新潟情報専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

新潟情報専門学校は新潟県にあるIT・コンピュータ・Web系の専門学校です。
新潟情報専門学校は学校法人に認可されています。

新潟情報専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
IT・コンピュータ・Web系 新潟県新潟市中央区弁天2-3-13 認可

姉妹校の情報

姉妹校は北海道情報大学です。

新潟情報専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR新潟駅

新潟情報専門学校の入試情報

AO入試:書類審査
指定校推薦入試:書類審査
推薦入試:書類審査
一般入試:書類審査、面接

新潟情報専門学校のオープンキャンパス情報

新潟情報専門学校では、学校説明と学校説明会の他にミニ体験ができる2つのコースのオープンキャンパスが随時開催されています。
学校説明会では、学科・コースの内容や設備見学、資格取得・就職状況などについて聞くことができ、もう一つのコースでは学校説明会に加えて、実際の学習内容を体験することができます。
主な体験内容として、Javaプログラミングやスマホアプリ制作ができる情報システム系、医療事務の仕事や病院の電子カルテ体験ができる医療情報系、3DCGムービー制作やデジタル画像編集体験ができるマルチメディア系、キー入力の早打ちマスターやパワーポイント体験などのビジネス系など、様々なメニューがあります。
当日参加も可能ですので、入学を検討されている方は是非参加してみましょう。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

大学コース 情報システム専攻|学費:101~200万

概要

大学コース 情報システム専攻では、北海道情報大学の「システム情報学科」に在籍しながら4年間でシステムエンジニアやセキュリティエンジニア、セールスエンジニア、プログラマなどに必要な知識と技術を身につけるコースです。
新潟情報専門学校では、1年次には情報系・経営系の基礎科目とコンピュータやネットワークに関する基礎知識などを学習、2年次には応用的なデータ構造とアナゴリズム、データベースとネットワークに関する実践的なノウハウやスキルを学び、3年次にはスマートフォンの基本ソフトAndroidについてやセキュリティ技術についてさらに深く学習、4年次にはWebアプリケーションの開発技術やデータベースの設計に必要な知識と手法などについて演習や実習を通して学習します。

学費詳細・費用

大学コース 情報システム専攻 総額115万1千円
入学金:10万円
授業料:36万4千円
実習料:7万4千円
施設費:18万8千円
維持費:13万8千円
校費:2万円
入学金(北海道情報大学通信教育部):5万円大学コース 情報システム専攻
入学金(北海道情報大学通信教育部):5万円
授業料(北海道情報大学通信教育部):20万円
施設利用費(北海道情報大学通信教育部):10万円
移設設備費(北海道情報大学通信教育部):5万円
レオイート添削費(北海道情報大学通信教育部):1万1千円
科目試験料(北海道情報大学通信教育部):6千円

取得可能な資格一覧

北海道情報大学卒業(学士:経営情報学)、情報処理国家試験、情報処理安全確保支援士、データベーススペシャリスト、ネットワークスペシャリスト、応用情報技術者、基本情報技術者、ITパスポート、オラクルマスター、Oracle認定Javaプログラマ、SEA/J 情報セキュリティ技術認定、情報検定、日商簿記検定、高等学校教諭一種免許状(情報・商業)の資格が取得できます。

就職・内定先の実績

(株)IIJエンジニアリング、(株)アイ・エス・エス[アイネスグループ]、アイエックス・ナレッジ(株)、アクサス(株)、旭情報サービス(株)、(株)アドバンストラフィックシステムズ[JRシステムグループ]、(株)あとらす二十一、(株)アルコン、(株)インターネットイニシアティブ(IIJ)、(株)インタラクティブ・コミュニケーション・デザインなどが就職先として挙げられます。
公式HPで公表されている就職先実績は、コースによって分けられているわけではありませんので、他学科と同等レベルの内定・就職先実績であると推測されます。
新潟情報専門学校では、しっかりとした就職サポートで高い就職実績があります。

大学コース AIシステム専攻|学費:101~200万

概要

大学コース AIシステム専攻では、北海道情報大学の「システム情報学科」に在籍しながらプログラムやAIエンジニア、セキュリティアドミニストレータを4年間で目指します。
大学コース AIシステム専攻は、1年次で情報系・経営系の基礎科目のほかにコンピュータ・ネットワークに関する基礎知識やセキュリティ対策、データベースシステムなどについて学習、2年次にデータベースとネットワークの技術やLinux、アルゴリズムなどを学習、3年次にはAIの使い方やしくみやPythonの基本的文法などを学習し、4年次にはWebアプリケーションやデータベースの設計に必要な技術などを実習や演習を通して学びます。

