新潟高度情報専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

新潟高度情報専門学校は新潟県にあるIT・コンピュータ・Web系の専門学校です。
新潟高度情報専門学校は学校法人に認可されています。

新潟高度情報専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
IT・コンピュータ・Web系
アニメ・ゲーム・マンガ系
新潟県新潟市中央区明石1-3-12 認可

姉妹校の情報

姉妹校に、新潟こども医療専門学校があります。

新潟高度情報専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

上越新幹線新潟駅/JR信越本線新潟駅/JR白新線新潟駅/JR越後線新潟駅

新潟高度情報専門学校の入試情報

AO入試:面接、書類審査
指定校推薦入試:書類審査
推薦入試:書類審査
一般入試:面接(オープンキャンパス参加者は面接免除)、書類審査

新潟高度情報専門学校のオープンキャンパス情報

新潟高度情報専門学校では、随時オープンキャンパスが開催されています。
オープンキャンパスは、体験型となっています。
オープンキャンパス参加で、一般出願での面接が免除されます。
オープンキャンパス2回参加で、入学選考料が全額免除となります。
特待生入試過去問題集を入手することが出来ます。
AO入試希望者は、オープンキャンパスに参加してAO出願エントリーシートを取得する必要があります。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

高度情報システム科|学費:301~400万

概要

高度情報システム科は、システム技術コースとネットワーク・セキュリティ技術コースの2つのコースがあります。
基本情報技術者試験、データベーススペシャリスト、応用情報技術者試験などの資格取得を目指し3年間勉強します。
チームでシステム開発を行うことで、実践力を身に付けることが出来ます。
豊富な実習で実践力を身に付けることが出来ます。
システム技術コースは、シコンピュータを円滑に動かすシステム構築のための開発技法やシステム管理の知識・技術を基礎から学ぶことが出来ます。
ネットワーク・セキュリティ技術コースは、ネットワークの設計・構築・システム作成やセキュティ技術など、実習を通して基礎から高度な技術までしっかり学ぶことが出来ます。

学費詳細・費用

高度情報システム科 総額309万円
入学金:5万円
授業料:54万円
施設設備費:24万円
コンピュータ設備費実習費:1年次・2年次20万円、3年次18万円
その他、教科書・教材・検定等で年間7万5千円〜10万円程度の費用がかかります。
研修旅行費として卒業までに、9万円程度必要になります。

取得可能な資格一覧

取得できる資格に、情報処理安全確保支援士試験、ネットワークスペシャリスト試験、応用情報技術者試験、基本情報技術者試験、javaSE7認定資格、CCN、OSS-DB技術者認定試験があります。

就職・内定先の実績

就職実績に、株式会社アビリエント、アクロホールディングス株式会社、ディ・アイ・システム株式会社、旭情報サービス株式会社、株式会社ディック電子、CTCシステムマネジメント株式会社、株式会社日本プレースメントセンター、株式会社ウィング、株式会社インプレッシヴ、株式会社アスタースなどがあります。

情報工学科|学費:401~500万

概要

情報工学科は、システム工学コースがあります。
4年間で、基本情報処理などの資格取得とシステム開発に必要なスキルを全般的に学ぶことが出来ます
必要なスキルを校外活動や産学連携をモデルに身につけることが出来ます。
5年連続就職率100%を誇る学科となっています。
クラウド、IoT、AI、ネットワーク、セキュリティ、自動運転、無人店舗など、すべてのIT分野で活躍できる知識と技術を身に付けることが出来ます。

学費詳細・費用

情報工学科 総額409万円
入学金:5万円
授業料:54万円
施設設備費:24万円
コンピュータ設備費実習費:1年次・2年次20万円、3年次・4年次18万円
その他、教科書・教材・検定等で年間7万5千円〜10万円程度の費用がかかります。
研修旅行費として卒業までに、9万円程度必要になります。

取得可能な資格一覧

卒業と同時に高度専門士の称号を得ます。
高等学校教諭免許状を取得することが出来ます。
情報処理安全確保支援士試験、ネットワークスペシャリスト試験、データーベーススペシャリスト試験、応用情報技術者試験、基本情報技術者試験、情報セキュリティマネジメント試験などが取得できます。

就職・内定先の実績

就職実績は、日本精機株式会社、アクロホールディングス株式会社、ディ・アイ・システム株式会社、旭情報サービス株式会社、株式会社ディック電子、トーセーシステムズ株式会社、株式会社日本プレースメントセンター、株式会社ウィング、株式会社インプレッシヴ、株式会社アスタースなどがあります。

情報システム科|学費:201~300万

概要

情報システム科は、アプリ開発コースとITビジネスコースの2つのコースがあります。
ITビジネス業界の現場でスペシャリストとして活躍するために必要な基礎知識を2年間で学ぶ学科となっています。
情報系の国家資格を習得して、2年で就職を目指します。
1年次は、IT開発業務の基礎となるコンピューターとシステムやアプリの開発に必要となるプログラミング言語を中心に学び基本情報技術者試験の取得を目指します。
2年次は、より実践的なIT技術を学び、応用情報技術者試験の取得を目指します。

学費詳細・費用

情報システム科 総額209万円
入学金:5万円
授業料:54万円
施設設備費:24万円
コンピュータ設備費実習費:20万円
その他、教科書・教材・検定等で年間7万5千円〜10万円程度の費用がかかります。
研修旅行費として卒業までに、9万円程度必要になります。

