中央工学校OSAKAの評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2020-01-30

         

中央工学校OSAKAは大阪府にある建築・土木・インテリア系の専門学校です。
中央工学校OSAKAは学校法人に認可されています。

中央工学校OSAKAの基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
建築・土木・インテリア系 大阪府豊中市寺内一丁目1-43 認可

姉妹校の情報

中央工学校があります。

中央工学校OSAKAの
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

地下鉄緑地公園駅

中央工学校OSAKAの入試情報

AO入試:書類、面接
推薦:書類
一般入試:小テスト、書類審査、面接

中央工学校OSAKAのオープンキャンパス情報

希望している学科それぞれのカリキュラムの説明や、作品の見学、体験授業の時間が組まれたオープンキャンパスになっています。
教育方針や資格について、卒業後の就職についてなどを細かく説明してもらうことができます。
将来何をしたいか具体的に決まっていない方も、どんな学習をしていくのか、どんな仕事をしていくのかの話を聞くことで、自分が目指したいものが見えてくるので、自分にむいている仕事を明確にすることができます。
そして体験授業では、実際に先輩たちが受けている授業を受けることができるので、自分にあった授業なのか、授業が楽しいか、わかりやすいかを事前に確認しながら体験することができます。
当日は先輩と話をする時間や個別相談の時間もあるので、相談したいことがあればなんでも相談できます。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

建築学科|学費:101~200万

概要

建設全般について基礎から学び、即戦力として活躍し、将来的には独立して設計事務所を開設できるレベルの人材へ育てていきます。
そのために、建築の基礎を徹底的に学習していきます。
BIMによる3次元設計や建築設計のコンペに調整し、プレゼンテーション能力を身に着けます。
そして、建築業界で最難関とされる一級建築士の合格を目指したカリキュラムとなっており、レベルにあわせて補講をおこない、きめ細やかな先生のサポート体制があります。
在学中には2級建築施工管理技士の取得を目指した試験対策も実施します。
1年次では、建築・インテリア概論と計画、建築史、構造学力、建築構造、ITリテラシー、建築製図講習、CAD演習、建築施工実習の必須科目に加えて、建築・インテリアデザイン演習、レンダリング演習、テクニカル製図演習などの選択科目があります。
2年次になると建築設計コース、施工管理コース、建築設計コースの3つの中から自身が勉強したいコースを選択して授業を受けます。
座学の講義だけでなく、実習や演習を多く取り入れたカリキュラムとなっており、より実践的な学習をすることができます。

学費詳細・費用

建築学科 総額109万円
入学金:11万円
授業料・施設実習費:98.5万円

取得可能な資格一覧

一級建築士、二級建築士、木造建築士、建築設備士、1級建築施工管理技士、1級管工事施工管理技士、色彩検定、福祉住環境コーディネーター、eco検定、2級建築施工管理技士、2級管工事施工管理技士などの資格の取得ができます。

就職・内定先の実績

建築事務所、デザイン事務所、建築積算事務所、店舗設計事務所、住宅メーカー、リフォーム会社、ゼネコン、工務店などへの就職実績があります。

住宅デザイン科|学費:

概要

住宅デザインを得意とする建築家や、第一線で活躍しているインテリアのプロが指導してもらい、2年間で住空間のスペシャリストを目指していく学科です。
あらゆる技術の進化や時代に応じた、心地のよいライフスタイルを提案するためのスキルやセンスを身に着けていきます。
太陽光発電や蓄電池をはじめとした、環境にやさしい住宅に着目し、地球環境を守る住宅設備についても学習していきます。
また伝統木材建築から学ぶことも多く、町家などからみえる知恵であったり、工法、様式美などを丁寧にひとつずつ学んでいき、古い伝承木造建築を取り入れながら、現代の住宅に活かしていく技術を学びます。
1年次では設計製図をマスターし、建築の基礎をしっかりと学んでいきます。
2年次からは住宅設計コースとリフォームコースに分かれてより専門的な学習をしていきます。
営業、設計、積算、施工管理などの一連の流れを理解して、空間デザインをつくっていく住環境リフォーム演習や、自然と人間との関係を考えて住宅をつくっていくエクステリアデザイン演習など、知識を深めなから技術を上げることができる演習が多く組み込まれています。

学費詳細・費用

住宅デザイン科 総額109万円
入学金:11万円
授業料・施設実習費:98.5万円

取得可能な資格一覧

一級建築士、二級建築士、木造建築士、1級建築施工管理技士、1級管工事施工管理技士、色彩検定、福祉住環境コーディネーター、2級建築施工管理技士、リフォームスタイリスト、インテリア設計士などの資格の取得が可能です。

就職・内定先の実績

住宅メーカー、建築設計事務所、デザイン事務所、建築積算事務所、住宅設備メーカー、リフォーム会社、マンション企画開発会社などへの就職実績があります。

インテリアデザイン科|学費:101~200万

概要

空間を美しく快適にする、空間演出に必要なノウハウをスキルを学ぶことができるのがインテリアデザイン科です。
家具や照明器具などのインテリアを色、かたち、素材などを組み合わせて、クライアントにとって最適な空間を提案できる能力と住宅やショップを設計することができる能力を身に着けていきます。
マーケティングやリサーチの方法を学び、あらゆる角度でのディスカッションをおこない、クリエイティブ能力を育てていきます。
また、色鉛筆やCGなどを使用し、見せ方を工夫したデザインの提案や空間を楽しんでもらう対象者へのアピールの仕方など、プレゼンテーションの練習をおこない、プレゼン能力だけでなくコミュニケーション能力も養っていきます。
インテリアと設計の基礎知識を1年次でマスターし、2年次になるとインテリアスタイリングコース、ショップデザインコース、家具・照明デザインコースの3つの中から、自分が学習したいコースを選択して勉強することができます。

学費詳細・費用

インテリアデザイン科 総額109万円
入学金:11万円
授業料・施設実習費:98.5万円

取得可能な資格一覧

二級建築士、インテリア設計士1級、木造建築士、インテリアプランナー、インテリアコーディネーター、商業施設士補、商業施設士、インテリア設計士、色彩検定、カラーコーディネーターなどの資格の取得が可能です。

就職・内定先の実績

デザイン事務所、建築石器事務所、ディスプレイ会社、サイン会社、店舗設計事務所、コンサルティング事務所、照明デザイン事務所、インテリアデザイン事務所などへの就職実績があります。

中央工学校OSAKAの
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

PCスキルや模型造り、プレゼンの指導など徹底しており、卒業後に役に立ちました。
就職率もよく、学校に求人がきたり、就活のサポートを先生がしてくれるので安心して就活をすることができました。
資格の取得についても、授業で講座をしてもらえるので、資格を取得したい方にもおすすめです。
実技授業は外部から現場で活躍している方が講師としてきてくれるので、座学だけでは分からないような現場でしか知り得ない内容を知ることができます。

口コミ元

ネガティブな口コミ

駅から徒歩10分とアクセスがいいからなのか、学校がコンパクトで教室が少し狭かったです。
また、人通りの少ない場所に校舎があるので、夜は暗くて少し怖かったです。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*