学費詳細・費用

大学コース AIシステム専攻 総額115万1千円
入学金:10万円
授業料:36万4千円
実習料:7万4千円
施設費:18万8千円
維持費:13万8千円
校費:2万円
入学金(北海道情報大学通信教育部):5万円大学コース 情報システム専攻
入学金(北海道情報大学通信教育部):5万円
授業料(北海道情報大学通信教育部):20万円
施設利用費(北海道情報大学通信教育部):10万円
移設設備費(北海道情報大学通信教育部):5万円
レオイート添削費(北海道情報大学通信教育部):1万1千円
科目試験料(北海道情報大学通信教育部):6千円

取得可能な資格一覧

北海道情報大学卒業(学士:経営情報学)、情報処理国家試験、Python3エンジニア認定基礎、オラクルマスター、Oracle認定Javaプログラマ、情報検定、日商簿記検定、高等学校教諭一種免許状(情報・商業)、情報処理安全確保支援士、ネットワークスペシャリスト、データベーススペシャリスト、応用情報技術者、基本情報技術者、ITパスポートが取得できます。

就職・内定先の実績

公式HPで公表されている就職先実績は、コースによって分けられているわけではありませんので、他学科と同等レベルの内定・就職先実績であると推測されますが、(株)インフォメーション・ディベロプメント、(株)インプレッシッヴ、ウイング宇宙技術開発(株)[eDCグループ]、AGS(株)、(株)エイチ・エル・シー、エスアイエス・テクノサービス(株)[さくら情報システムグループ]、(株)エスエフシー新潟、(株)SCC[eDCグループ]などが就職先として挙げられます。
新潟情報専門学校では、コンピュータ教育48年の伝統校ならではのしっかりとした就職サポートにより、高い就職実績があります。

大学コース 情報メディア専攻|学費:101~200万

概要

大学コース 情報メディア専攻は、北海道情報大学の「システム情報学科」に在籍しながら4年間でWebデザイナー、システムエンジニア、プログラマ、マルチメディアクリエータ、CGデザイナーを目指すコースです。
大学コース 情報メディア専攻は、1年次で情報系・経営系の基礎科目やセキュリティ対策の概要などについて学び、2年次でデータベースとネットワークに関する実践的な技術を学習、3年次でセキュリティ関係の資格取得を目指してより深く学習し、4年次でデータベースの設計に必要な知識と手法やネットワークシステムの構築と運用に関する知識と技術を実習などを通して学んでいきます。

学費詳細・費用

大学コース 情報メディア専攻 総額115万1千円
入学金:10万円
授業料:36万4千円
実習料:7万4千円
施設費:18万8千円
維持費:13万8千円
校費:2万円
入学金(北海道情報大学通信教育部):5万円大学コース 情報システム専攻
入学金(北海道情報大学通信教育部):5万円
授業料(北海道情報大学通信教育部):20万円
施設利用費(北海道情報大学通信教育部):10万円
移設設備費(北海道情報大学通信教育部):5万円
レオイート添削費(北海道情報大学通信教育部):1万1千円
科目試験料(北海道情報大学通信教育部):6千円

取得可能な資格一覧

北海道情報大学卒業(学士:経営情報学)、情報処理国家試験、オラクルマスター、Oracle認定Javaプログラマ、CGクリエイター検定、Webデザイナー検定、マルチメディア検定、情報検定、日商簿記検定、高等学校教諭一種免許状(情報・商業)の資格が取得できます。

就職・内定先の実績

公式HPで公表されている就職先実績は、コースによって分けられているわけではありませんので、他学科と同等レベルの内定・就職先実績であると推測されますが、(株)エスエフシー新潟、(株)SCC[eDCグループ]、(株)エヌアイデイ(NID)、NECソリューションイノベータ(株)、(株)NS・コンピュータサービス[日本精機グループ]、(株)エヌサイト[NDSグループ]、(株)エヌ・シー・エス、(株)エヌ・テイ・エス[BSNアイネットグループ]が就職先として挙げられます。
新潟情報専門学校では、クラスの担任と就職指導スタッフにより学生一人ひとりの希望や能力に適した企業を見つけ出すなど、きめ細かい指導をしてくれます。

