅広い視野で選択することが出来ました。

口コミ元

ネガティブな口コミ

学校の設備が自由に使えないので、生徒側から自主的に学校の設備を使えるようにしてほしいと感じました。
就職率はよいが、離職率も高いです。
その後の再就職のサポートもしてくれますが、甘くない世界だと思いました。
教材の選定はとても良いのですが、コストが高いのでもう少し安くしてほしいと思いました。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*