仙台YMCA国際ホテル製菓専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2019-09-20

公開日:2019-06-12

         

仙台YMCA国際ホテル製菓専門学校は宮城県にある観光・ホテル・ブライダル系の専門学校です。
仙台YMCA国際ホテル製菓専門学校は学校法人に認可されています。

基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
YMCA 観光・ホテル・ブライダル系
製菓・調理・栄養系
宮城県仙台市青葉区立町9-7 認可

姉妹校の情報

仙台YMCAグループ校に、YMUC中西田保育園、YMCA南大野保育園、仙台YMCA幼稚園、YMCA加茂保育園があります。
YMCA専門学校ネットワークに、東京YMCA国際ホテル専門学校、大阪YMCA国際専門学校、神戸YMCA学院専門学校、広島YMCA専門学校、福岡YMCA国際ホテル福祉専門学校、熊本YMCA学院専門学校があります。

パンフレット・資料を見る

入試・オーキャンコース詳細

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

仙台市営地下鉄東西線大町西公園駅/仙台市営地下鉄南北線広瀬通駅

入試情報

学校長推薦入試(ホテル科、ホテルパティシエ科): 書類審査・面接
社会人推薦入試(ホテル科、ホテルパティシエ科) 書類審査、面接
一般入試A(ホテル科、ホテルパティシエ科): 書類審査、作文または筆記、面接
一般入試B(製菓衛生師科、洋菓子・製パン科): 書類審査
AO入試: 書類審査、面接

オープンキャンパス情報

仙台YMCA国際ホテル製菓専門学校では、体験授業が随時実施されています。
学校説明会は、体験授業開催日の同日午後より行われます。
ホテル科・国際おもてなし科の体験授業は、ホテルマンの仕事体験や、れしトランサーボス体験が出来ます。
ホテルパティシエ科の体験授業は、ケーキ作りとティータイムを体験することが出来ます。
個別面談も可能で、体験授業開催日の日程が合わない方は、ぜひご利用ください。
AO入試希望者は、学校説明会または個別相談会へ1回以上参加と、体験授業へ1回以上参加し、それぞれに参加レポート(ステップアップレポート)を作成し、エントリーシートとともに提出する必要があります。

コース詳細・著名な卒業生

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。
クリックすると詳細がご覧になれます。

ホテル科|学費:101~200万

概要

ホテル科は、昼間2年制定員40名となっています。
ホテル業務に欠かせないおもてなしの技術を接客マナーを学んだりコミュニケーション能力を磨くことで、より良いサービスが提供できるように総合的に学ぶことが出来ます。
サービストレーニング、英会話、ホスピタリティ、ビジネスマナー、フロントサービス、HRS検定対策など幅広い知識と技術を学びます。
2年次は、ホテルコース ブライダルプランナーコース 英語ビジネスコース ホテルデュアルコースの4つのコースから選択して、関心がある分野の知識と技術をさらに極めることが出来ます。

学費詳細・費用

ホテル科 総額166万円
入学金:10万円
授業料:61万円
設備費 :7万円
演習費:10万円
その他入学時に、学生会費:2千円、保健衛生費 :1万5千円、各種検定費用:3万5千円、見学会費用 :7万円など12万2千円と、5月に教材費として約10万円必要となります。

取得可能な資格一覧

取得可能資格に、レストランサービス技能検定、ホテルビジネス実務検定、実用英語技能検定、秘書技能検定、観光英語検定、TOEIC、マイクロソフトオフィススペシャリスト検定、簿記検定、アシスタントブライダルコーディネーター検定、販売士検定、’利酒師、ワイン検定、パーソナルカラーリスト検定などがあります。

就職・内定先の実績

この科でめざす職業は、フロント・ベルスタッフ、レストラン・バンケットスタッフ、コンシェルジュ、ソムリエ・バーテンダー、カウンタースタッフ、ブライダルプランナー、海外ホテルスタッフ、秘書、ツアーコンダクター、トラベルプランナーとなっています。
就職実績に、帝国ホテル、ホテルオークラ東京、ホテルニューオータニ、グランドハイアット東京、京王プラザホテル、ロイヤルパーク汐留タワー、山の上ホテル、ウェスティンホテル東京、オリエンタル東京ベイ、東京ステーションホテルなどがあります。