大学コース 医療情報専攻|学費:101~200万

概要

大学コース 医療情報専攻では、4年間で北海道情報大学の「システム情報学科」に在籍しながら、病院スタッフ、システムエンジニア、プログラマ、医療情報技師、医療系システムエンジニアを目指すコースです。
大学コース 医療情報専攻では、1年次でコンピュータ・ネットワークに関する基礎知識やセキュリティ対策の概要を学び、2年次では応用的なデータ構造とアルゴリズム、Linux、Javaについて学習し、3年次では保健医療福祉制度、医学に関する一般教養的な知識や医療サービス業務に関する基本的知識を学び、4年次では医療事務の概要について学習し、医療事務ソフトや電子カルテについて実習を通して学習していきます。

学費詳細・費用

大学コース 医療情報専攻 総額115万1千円
入学金:10万円
授業料:36万4千円
実習料:7万4千円
施設費:18万8千円
維持費:13万8千円
校費:2万円
入学金(北海道情報大学通信教育部):5万円大学コース 情報システム専攻
入学金(北海道情報大学通信教育部):5万円
授業料(北海道情報大学通信教育部):20万円
施設利用費(北海道情報大学通信教育部):10万円
移設設備費(北海道情報大学通信教育部):5万円
レオイート添削費(北海道情報大学通信教育部):1万1千円
科目試験料(北海道情報大学通信教育部):6千円

取得可能な資格一覧

北海道情報大学卒業(学士:経営情報学)、情報処理国家試験、医療情報技師能力検定、医療情報基礎知識検定、オラクルマスター、Oracle認定Javaプログラマ、情報検定、日商簿記検定、高等学校教諭一種免許状(情報・商業)が取得できます。

就職・内定先の実績

下越総合健康開発センター、立川メディカルセンター、東京歯科大学市川総合病院、新潟県労働衛生医学協会、(株)ニチイ学館、みどり病院が就職先として挙げられます。
新潟情報専門学校では、スペシャリストの講師陣により即戦力になる人材を育成、さらに就職に有利な資格取得をサポートしてくれるので安心して就職活動ができます。

システムクリエートコース 情報システム専攻|学費:101~200万

概要

システムクリエートコース 情報システム専攻は、システムエンジニア、プログラマ、セキュリティエンジニア、セキュリティアドミニストレータ、ネットワークエンジニア、セールスエンジニアを3年間で目指すコースです。
システムクリエートコース 情報システム専攻は、1年次ではコンピュータやネットワーク、セキュリティに関する知識を学び、2年次ではオブジェクト指向によるシステム設計手法とプログラミングで必要な知識やデータベースとネットワークに関する実践的な技術を学習し、3年次ではコンピュータ攻撃に関するセキュリティ対策、OS・アプリケーション・ネットワークの利用におけるセキュリティの設定や構成方法などを具体的に学習します。

学費詳細・費用

システムクリエートコース 情報システム専攻 総額101万6千円
入学金:15万円
授業料:55万8千円
実習料:16万2千円
施設費:13万8千円
維持費:13万8千円
校費:2万円

取得可能な資格一覧

情報処理国家試験、マイクロソフトテクノロジーアソシエイト(MTA)、オラクルマスター、Oracle認定Javaプログラマ、SEA/J 情報セキュリティ技術認定、情報検定が取得できます。

就職・内定先の実績

公式HPで公表されている就職先実績は、コースによって分けられているわけではありませんので、他学科と同等レベルの内定・就職先実績であると推測されますが、(株)ソリマチサポートセンター第四コンピューターサービス、(株)[第四銀行グループ]、(株)中央コンピュータシステム[JAグループ]、TIS(株)[TISインテックグループ]、TISシステムサービス(株)[TISインテックグループ]、TISソリューションリンク(株)[TISインテックグループ]、TDCソフト(株)などが就職先として挙げられます。
新潟情報専門学校では、一人ひとりに適した就職アドバイスをしてくれるクラス担任と就職ガイダンスや個別面接指導などをしてくれる就職指導スタッフによってサポートをしてくれ、毎年高い就職決定率を誇っています。

