専門学校 第一自動車大学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-07-09

         

専門学校 第一自動車大学校は福岡県にある自動車・鉄道・航空 機械・電子・化学系の専門学校です。
専門学校 第一自動車大学校は学校法人に認可されています。

専門学校 第一自動車大学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
自動車・鉄道・航空・機械・電子・化学系
国際・語学系
福岡県福岡市博多区東光2丁目14-12 認可

姉妹校の情報

第一自動車大学校は学園法人都築グループが設置した専門校です。同じく設置された同グループに第一工業大学、横浜薬科大学、日本経済大学があります。

専門学校 第一自動車大学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR博多駅

専門学校 第一自動車大学校の入試情報

AO入試:オープンキャンパスに参加が条件の1つです。
コースで選考方法が変わります。
入学金5万円が免除、2級自動車整備士コースは面接と書類審査、1級自動車整備士コースは書類審査、面接、数学の筆記試験
一般入試:2級自動車整備士コースは面接と書類審査、1級自動車整備士コースは書類審査、面接、数学の筆記試験
社会人入試:2級自動車整備士コースは面接と書類審査、1級自動車整備士コースは書類審査、面接、数学の筆記試験
指定校推薦入試:入学金5万円と授業料10万円を免除、2級自動車整備士コースは書類審査、面接、1級自動車整備士コースは数学の筆記試験、面接、書類選考
推薦入試:入学金5万円を免除、1級自動車整備士コースは数学の筆記試験、面接、書類選考、2級自動車整備士コースは書類審査、面接、小論文
特待生入試:面接、書類審査、筆記試験は一般常識と数学Ⅰ
留学入試:筆記試験、面接

専門学校 第一自動車大学校のオープンキャンパス情報

第一自動車学校のオープンキャンパスでされる学校紹介では、第一自動車学校に入学した学生が目指すことになる職業、自動車整備士につてい話します。
それが終わり、校内を回る施設見学で本校の設備について説明があります。
体験学習では本物の発動機にさわったり、リフトで車を持ち上げたり、車の重要な機器を分解して組み立てして車を動かすのに必要な機器の詳しい詳細をスタッフから直に聞いて勉強できます。
AO入試を希望する方は本校のオープンキャンパスに参加することがAO入試の条件なので忘れず参加です。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

1級自動車整備士コース|学費:301~400万

概要

1級自動車整備士コースは4年制の男女共学のコースです。
自動車業界の将来担う高い技術をもちコミュニュケーションも得意でお客様ともスムーズに意思疎通ができお客様の要望を正しく理解できる若手の整備士を育成しています。
2年課程を終了後に2級自動車整備士の資格を取得後、通常3年以上実務経験ないと取得できない1級自動整備士の資格が本コースに入学するともっとも短い期間で取得できます。
1年次では実習経験積んで基礎を学習し、2年次では実習時間を増やし技術を磨いて、3年次に最新の技術を身につけ、4年次でインターンシップで接客術を習得します。

学費詳細・費用

1級自動車整備士コース 総額385万円
教育費:11万5000円
授業料:25万円
実習:13万5000円
入学金:5万円

取得可能な資格一覧

自動車整備士、二輪自動車整備士、レストア技術者などの資格が取得できます。

就職・内定先の実績

内定先の情報として日本自動車機械工具協会、日通商事、高野山スズキ、アンフィニ広島、トヨタカローラ佐賀、長崎中央農行組合があります。

2級自動車整備士コース|学費:101~200万

概要

第1自動車大学校は整備士養成機関です。
そのため2級自動車整備士コースを卒業した学生は、2級自動車整備士の受験資格を取得して実技試験が免除されます。
2年次に特別講師による試験対策をしているので、本コースの学生の資格習得率は高めです。
教師陣の指導の元、整備士としての技術だけではなく礼儀作法や知識も習得していきます。
3年以上実務を積むと第1級自動整備士の試験も受けられます。
また本コースでは進学の道も選べます。
グループ校の4年制大学の3年次に編入できます。
それとは別に1級自動車整備士コースにも編入できます。

学費詳細・費用

2級自動車整備士コース 総額195万円
教育費:11万5000円
授業料:25万円
実習:13万5000円
入学金:5万円

取得可能な資格一覧

二輪自動車整備士、自動車整備士、自動車車体整備士、レーシングエンジニアなどの資格が得られます。

就職・内定先の実績

長崎中央農行組合、日産プリンス熊本、南九州三菱ふそう、九州日産ディーゼル、ホンダカーズニッポー、沖縄トヨペットなどが本学科の内定先として挙げられています。

留学生基礎自動車整備士コース|学費:100万以下

概要

留学生基礎自動車整備士コースは留学生が語学と共に整備士の基礎と礼儀作法や日本のカルチャーを学習するコースです。
整備士として日本で働くには日本語能力を習得して資格をとらなければならないです。
それには日本語の語学学習は必要になります。
本コースでは留学生にまず読み書きを覚えさせることなからはじまります。
ある程度留学生が教科書の内容が理解できるようになったら、教科書をつかい工具の使い方や危険を回避させるために安全を保つ教育をします。

学費詳細・費用

留学生基礎自動車整備士コース 総額56万円
入学金:5万円
教育費:5万5000円
実習費:7万円
授業料:16万円

取得可能な資格一覧

本学科を卒業することで、2級自動整備士コースに進級する資格を取得できます。

就職・内定先の実績

東亜商会、日立建機西日本、中国日産ディーゼル、長崎中央農行組合、ネッツトヨタ京都が内定先のデータとしてあります。

専門学校 第一自動車大学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

自動車整備士の志望動機で多いものは、「車や機械をいじるのが好き」というものです。
さらに、子どもの頃から車を見たり乗ったりするのが好きで、好きなものを仕事にしたいという気持ちが、この仕事を目指すきっかけになったという人も多くいます。
人の役に立ちたい自動車整備士の仕事では、専門技術を使って自動車を修理できるだけでなく、その持ち主であるお客さまのことも喜ばせることができます。
また、自動車が安全に走行するために、自動車整備士は世の中に欠かせない存在です。
ただ単に自動車が好きなだけではなく、人の役に立ちたいという強い気持ちも求められる仕事といえます。
手に職をつけたい国家資格である自動車整備士になれば、一生モノの技術が身につきます。
同じ働くにしても、自分で身につけた技術を生かせる仕事をしたいという思いで、この仕事を目指す人もいます。
しかし、技術は日進月歩。次から次へと新しい技術が生まれるため、絶えず学び続ける姿勢が欠かせないです。
特に近年では電子制御の仕組みも変わってきているため、コンピューターの知識も必要になってきます。

口コミ元

ネガティブな口コミ

学費は高いです。
生活は普通です。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*