岩手医科大学医療専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

岩手医科大学医療専門学校は岩手県にある看護・医療系の専門学校です。
岩手医科大学医療専門学校は学校法人に認可されています。

岩手医科大学医療専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
看護・医療系 岩手県盛岡市上ノ橋町1-12 認可

姉妹校の情報

姉妹校はありません。

岩手医科大学医療専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR上盛岡駅

岩手医科大学医療専門学校の入試情報

推薦入試:学科試験現代文、面接
一般入試:学科試験現代文、面接
社会人入試:学科試験現代文、面接

岩手医科大学医療専門学校のオープンキャンパス情報

岩手医科大学医療専門学校では、年に複数回オープンキャンパスを開いてます。
内容は主に歯科衛生学科で学べること、必要な技術、必要な知識について中心にやっていきます。
設備や環境のチェック、学んでいく内容や取得できる資格、入学後の経費などもしっかり話していきます。
当日は在校生との懇談もできるため、入学してからではないと分からないことも色々と教えてもらえます。
申し込みは岩手医科大学医療専門学校のホームページからできます。
また、ハガキ、電話、メールからも随時受付中です。
申し込み受付は開催日の前日までだそうなので要注意ですが、当日のいきなり参加でも大丈夫です。
歯科技工学科もありますが、オープンキャンパスは行っていません。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

歯科衛生学科|学費:201~300万

概要

歯科衛生学科は、3年間の学習で歯科衛生士を目指す学科です。
この学科では北東北唯一の医歯薬学系大学の系列校としての特徴を最大限に活かした専門教育が受けられます。
授業に関しても歯学部、医学部、薬学部などの教養教育センターがサポートをしてくれるので安心です。
また、歯科ユニット20台、ファントム基礎実習台52台をはじめとする最新設備が整っているため実際に歯科医院で導入している機器に触れることができ最新の医療技術の習得が可能となります。
また、2年生からは現場での実習があり、歯科医院や大学病院などの実際の歯科医療現場で勉強ができます。
また、老人ホームや介護施設などにも行き、介護についても学ぶことができます。
その他、幼稚園などにも実習へ行き、幼児の発育、行動、食育についても学んでいきます。
いろんな現場に実習へ行くため、様々なことが学べ、実際の現場でしか学べないこと、就職後に活かせることもたくさんです。
基礎実習では、歯科衛生教員による少人数指導を実現しています。
生徒も少人数のため皆で仲良くできます。
学生交流会も夏と冬の2回あり、たくさんの仲間と交流できるのも楽しみの一つです。

学費詳細・費用

歯科衛生学科 総額250万円
入学金:25万円
授業料:50万円
実験実習費:25万円

取得可能な資格一覧

卒業によって国家試験受験資格を取得後、国家試験合格により歯科衛生士免許が取得できます。

就職・内定先の実績

主な内定先は1岩手医科大学付属病院、盛岡医療生活協同組合川久保病院などの病院勤務が挙げられます。
エストエストデンタルクリニック、くろだ歯科医院、八森歯科医院、清水町デンタルクリニックなどの東北地方の個人経営歯科医院になります。
岩手医科大学の系列校としての強みを活かし、同大学歯学部同窓会や岩手県歯科医師会の全面的な協力によって、個々の学生が希望する勤務地での就職が可能となります。
また、3年間歯科衛生士について学んだのちに、進学という選択肢もあります。
進学先は主に、岩手医科大学歯学部、東京医科歯科大学歯学部、口腔保険学科などになります。
学校内で就職サポートがしっかりしており、歯科医院の見学、面接等もサポートしてくれるので安心です。

歯科技工学科|学費:201~300万

概要

歯科技工学科では、歯科技工士について学んでいきます。
失われた口腔機能を回復するために必要な補綴物、装置の製作と修理を行うためのスペシャリストを育成していきます。
歯の形態や使用材料の加工技術はもちろんのこと、口腔内で正しく機能するものを作るため、歯科医学の知識は必須となっています。
これらのことをメインに学んでいきます。
現在岩手歯科大学医療専門学校では、歯科技工学科の生徒募集をしておらず、それ以降の入学募集もしないそうなので注意が必要です。

学費詳細・費用

歯科技工学科 総額250万円
入学金:25万円
授業料:50万円
実験実習費:25万円

取得可能な資格一覧

卒業することによって、歯科技工士国家試験の受験資格を獲得。
その後歯科技工士国家試験を受け合格した場合のみ、歯科技工士免許を取得できる。

就職・内定先の実績

就職先は主に、歯科医院や歯科技工所となります。就職後経験を積んだのちに独立にて歯科技工所を開業することも可能になります。

岩手医科大学医療専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

かなり就職先の候補があり、歯科衛生士の国家試験合格率、就職率ともに100%です。
必ず合格ができるように、先生方のサポートもしっかりしているのが特徴です。
テストで間違えたところがあれば理解するまで一緒に勉強、復習してくれるので安心です。
先生方の面倒見も大変よく、教え方もわかりやすいです。
先生1人ひとりがプロフェッショナルの意識を持ちながら学生と関わってくださるそうで、先生の歯科医療現場での知識も豊富なので安心です。
就職のサポートもしっかりしており、親身になって相談にのってくれます。
歯医者の見学や面接なども学校側で手配してくれるため安心です。
最新設備も整っているため、学ぶ環境はとても良く、実習に出たときや、就職したときに即戦力になれます。
生徒も少人数なので皆が仲良くできるので安心です。

口コミ元

ネガティブな口コミ

医療学校ということもあり、やはり学費はかなり高くなります。
しかし、特待生制度や奨学金制度もあるためそこは安心できます。また、設備も環境もしっかりしているので納得の金額だと思う方が多いです。
そんなに高額ではなく、平均的なのではないでしょうか。
立地はあまり良くなく最寄駅から徒歩16分程度はかかってします。しかし、近くにバス停はあるためバスの通学であればあまり不便ではないです。
建物がコンクリートで出来ているので、冬はとても寒いです。その分、夏はとても涼しいです。
就職先の選択肢がたくさんあるのですごく悩みます。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*