システムクリエートコース AIシステム専攻|学費:101~200万

概要

システムクリエートコース AIシステム専攻では、AIエンジニア、システムエンジニア、プログラマ、セキュリティアドミニストレータ、セールスエンジニアを3年間で目指すコースです。
システムクリエートコース AIシステム専攻では、1年次でコンピュータやパソコン、システム開発に関する知識を基礎から学び、2年次ではAI(人工知能)の成り立ちや利用法を学び、AI関連のシステム構築に必要な応用力を身につけ、3年次ではPythonを利用して機械学習やディープラーニングと学習モデルのチューニングについてや実践に対応できるシステム構築技術について実習などを通して学習していきます。

学費詳細・費用

システムクリエートコース AIシステム専攻 総額101万6千円
入学金:15万円
授業料:55万8千円
実習料:16万2千円
施設費:13万8千円
維持費:13万8千円
校費:2万円

取得可能な資格一覧

情報処理国家試験、Python3エンジニア認定基礎、オラクルマスター、Oracle認定Javaプログラマ、SEA/J 情報セキュリティ技術認定、情報検定の資格が取得できます。

就職・内定先の実績

公式HPで公表されている就職先実績は、コースによって分けられているわけではありませんので、他学科と同等レベルの内定・就職先実績であると推測されますが、サイバーコム(株)[富士ソフトグループ]、(株)サイバーコム[エヌコムグループ]、サービス&セキュリティ(株)、(株)サンケイ情報ファシリティ、(株)シーエスレポーターズ、CTCシステムマネジメント(株)[伊藤忠テクノソリューションズグループ]、(株)ジェー・シー・エス コンピュータ・サービスなどが主な就職先として挙げられます。
新潟情報専門学校では、48年の伝統校としての信頼とOB・OGによる高い評価で毎年多くの求人が寄せられ、さらに就職に有利な資格取得をサポートしてれます。

プログラムクリエートコース|学費:101~200万

概要

プログラムクリエートコースは、システムエンジニア、プログラマ、セキュリティアドミニストレータ、カスタマエンジニア、パソコンインストラクターを2年間で目指すコースです。
プログラムクリエートコースでは、1年次でコンピュータ・パソコン、ネットワーク、セキュリティに関する知識を基礎から学び、2年次ではオブジェクト指向によるシステム設計手法とプログラミングについてやWebアプリケーションの開発技術について、情報セキュリティの考え方と技術、データベースに関する実践的な技術などを学びます。

学費詳細・費用

プログラムクリエートコース 総額101万6千円
入学金:15万円
授業料:55万8千円
実習料:16万2千円
施設費:13万8千円
維持費:13万8千円
校費:2万円

取得可能な資格一覧

情報処理国家試験、オラクルマスター、Oracle認定Javaプログラマ、SEA/J 情報セキュリティ技術認定、情報検定の資格が取得できます。

就職・内定先の実績

公式HPで公表されている就職先実績は、コースによって分けられているわけではありませんが、(株)富士通ビー・エス・シー、(株)フジテック、(株)フジミック新潟[フジテレビグループ]、(株)不二家システムセンター、(株)ベーシック、(株)北越、(株)マルゴシステム[マルゴグループ]、(株)ミロク情報サービスなどが就職先として挙げられます。
新潟情報専門学校では、スペシャリストの講師陣によって即戦力となる人材を育成、就職に有利な資格取得をサポート、OB・OGなどから多くの企業から求人が寄せられるなど、様々な就職サポートをしてくれます。

マルチメディアクリエートコース|学費:101~200万

概要

マルチメディアクリエートコースでは、マルチメディアクリエータ、CGデザイナー、Webデザイナー、雑誌・広告デザイナー、ゲームプログラマ、システムエンジニア、プログラマなどを3年間で目指すコースです。
マルチメディアクリエートコースでは、1年次でコンピュータやパソコン、CG・デザインに関する知識、デザイン系ソフトの操作方法などを学び、2年次では3DCGアニメーション制作に関する原理と技術、ゲーム開発で必要な企画書の 作成方法やマルチメディアの特徴や利用方法を身につけ、3年次ではアルゴリズムやゲーム開発といった、本格的な手法などを学んでいきます。

学費詳細・費用

マルチメディアクリエートコース 総額101万6千円
入学金:15万円
授業料:55万8千円
実習料:16万2千円
施設費:13万8千円
維持費:13万8千円
校費:2万円