国際おもてなし科|学費:101~200万

概要

国際おもてなし科は、昼間2年制定員40名となっています。
日本人向けの観光ビジネスコースと、留学生向けの日本語習得コースの2コース設置され、それぞれ定員20名となっています。
留学生入学条件は、日本語能力試験2級レベル以上必要です。
日本ならではの、おもてなしの心と技術を身に付け、海外からの観光客を呼び込む力を実践的に学んでいきます。
観光ビジネスコースは、英語コミュニケーション能力、おもてなし力、ビジネススキル、人間関係能力を養い、外国人観光客向けのサービス向上とや観光企画できるようになる知識と技術を身に付けます。
日本語習得コースは、日本ならではの、おもてなしの心と技術を身に付けながら、日本語能力試験上級合格を目指します。

学費詳細・費用

おもてなし科 総額166万円
入学金:10万円
授業料:61万円
設備費 :7万円
演習費:10万円
その他入学時に、学生会費:2千円、保健衛生費 :1万5千円、各種検定費用:3万5千円、見学会費用 :7万円など12万2千円と、5月に教材費として約10万円必要となります。

取得可能な資格一覧

取得可能資格に、レストランサービス技能検定、ホテルビジネス実務検定、実用英語技能検定、秘書技能検定、観光英語検定、TOEIC、マイクロソフトオフィススペシャリスト検定、販売士検定、サービス接遇実務検定、おもてなし検定、日本語能力試験、BJTビジネス日本語能力テストなどがあります。

就職・内定先の実績

おもてなし科でめざす職業は、旅館スタッフ、ホテルスタッフ、海外ホテルスタッフ、レストラン・バンケットスタッフ、百貨店スタッフ、トラベルプランナー、ツアーコンダクター、外資系企業スタッフ、貿易会社などです。
就職実績に、 有限会社レストラン・モナリザ、太平洋フェリー 株式会社、横浜ロイヤルパークホテル、株式会社三沢奥入瀬観光開発 星野リゾート 青森屋、アントステラ 秋田トピコ店、ラ・クロンヌ・ドルなどがあります。

ホテルパティシエ科|学費:201~300万

概要

ホテルパティシエ科は、昼間2年制の定員20名の学科となっています。
定員20名の少人数となっているので、講師の目が行き届いた丁寧な指導を受け、受け製菓衛生師の資格取得を目指すことが出来る学科となっています。
1年は、製菓衛生師の資格取得に必要な知識と技術を座学中心に学びます。
2年次は、ホテルや菓子店での現場実習を通じて技術をさらに磨くことが出来ます。
実習時間が年間460時間以上実施されているので、実践力を身に付けることが出来ます。

学費詳細・費用

ホテルパティシエ科 総額205万円
入学金:10万円
授業料:1年次80万円、2年次61万円
設備費 :1年次15万円、2年次9万円
演習費:15万円
その他入学時に、学生会費:2千円、保健衛生費 :1万5千円、見学会費用 :7万円、宮城県洋菓子協会年会費:1万8千円など10万5千円と、5月に教材費として約11万円必要となります。

取得可能な資格一覧

取得可能資格 秘書技能検定 マイクロソフトオフィススペシャリスト検定、販売士検定、サービス接遇実務検定、製菓衛生師、食品衛生管理者、パーソナルカラーリスト検定などがあります。

就職・内定先の実績

ホテルパティシエ科でめざす職業は、パティシエ(洋菓子職人)、ブーランジュ(パン職人)、和菓子職人、ホテル製菓部門・調理部門カフェスタッフ、菓子販売員などとなっています。
就職実績に、トムボーイカフェ、カフェ・コロラド、アフタヌーンティー、蔵王ハートランド、TERRACE L、ホシヤマ珈琲店、Cafe comme ca、菓子工房セレブレ、ルミラン洋菓子店、杜のマドンナなどがあります。

卒業した有名人

仙台YMCA国際ホテル製菓専門学校を卒業した有名人のデータは特にないようです。

パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

長期休暇で実際にホテルへ行き働くので時給が発生し、学びながら生活費を稼げるので良かったです。
社会人になって、実習で学んだことがどれだけ大きいことか分かりました。
色々なホテルへ就職した先輩方の意見が聞けて、参考になることが多かったです。
先生もずっといる方や卒業生ばかりなので頼もしかったです。
それぞれの分野でプロだった方からの指導なので、現場での知識を生で聴けるのでとても勉強になりました。
HRSの合格率は良く、他資格についても、授業を真面目に受けていれば合格できるものが多かったので良かったです。
人数が少ないから、先生が一人一人しっかり見てくれました。
語学などの国際関係もしっかりと学べ異文化に触れる機会もたくさんありました。

口コミ元

ネガティブな口コミ

少し建物自体が古いのでトイレなども古かったです。
少し教室は狭かったです。
1クラス30人いるかいないかですが、毎年だいたい1人か2人が孤立して辞めます。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*