東北歯科専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2020-08-25

         

東北歯科専門学校は福島県にある看護・医療系の専門学校です。
東北歯科専門学校は学校法人に認可されています。

東北歯科専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
看護・医療系 細沼校舎:福島県郡山市細沼町12-18/片平校舎:福島県郡山市片平町字出磬森1−7 認可

姉妹校の情報

姉妹校として奥羽大学と連携することで、専門性の高い授業を実施しています。

東北歯科専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

細沼校舎:JR郡山駅 片平校舎:JR郡山富田駅

東北歯科専門学校の入試情報

高校生推薦入試:面接、書類審査
自己推薦入試:面接、作文、書類審査
一般入試:面接、筆記、書類審査
AO入試:面接、筆記(筆記は体験入学会に参加することにより免除)

東北歯科専門学校のオープンキャンパス情報

東北歯科専門学校では、オープンキャンパスと体験入学会を行っています。
オープンキャンパスは平日、土日の受付時間内であれば予約不要でいつでも気軽に訪れ、校舎の見学をすることができます。
学校生活や授業の様子、国家試験や就職についてなど気になることを何でも質問しながら個別に説明を受けることができますので、志望にあたり疑問点を解決したい方にぴったりの場でしょう。
毎年複数回実施される体験入学会では、歯科衛生士科、歯科技工士科の各科が学科説明と歯磨きチェックなどの参加型の体験実習を開催します。
各科で実際の授業がどのような場所で、どのような雰囲気の中で行われるか体験することができ、入学後の学生生活のイメージがつきやすいのが魅力的です。
体験入学会に参加した方がAO入試を受験する場合には筆記試験が免除されるという特典もありますので、AO入試を考えている方はぜひ早めに予約して参加しておくことをおすすめします。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

歯科衛生士科|学費:201~300万

概要

歯科医師の診療補助、フッ素塗布や歯石除去などの予防処置、歯磨きや食生活を指導する保健指導という3大業務を主に行うとされるのが歯科衛生士です。
歯科衛生士は、歯についての専門知識を持つのはもちろんのこと、幅広い年代の患者さんに接するためコミュニケーションスキルや心配りも求められる職業です。
東北歯科専門学校の歯科衛生士科では、提携している奥羽大学の全面協力による質の高い講義や、奥羽大学歯学部付属病院での臨床実習を多く実施し、専門性の高さと現場での経験を育めることが魅力です。
他にも、幼稚園や小学校、老人介護施設といった様々な場に出向いて歯磨き指導を行う臨地実習など、患者さんと実際に触れ合い学ぶ機会が多く設けられています。
また、専門科目以外にも体育や特別教養科目の華道、茶道の授業があり、患者さんと接する上で必要な健康や体力、どんな時にも落ち着いて対処できる心を育むのに役立っています。
これらの幅広いカリキュラムを通して、高い専門性と思いやりのあるコミュニケーション力を兼ね添えた、現場で信頼される歯科衛生士を育成しています。

学費詳細・費用

歯科衛生士科 総額286.0万円
入学金:29.0万円
授業料:135.0万円 (45.0万円/年 × 3年)
その他:29.0万円

取得可能な資格一覧

卒業によって歯科衛生士国家試験受験資格を取得できます。

就職・内定先の実績

平成30年度の就職率は100%です。
佐藤歯科医院、菜根歯科クリニック、永山歯科クリニック、はしもと歯科医院といった歯科医院だけでなく、提携先の奥羽大学歯学部附属病院や総合南東北病院、あさかホスピタル、太田熱海病院、福島西部病院、会津中央病院などの総合病院にも内定しています。
磐梯町医療保健センターなどの保健施設にも内定しています。

歯科技工士科|学費:301~400万

概要

歯科技工士は、歯科医師や歯科衛生士と協力しながら患者さんそれぞれに合う修復物・入れ歯などを作り、それらの修理や加工も行うプロフェッショナルです。
東北歯科専門学校では、近年の歯科医療の需要増加や医療技術の高度化という背景をふまえて、歯科技工の知識や技能のみならず医療従事者としての倫理観も養うことに力を入れています。
講義では奥羽大学講師陣の全面協力のもとで、現場に出たときに即戦力になれるような生徒教育を行っています。
実習授業は少人数制で行われ、専任教員によるマンツーマンの指導を実現。
ポーセレンファーネスや高周波鋳造施設、歯科用CAD/CAMシステムといったその時々の最新設備を常に導入し、積極的に先進技術に対応しています
これからも技術革新が期待される歯科医療分野ですので、学生のうちから新しい技術に触れる機会が設けられることは大きな魅力です。
カリキュラムでは、造形美術やコミュニケーション学といった医療者としての基礎から、歯科理工学、矯正歯科技工学といった専門性の高い内容まで幅広く学ぶことができます。
学生生活を通して、歯を作るスペシャリストに求められるコンマ何ミリの誤差も見逃さない目と、高い技術力、医療従事者として同僚からも患者さんからも信頼される人間力が養われます。

学費詳細・費用

歯科技工士科 総額301.0万円
入学金:54.0万円
授業料:144.0万円 (72.0万円/年 × 2年)
その他:54.0万円

取得可能な資格一覧

卒業により歯科技工士国家試験受験資格を取得できます。

就職・内定先の実績

平成30年度の就職率は100%です。
一箕歯科医院やしろくま歯科医院、提携先の奥羽大学歯学部附属病院といった県内の病院に多く内定しています。
また、和田精密歯研株式会社、有限会社田崎デンタルラボラトリー技工所、株式会社横浜デントセラミックなどの県内外の歯科技工所や歯科器材メーカーにも内定しています。

東北歯科専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

「国家試験取得率もたかく奥羽大学とも連携しているので実習内容や講義も濃いものであり、また就職率も高いところが良いです。」
「それぞれの専門分野で奥羽大学の講師が授業して下さるのでわかりやすいです。」
「国家試験対策のポイントや要点をまとめたプリントや授業がとても分かりやすかったです。」
「改装したばかりでとても綺麗で清潔感があり、勉強するのにとても適しています。」
「郡山駅から歩いて20分程で着き、また近くにバス停やコンビニ等もあるので便利です。」

口コミ元

ネガティブな口コミ

「校舎は最低限のものしかありません。」
「学費は妥当だと思います。ただ入学する時に色々なものを揃えるので結構な額はかかります。」
「友人関係は女性だけなので充実しています。恋愛に関しては男性がいないのでなかなか出会いの場がないです。」

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*