取得可能な資格一覧

情報処理国家試験、アドビ認定アソシエイト(ACA)、CGクリエイター検定、CGエンジニア検定、Webデザイナー検定、画像処理エンジニア検定、マルチメディア検定の資格が取得できます。

就職・内定先の実績

公式HPで公表されている就職先実績は、コースによって分けられているわけではありませんが、電子開発学園[eDCグループ]東芝情報システム(株)、東芝テックソリューションサービス(株)、ドコモ・データコム(株)[NTTドコモグループ]、(株)ドットコム・マーケティング、トッパン・フォームズ・オペレーション(株)、(株)新潟県農協電算センター[新潟県JAグループ]、日本NCRサービス(株)日本サード・パーティ(株)が挙げられます。
新潟情報専門学校では、業界の第一線で活躍してきたスペシャリストたちから学ぶことで即戦力となる人材を育成、さらにクラス担任と就職指導のスタッフによるきめ細かい指導とアドバイスを受けることができます。

マルチメディアデザインコース|学費:101~200万

概要

マルチメディアデザインコースは、マルチメディアエンジニア、CGデザイナー、Webデザイナー、雑誌・広告デザイナー、プログラマを2年間で目指すコースです。
マルチメディアデザインコースでは、1年次でコンピュータやパソコン、CG・デザイン、ネットワークについての基本的知識や、セキュリティ対策の概要について学び、2年次で3DのCGアニメーション制作の原理・技術や、素材の使い方、情報セキュリティの技術などを身につけたり、Javaを使用したオブジェクト指向プログラミングについて学習していきます。

学費詳細・費用

マルチメディアデザインコース 総額101万6千円
入学金:15万円
授業料:55万8千円
実習料:16万2千円
施設費:13万8千円
維持費:13万8千円
校費:2万円

取得可能な資格一覧

情報処理国家試験、ドビ認定アソシエイト(ACA)、CGクリエイター検定、CGエンジニア検定、Webデザイナー検定、画像処理エンジニア検定、マルチメディア検定の資格が取得できます。

就職・内定先の実績

公式HPで公表されている就職先実績は、コースによって分けられているわけではありませんが、(株)BSNアイネット、(株)ビーオーエス、(株)日立システムズエンジニアリングサービス、(株)日立社会情報サービス、(株)日立ソリューションズ・クリエイト、(株)ビット・エイ[コメリグループ]、(株)フェス[IDグループ]、フォーザウィン(株)、富士ソフト(株)が就職先として挙げられます。
企業が求める即戦力の人材を育成してくれる講師陣、資格取得のサポート、49年の信頼と実績による多くの求人、ITのスペシャリストとして活躍するOB・OGからの情報提供など万全のサポート体制により、高い就職決定率を誇っています。

新潟情報専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

先生が画面が見やすいように教えてくれるので、分かりやすいです。 分からないところも優しく教えてくれます。
卒業年度の生徒には4月頃に企業の人が来てくださり、説明会や面接などしたりします。早い人はそこで決まります。 そこで決まらなくても、先生がたくさんサポートしてくれます。
在学中に国家資格は基本情報技術者試験、セキュリティマネジメント試験を取得済み。クラス内でも8割り以上は国家資格を持っているような状況で試験対策も1ヶ月近く行っておりサポート体制も十分だと思います。
各教室にPCが生徒分以上用意されており自前で購入する必要がありません。スペックも十分で他の専門学校より敷居は低く感じます。
新潟駅から近く、万代にも近い立地で、何をするにも便利です。昼食時にはカフェでランチも可能で友人との楽しみも増えます。

口コミ元

ネガティブな口コミ

就職内定率などは高いといっているがその先の実績についてはあまり教えていないので全然分からないまま卒業しました。実績については全然参考になりません。
パソコンの数が足りないのかない教室があります。次のオープンキャンパスがあったら別館について聞いてみるといいと思います。
オープンキャンパスで言っていたことに嘘はないですが、ただ入ってみるとWi-Fiは使えません。パソコンも台数が足りないし性能が残念です。台風や雪でほとんどの学生が来れなくても休みにはしません。
指導に関しては担当の先生によって大きく変わるかと思います。丁寧に教えてくれる方や一通り説明が終わればあとは実習を行ったりとまちまちです。ですが何のために入学したかを考えればそこは大きな問題ではないかと思います。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*