取得可能な資格一覧

基本情報技術者試験、応用情報技術者試験、JavaSE7認定資格、CCNA、OSS-DB技術者認定試験の資格取得を目指すことが出来ます。

就職・内定先の実績

就職実績に、株式会社アビリエント、アクロホールディングス株式会社、ディ・アイ・システム株式会社、旭情報サービス株式会社、株式会社ディック電子、CTCシステムマネジメント株式会社、株式会社日本プレースメントセンター、株式会社ウィング、株式会社インプレッシヴ、株式会社アスタースがあります。

CG・ゲーム開発科|学費:201~300万

概要

CG・ゲーム開発科は、ゲームプログラムコース、ゲームグラフィックコースと2つのコースを設置しています。
ゲーム業界に特化したプログラムで、ゲーム制作に必要な技術を2年間学びます。
ゲームプログラムコースでは、ゲーム開発に必要な幅広いプログラミング技術とグラフィックスやプレゼンテーション技術を学ぶことが出来ます。
ゲームグラフィックコースでは、グラフィック表現を磨くために、デッサン、イラスト、3DCGなど幅広い知識と技術を学ぶことが出来ます。

学費詳細・費用

CG・ゲーム開発科総額217万円
入学金:5万円
授業料:54万円
施設設備費:24万円
コンピュータ設備費実習費:24万円
その他、教科書・教材・検定等で年間7万5千円〜10万円程度の費用がかかります。
研修旅行費として卒業までに、20万円程度必要になります。

取得可能な資格一覧

取得できる資格に、基本情報技術者試験、ITパスポート試験、C言語プログラミング能力認定試験、マルチメディア検定、CGクリエイター検定、ビジネス著作権検定があります。

就職・内定先の実績

就職実績に、株式会社アビリエント、アクロホールディングス株式会社、ディ・アイ・システム株式会社、旭情報サービス株式会社、株式会社ディック電子、CTCシステムマネジメント株式会社、株式会社日本プレースメントセンター、株式会社ウィング、株式会社インプレッシヴ、株式会社アスタースなどがあります。

CG・ゲームクリエイター科|学費:301~400万

概要

CG・ゲームクリエイター科は、ゲームクリエイターコース、CGクリエイターコースと2つのコースを設置しています。
実習時間を多くとっており、CG・ゲーム開発科よりもさらにハイレベルなゲームプログラミングやCG政策技術を身に付け、3年間でプロに近い実践力をやしないます。
ゲームクリエイターコースでは、ゲームプログラミング技術に加え、3DCGやチーム制作することで、様々なゲーム開発の知識を学び、チームを演出できるプログラマを目指します。
CGクリエイターコースでは、2D・3Dでゲーム用グラフィックデータを作れるだけでなく、ライティングや質感へのこだわり、リアルな動きの3Dアニメーションなどを制作する技術を身に付けることが出来ます。

学費詳細・費用

CG・ゲームクリエイター科 総額323万円
入学金:5万円
授業料:54万円
施設設備費:24万円
コンピュータ設備費実習費:24万円
その他、教科書・教材・検定等で年間7万5千円〜10万円程度の費用がかかります。
研修旅行費として卒業までに、20万円程度必要になります。

取得可能な資格一覧

取得できる資格に、基本情報技術者試験、ITパスポート試験、C言語プログラミング能力認定試験、マルチメディア検定、CGクリエイター検定、ビジネス著作権検定があります。

就職・内定先の実績

就職実績に、株式会社アビリエント、アクロホールディングス株式会社、ディ・アイ・システム株式会社、旭情報サービス株式会社、株式会社ディック電子、CTCシステムマネジメント株式会社、株式会社日本プレースメントセンター、株式会社ウィング、株式会社インプレッシヴ、株式会社アスタースがあります。

デジタルクリエイティブ科|学費:201~300万

概要

デジタルクリエイティブ科には、マルチクリエイターコースがあります。
デジタルツールを使いこなすためベースとなるパソコンスキルを磨き、2D・3Dデザインをはじめ2年間で効率よく学び習得することが出来ます。
在学中は技術を活かしたアグループ企業で画像編集や映像編集のアルバイトをすることが出来るので、金銭的報酬と同時に実践力を身に付けることが出来ます。

学費詳細・費用

デジタルクリエイティブ科 総額217万円
入学金:5万円
授業料:54万円
施設設備費:24万円
コンピュータ設備費実習費:24万円
その他、教科書・教材・検定等で年間7万5千円〜10万円程度の費用がかかります。
研修旅行費として卒業までに、20万円程度必要になります。

取得可能な資格一覧

基本情報技術者試験、マルチメディア検定、CGクリエイター検定などが取得できます。

就職・内定先の実績

就職実績に、アイレップがあります。

新潟高度情報専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

サポート体制が充実し、就職実績も良いため希望の就職のジャンル、就職企業がはっきりと決まっている方にとってはすごくすごくいいと思います。
卒業後は希望を叶えやすいと思われます。就職実績については文句なしと言ってもいいくらい充実し、サポートは手厚く、とても役に立つ、頼りになると思われます。学科で行われる授業は充実していて専門的知識がしっかり身につき、将来に役立ちます。先生方の手厚い指導にはとても感謝です。
一流のプロになりたいと思っている学生にとってはかなり意味のある専門学校であると思います。就職に強いです。先生がいい先生ばっかりで授業もわかりやすく、大変タメになります。個人的な相談事も対応してくれて親切な専門学校だと思います。

口コミ元

ネガティブな口コミ

情報ビジネスが学びたく入学しましたがいざ入ったらプログラミングの授業でつまずき、今は学校に行くのも憂鬱です。
本当に自分の将来に関わって来るのでパンフレットや募集要項の甘い誘惑には乗ってはいけません。
親切丁寧に教える←分かるまでは教えてくれません。
先生によってはペナルティーのレポートもあり学校だけの授業では頭に入りません。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*